Galaxy Z Flipを購入レビュー。コンパクトかつ大画面

これまでの折りたたみ端末と違い、日常使いしやすい折りたたみのGalaxy Z Flip。

ということでミスター人柱の私はGalaxy Foldも購入しましたが、今回ももちろんGalaxy Z Flipを購入しましたのでさっそく比較しながらレビューしていきたいと思います。

‪Galaxy Z Flipを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ACTIVATE

ついに発表されたサムスンの折りたたみ端末第2弾、Galaxy Z Flip。 Galaxy Z Flipは海外で発売され…

auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い実質負担額
au185,835円4,845円/月〜111,435円(かえトクプログラム適用時)

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースもお忘れではないですか?

Galaxy Z Flipのスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

Galaxy Z Flipのスペック表

Galaxy Z Flip
ストレージ容量(ROM)256GB
価格150,000円〜
CPUSnapdragon 855+
メモリ(RAM)8GB
ディスプレイサイズメイン 6.7インチ/サブ 1.1インチ
解像度2,636×1,080
本体サイズ73.6 × 87.4(オープン時167.3mm)×15.4(オープン時6.9mm)
重量183g
メインカメラ広角12MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)
インカメラ10MP(F2.4)
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応、Power Share対応
防水防塵非対応
SDカード非対応
認証方法顔認証、指紋認証
おサイフケータイ非対応
イヤホンジャック無し
バッテリー容量3,300mAh
カラーバリエーションミラーパープル
ミラーブラック
ミラーゴールド

Galaxy Z Flipの特徴

  • 申し分ない性能
  • 折りたたみディスプレイ
  • 開くと21.9:9の超縦長ディスプレイ
  • 折りたたむとコンパクト
  • サブディスプレイ搭載

Galaxy Z Flipの詳細なレビューはこちらです。

ACTIVATE

これまでの折りたたみ端末と違い、日常使いしやすい折りたたみのGalaxy Z Flip。 ということでミスター人柱の私は…

Galaxy Z Flipの付属品

それでは届いたGalaxy Z Flipをみていきましょう。

  • 充電器
  • USB Cケーブル
  • 簡易説明書
  • SIMピン
  • AKGのイヤホン
  • ケース

さすがGalaxy。イヤホンは今回もAKGのイヤホンが付属です。

Galaxy Foldでは完全ワイヤレスイヤホンのGalaxy Budsが付属しましたが、Galaxy Z Flipはそこまではできなかったようです。

AKGだけでも得した気分や

クリアケースも同梱

Galaxy Z Flipにはクリアケースも同梱されています。

薄めのハードタイプでテープどめするやつです。

あまり強度のあるタイプではないのでひとまずこれでしのぎつつ市販品のケースを買うのが良いでしょう。

このケースは3月末発売ですがヒンジ部までカバーされていてめっちゃ良さそうです。私は今から予約しておきます。

Galaxy Z Flipはデリケートやからな

Galaxy Z Flipのデザイン

実際のGalaxy Z Flipをみていきましょう。

開いた背面。とてもシンプルなデザインです。

折りたたみの動きがスムーズで気持ちいい

Galaxy Z Flipが届いたらまずは試したいですよね、折りたたみを。

前作Galaxy Foldの折りたたみは完全に折りたたんだ状態と開いた状態はしっかり固定されますが、途中はフリーでブラーンとしたヒンジでした。

音で表すとパタンっパタンっという感じ。

しかしGalaxy Z Flipは途中でも無段階で固定できるように改良されています。そのためヌルーっとした動きに変更されています。

これかなり気持ちいいです。

パタパタやね

めちゃくちゃコンパクトで小さい

折りたたむとかなり小さいです。ポケットに入れても邪魔になりません。

iPhone 8やRakuten miniなどのコンパクトスマホと比べてもこのサイズ感です。

女性でも持ちやすいサイズ

女性でも扱いやすいサイズとなっています。

開いてもこのとおり。

小ささは正義や

イヤホンジャックは非搭載

残念ながらイヤホンジャックは搭載していません。

関連記事

ついに発表されたサムスンの折りたたみ端末第2弾、Galaxy Z Flip。その変態的な折りたたみギミック意外にもずば抜けた性能でさまざまな機能が盛りだくさんです。そうなるとイヤホンジャックも搭載しているのか気になりますよ[…]

有線のイヤホンを使用する場合はUSB Cの変換ケーブルが必要です。

サブディスプレイに表示可能なもの

閉じた状態でも1.1インチのサブディスプレイを搭載していますので、次のようなものを表示することが可能です。

  • 時計
  • バッテリー残量
  • SMSやLINEなどのメッセージ
  • 再生中の音楽と再生メニュー
  • セルフィー撮影時のプレビュー
  • その他通知全般

サブディスプレイ自体がガラケー時代以来の懐かしさです。

タッチパネルなのでサブディスプレイだけで音楽のコントロールなども可能です。

万能

メインディスプレイは超縦長の6.7インチ

開くと6.7インチの大画面が表れます。

これが超縦長でマルチ画面やSNSのタイムラインを見るのにすごく良いです。

横にすると動画も圧巻の大画面です。

折りたたみは動画視聴と相性抜群

90度で固定できるので、このようにスタンドなしでも動画が見やすいです。

少し折りたためば横向きで立てることも可能です。

折りたたみの使い方を考えるだけでも楽しいです。

折りたたみの使い方は無限大

主要なアプリの表示を確認

実際に主要なアプリの見え方を確認してみましょう。

Chromeを表示してみる

縦に長いので一覧性が非常に高いです。少ないスクロールでいっきに見渡せるので快適です。

Galaxy Foldと比べてみましょう。

Galaxy Foldはタブレット表示だったのでまたちょっと違います。Galaxy Foldは大きく見やすい感じでしたが、Galaxy Z Flipは一気に下まで表示できるという感じです。

Twitterを表示してみる

SNSのタイムラインこそ縦長画面が活かせる場所。Twitterはかなり見やすいです。

写真などがあるとGalaxy Foldも大きく見やすいですが、Galaxy Z Flipはかなり先の投稿まで見渡せます。

Instagramを表示してみる

超縦長画面なのでInstagramも一気にたくさんの投稿を見ることができます。

Galaxy Foldのほうが写真は大きいですが、一回で見られる投稿数はGalaxy Z Flipのほうが多いです。

SNSとの相性抜群やな

Kindleも意外といける

Kindleで読書はすごく縦長になるので目線の移動が疲れないかなと思いましたが、Kindleのアプリ側で余白の設定などをうまく調整すれば意外と問題なく読めます。

マルチ画面表示が超快適

例えば上にYouTubeを表示しながら下の画面でTwitterやウェブやKindleで読書なんかも非常に快適にできてしまいます。

上下の境界線の高さも自由に調整できますし、かなり捗ります。

YouTube観ながらTwitterできるの最高やで

デュアルカメラも鮮やかで超広角も楽しい

カメラは広角と超広角のデュアルカメラとなっています。

最近のGalaxyシリーズおなじみの超賢いAIはGalaxy Z Flipでも健在。お得意の青空や食事の鮮やかさもバッチリです。

Galaxy Foldよりも望遠レンズが1つ少ないのでライブフォーカス時にボケにくいのではと思いましたが、そこはAIも賢いので心配無用でした。

このまま無加工でSNSに投稿できるぐらいのレベルに仕上げてくれます。

さすがGalaxyや

指紋認証や顔認証に対応。精度は上がっている

基本は顔認証を使用します。精度も認証速度もかなり良く、爆速で解除できます。

上部画面横には電源ボタンを兼ねる指紋認証センサーを搭載しています。

これがGalaxy Foldと比べてかなり精度が上がっており快適です。Galaxy Foldはそこそこ失敗するので、指を強めに当てたり少し滑らしたりといった工夫が必要でしたが、Galaxy Z Flipではその必要はありません。

暗所やマスク着用時など指紋認証が必要な場面でも、まったくイライラすることがなくなりました。

地味やけど嬉しい進化や

スピーカーはモノラルだが音質はなかなか良い

Galaxy Z Flipのスピーカーは残念ながら本体下部のみのモノラルスピーカーとなっています。

横向きだと右側だけ鳴ります。しかしながら音は非常に良いです。低音もしっかり出ていますし、音量を上げたりしても全然割れません。

あ、イヤホンや外部スピーカーに繋ぐともちろんステレオですよ。

Galaxy Z Flipは国内SIMやDSDSで使えるのか

SIMトレイはこんな感じです。私の購入したイギリス版はデュアルSIMモデルですが、物理SIMは1つのみ入ります。

Galaxy Z FlipはデュアルSIMモデルでも物理SIMとeSIMのみの組み合わせ

Galaxy Z Flipはグローバル版ではデュアルSIMモデルもあるのですが、今確認できているところだと物理SIM1枚とeSIMの組み合わせしかありません。

日本国内での使用だとeSIMがほぼ普及していないので、デュアルSIMをあまりうまく活用できそうにないです。

関連記事

ついに発表されたサムスンの折りたたみ端末第2弾、Galaxy Z Flip。その変態的な折りたたみギミック意外にもずば抜けた性能でさまざまな機能が盛りだくさんです。そうなるとデュアルSIMにも対応しておいてほしいというのは[…]

海外版でも国内SIMにも対応

海外版は技適に対応していませんので電波法などのご対応は各自お願いいたします。

国内通信会社のSIMも普通に使えます。主要キャリアであればSIMを入れるだけでAPNがすでにプリセットとして用意されています。

関連記事

ついに発表されたサムスンの折りたたみ端末第2弾、Galaxy Z Flip。Galaxy Z Flipは海外で発売されているグローバル版があり、さらに大手キャリアからはauから発売されます。そうなるとどのモデルを買えばよいかわ[…]

au VoLTEによる通話にも対応

海外端末の鬼門ともいえるau VoLTEですが、Galaxy Z Flipのグローバル版は普通に対応していました。

日本語対応

Galaxy Z Flipはちゃんと日本語に対応しています。

電源を入れて初期設定で日本語を選ぶだけ。

バッテリーはどれぐらい持つのか

変態折りたたみ端末なのでバッテリー持ちが気になるでしょう。

安心してください。こちらはPC mark for Androidというアプリで100%から20%までかかる時間を計測したものですがなんと10時間半近く持ちます。

ディスプレイ常時オンで動画再生や画像加工などをぶん回しでこの結果なので、バッテリーは余裕で1日持ちます。

関連記事

これまでの折りたたみ端末と違い、日常使いしやすい折りたたみのGalaxy Z Flip。コンパクトかつ変態端末なのでバッテリーの消費も激しいのではとお思いかもしれませんね。ということで実際に購入したGalaxy Z F[…]

ワイヤレス充電(Qi)やPower Shareにも対応

ワイヤレス充電にもばっちり対応しています。

逆に他の端末をワイヤレス充電できるPower Shareにも対応しています。

うまく使って無駄な配線をなくしてスッキリしましょう。

Galaxy Z Flipは格安SIMで使えるのか

しっかり格安SIMで使えます。

関連記事

これまでの折りたたみ端末と違い、日常使いしやすい折りたたみのGalaxy Z Flip。Galaxy Foldより安くなったとはいえ、本体がお高いので、少しでもお得に使いたいのであれば格安SIMでうまく運用するのがおすすめです[…]

まとめ

前作Galaxy Foldと違いかなり普段使いしやすくなったGalaxy Z Flip。

見た目は変態端末ですが、折りたたんだときのコンパクトさと開いたときの大画面による快適さは実際使ってみると非常に使いやすく、すっかり手放せない端末となってしまいます。

Galaxy Z Flipを持つとこれまでどれだけデカいスマホをポケットに入れてたんだよと思ってしまいます。

荷物を少なくしたいミニマリストなあなたにも、これまでのスマホの重たさや大きさに疲れたあなたにもおすすめの端末です。

‪Galaxy Z Flipを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ACTIVATE

ついに発表されたサムスンの折りたたみ端末第2弾、Galaxy Z Flip。 Galaxy Z Flipは海外で発売され…

auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い実質負担額
au185,835円4,845円/月〜111,435円(かえトクプログラム適用時)

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースもお忘れではないですか?

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG