Xperia Xperia 5

Xperia 5を購入レビュー。小さいけど大画面

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。もちろん無料や。

ついに発売された再起をかけるソニーの最新モデルXperia 5。

前作Xperia 1は21:9の超縦長ディスプレイを搭載して話題になりましたが、画面サイズが大きすぎるため、だれかれにでもおすすめできるモデルではありませんでした。

しかし今回のXperia 5は超縦長ディスプレイはそのままに、本体サイズがギュッとコンパクトになり、老若男女問わず使いやすいサイズになりました。

ということでミスター人柱の私はもちろん購入しましたのでさっそくレビューしていきたいと思います。

Xperia 5を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

Xperia 5の特徴

  • 21:9の超縦長ディスプレイ
  • 画面サイズは6.1インチに
  • Xperia 1より小さくなり扱いやすいサイズに
  • トリプルレンズ搭載
  • 瞳AF搭載

ざっくりいうとXperia 1のハイスペックな性能はそのまま維持しつつ小さくなり片手でも扱えるサイズになったのがXperia 5です。

Xperia 5のスペック

Xperia 5
ストレージ容量 64/128GB
価格 約94,000円
CPU Snapdragon 855
メモリ(RAM) 6GB
ディスプレイサイズ 6.1インチ
解像度 2,520 × 1,080
本体サイズ 158 × 68 × 8.2mm
重量 164g
背面カメラ 標準12MP(F1.6)+超広角12MP(F2.4) +望遠12MP(F2.4)(トリプルカメラ)
インカメラ 8MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 IP68
SDカード 対応
認証方法 指紋認証
おサイフケータイ 国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック 非搭載
バッテリー容量 3,140mAh
カラーバリエーション ブラック
グレー
ブルー
レッド

がんばった!がんばったよXperia 5。ほぼ妥協なしのスペックです。

Xperia 5の付属品

  • イヤホン
  • 充電器
  • USB Cケーブル
  • 簡易説明書

オーソドックスなセットです。

Xperia 5のデザイン

それでは実際のXperia 5のデザインをみていきましょう。

レッドは落ち着いていて美しい

レッドいいですよレッド。

サイドのメタル部分もしっかりレッドで統一されていてすごくカッコイイです。

背面はいやらしいテカテカ感がなく、落ち着いた上品さがあって好感が持てます。

存在感のあるトリプルカメラ

トリプルカメラは存在感抜群です。望遠、広角、超広角レンズを搭載しています。こいつがいい仕事するんです。

指紋認証はサイドに配置

指紋認証センサーはサイドの音量ボタンと電源ボタンの間に配置されいてます。

この場所は違和感もなく良いポジションです。

精度はそこそこですね。5回に1回は失敗するかなという感じです。

顔認証にも対応

AndroidのOS標準機能であるSmart Lockから顔認証を設定できます。

Smart Lockで顔認証が選べます。
指紋認証よりはるかにらくちんです。

指紋認証より顔認証を使うほうがらくちんです。

SIMトレイはSIMピンがなくても取り出せるタイプ

SIMトレイの形状はSIMピンがなくても取り出せるタイプです。これ何気に便利なんですよね。

中はmicroSDと共用になっています。

イヤホンジャックは無いがスピーカーはこだわりが感じられる形状

イヤホンジャックは今回も搭載していません。

適当に穴開けとけばいいでしょ的な機種が多いですが、メッシュ仕様になっておりこだわりが感じられます。このスピーカーがまたいい仕事するんですよ。

初めから日本語対応

Xperia 5は海外版でも初めからちゃんと日本語に対応しています。

初期設定で日本語を選ぶだけ。
一瞬で日本語に切り替わります。

初期設定で日本語を選ぶだけ。

主要なアプリの表示を確認

Twitter

Xperia 5の超縦長画面はTwitterとの相性抜群。Twitterのタイムラインを見るために作られたのではないかというレベルです。

Instagram

Instagramもタイムラインがすごくみやすいです。一度にたくさんの写真を眺めることができます。

Chrome

一覧性が高いので文字量が多くてもかなりみやすいです。

21:9マルチウインドウで上下別のアプリを分割表示可能

Xperia 5の超縦長ディスプレイを最大限に活かせるのがマルチウインドウです。

上にYouTubeを表示しながら下画面でTwitterを眺めるというのも余裕で可能です。これはほんとに捗ります。

ワイヤレス充電(Qi)には非対応

ワイヤレス充電には残念ながら対応していません。その分本体が薄くて軽いので我慢しましょう。

Xperia 5は国内SIMで使えるのか

技適については各自ご確認ください。

やはりここは日本メーカー。主要キャリアのアクセスポイントがプリセットされているのでSIMを挿すだけで通信できてしまいます。

ワイモバイルのAPN。
ワイモバイルの電波をつかみはじめました。

各通信会社との相性はこちらに記事にしています。

Xperia 5はSIMフリー・docomo・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?

Xperia 5の電池持ち

Xperia 5のバッテリーは非常に優秀。

16時間使って残量71%。

朝から16時間使ってもなんと71%も残っています。これだけ持てば十分でしょ?

Xperia 5のカメラ

Xperia 5のカメラは他の機種と違い過度に強調しすぎない自然な色合いで再現してくれます。

Xperia 5で青空をメインに撮影。

青空もこの通り自然な仕上がりです。

ボケ感も悪くない。

トリプルカメラのおかげでボケ加減もバッチリ。

室内で通常の画角で撮影。
室内で超広角で撮影。

超広角搭載で狭い部屋でも広々撮影。

食事も自然な鮮やかさ。

食事も適度な鮮やかさで美味さが伝わります。

まとめ

Xperia 5は圧倒的な性能はそのままに日本人にも扱いやすくコンパクトになったモデルです。

これまでXperiaのcompactシリーズではちょっと画面が小さいとお悩みだったあなたも、扱いやすさはそのままで画面が大きくなるという夢のモデルに仕上がっています。

満員電車や外で使うときも片手で楽々持てるので安心です。

本体は小さいほうがいいけど画面は大きいほうがという欲張りなあなたの理想を叶えるのがXperia 5です。

Xperia 5を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。
詳しいプロフィールはこちら

Add Comment

Click here to post a comment