スポンサーリンク

Galaxy Z FlipはデュアルSIM(DSDS)に対応しているのか?

Android
スポンサーリンク

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。TwitterとかInstagramもよろしくやで。

ついに発表されたサムスンの折りたたみ端末第2弾、Galaxy Z Flip。

その変態的な折りたたみギミック意外にもずば抜けた性能でさまざまな機能が盛りだくさんです。

そうなるとデュアルSIMにも対応しておいてほしいというのは必然の願いでしょう。

ということでGalaxy Z FlipがデュアルSIMに対応しているのか早速みていきましょう。

‪Galaxy Z Flipを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースもお忘れではないですか?

あなたに読んでほしい‪Galaxy Z Flipの記事

Galaxy Z Flipを購入レビュー。コンパクトかつ大画面
これまでの折りたたみ端末と違い、日常使いしやすい折りたたみのGalaxy Z Flip。ということでミスター人柱の私はGalaxy Foldも購入しましたが、今回ももちろんGalaxy Z Flipを購入しましたのでさっそく比較しながらレビューしていきたいと思います。
Galaxy Z FlipはSIMフリー・au版のどのモデルを買うべきか?
ついに発表されたサムスンの折りたたみ端末第2弾、Galaxy Z Flip。Galaxy Z Flipは海外で発売されているグローバル版があり、さらに大手キャリアからは今年もauから発売されます。そうなるとどのモデルを買えばよいかわかりませんよね。ということであなたのお使いのSIMならどのモデルを買えば良いのかみていきましょう。

スポンサーリンク

Galaxy Z Flipのスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

Galaxy Z Flipのスペック表

Galaxy Z Flip
ストレージ容量(ROM) 256GB
価格 150,000円〜
CPU Snapdragon 855+
メモリ(RAM) 8GB
ディスプレイサイズ メイン 6.7インチ/サブ 1.1インチ
解像度 2,636×1,080
本体サイズ 73.6 × 87.4(オープン時167.3mm)×15.4(オープン時6.9mm)
重量 183g
メインカメラ 広角12MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)
インカメラ 10MP(F2.4)
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応、Power Share対応
防水防塵 非対応
SDカード 非対応
認証方法 顔認証、指紋認証
おサイフケータイ 非対応
イヤホンジャック 無し
バッテリー容量 3,300mAh
カラーバリエーション ミラーパープル
ミラーブラック
ミラーゴールド

Galaxy Z Flipの特徴

  • 申し分ない性能
  • 折りたたみディスプレイ
  • 開くと21.9:9の超縦長ディスプレイ
  • 折りたたむとコンパクト
  • サブディスプレイ搭載

DSDSとは?

DSDSとは「Dual SIM Dual Standby」の略です。スマートフォンに2枚のSIMカードを同時に挿入できてスタンバイ状態にできる機能の事です。音声通話とデータ通信を別々のSIMや通信会社を使い分ける事ができます。

注意点は2枚中の1枚は3Gでしかスタンバイできません。

DSDVとは?

DSDVは「Dual Sim Dual VoLTE」の略です。DSDVは2枚とも4G(VoLTE)回線でスタンバイ可能です。

DSDSよりこちらのほうがレベルが上ですね。

Galaxy Z FlipはデュアルSIM(DSDS・DSDV)に対応しているのか?

Galaxy Z Flipの海外版にはデュアルSIM、DSDVに対応しているモデルがあります。

対応している場合はしっかりDual SIMと明記されています。

しかしnano SIMとeSIMの組み合わせによるデュアルSIMとなります。

そして残念ながら国内au版は対応していません。

海外版のGalaxy Z Flipはどこで買えば良い?

海外版のおすすめの入手方法はスマホ白ロム専門店のイオシスです。

価格も安く、6ヶ月の端末保証があるのでなんといっても安心。万が一本体に問題があった場合は返金や交換対応もしてくれますので心配無用です。

まとめ

Galaxy Z Flipは海外版にはデュアルSIM、DSDVに対応しているモデルがあります。

国内版は残念ながら非対応です。

デュアルSIMで利用したい場合はイオシスなどで海外版を入手しましょう。

‪Galaxy Z Flipを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースもお忘れではないですか?

あなたに読んでほしい‪Galaxy Z Flipの記事

Galaxy Z Flipを購入レビュー。コンパクトかつ大画面
これまでの折りたたみ端末と違い、日常使いしやすい折りたたみのGalaxy Z Flip。ということでミスター人柱の私はGalaxy Foldも購入しましたが、今回ももちろんGalaxy Z Flipを購入しましたのでさっそく比較しながらレビューしていきたいと思います。
Galaxy Z FlipはSIMフリー・au版のどのモデルを買うべきか?
ついに発表されたサムスンの折りたたみ端末第2弾、Galaxy Z Flip。Galaxy Z Flipは海外で発売されているグローバル版があり、さらに大手キャリアからは今年もauから発売されます。そうなるとどのモデルを買えばよいかわかりませんよね。ということであなたのお使いのSIMならどのモデルを買えば良いのかみていきましょう。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

ワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。ソフトバンク回線なので混雑せず速いです。

QTモバイルは圧倒的に安くておトクな価格が魅力です。なんと通話回線で6GBで1ヶ月990円。実際の店舗でのサポート体制も充実しており運営会社も九州電力系なので安心です。どの格安SIMよりも安いのでオススメです。

LINEモバイルはワイモバイルとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

この記事を書いたのは
ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォン、スニーカー、ハロプロという人類の3大欲求に取り憑かれたキモヲタ。こんな見た目ですが高橋愛ちゃん世代。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

わだかつやをフォローする
Android Galaxy Galaxy Z Flip スマートフォン
スポンサーリンク
わだかつやをフォローする
スポンサーリンク
VOVM|スマホ・スニーカー・ハロプロのオタクメディア

コメント