Xperia Xperia 1/10/10 Plus

Xperia 1を購入レビュー。超縦長画面で俺たちのソニーが帰ってきた

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。もちろん無料や。

ひさびさにソニーからわくわくできるXperiaがリリースされました。

そうその名はXperia 1です。

みどころはなんといっても21:9という超縦長の画面。

Xperia 1という名前からもソニーの本気度がうかがえます。

画面の前でXperia 1を買おうか迷っているあなた。

Xperia 1はめっちゃいいですよ!

ということでXperia 1が到着しましたので、早速レビューしていきましょう!

Xperia 1を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ドコモ、ソフトバンクではすでに販売終了となっています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

Xperia 1を徹底レビュー

それではXperia 1の使用感をレビューしていきましょう。

Xperia 1のスペック

Xperia 1の詳しいスペックはこちらに記事にしています。

Xperia 1のスペック、日本発売日は?まとめてみた!

Xperia 1のウリはとにかく21:9という超縦長の画面につきます。

Xperia 1の付属品

Xperia 1の付属品はこんな感じです。

いつもの

  • 充電器
  • USB Cケーブル
  • イヤホン

です。

ファーウェイ製品のようにクリアケースはついていないのであしからず。

Xperia 1のデザイン

トリプルレンズカメラにひさびさに復活のパープルとデザインでもワクワク要素が満載です。

カメラが3つならんでるぜ

まずはこの縦にならんだトリプルレンズカメラ。

色はついにパープルカラーが帰ってきた

そしておひさしぶりのパープル。

やっぱりXperiaといったらパープルでしょ。わしらのXperiaが帰ってきたんや。

背面はようやくフラットに戻った

もうランチパックとは言わせねえよ。

フラットな背面。

うん、今回のXperiaいい。

画面サイズは6.5インチだが魅力は21:9の超縦長画面

Xperia 1の画面サイズは6.5インチです。

画面サイズだけ見るとiPhone XS Maxと同じですが、その魅力は21:9という変態的な超縦長画面!

Xperia 1でChromeを見てみる

このようにChromeでWebサイトを見ると超縦長なので、かなり下のほうまで表示されるのでめっちゃ見やすいです。

iPhone XSと並べてみると一目瞭然。

Xperia 1でTwitterを見てみる

Twitterのような上から下に流れるようなアプリとは相性抜群。

タイムラインを一気に見わたせます。

こちらもiPhone XSと並べてみると一目瞭然。

YouTubeを観てみる

YouTubeは、、、スペースがあまりまくっていますね。

フルサイズ表示もできますが、かなり上下がカットされてしまいます。

21:9マルチウインドウで超縦長の本領発揮

しかし、これだけで終わらないのがXperia 1。

上にYouTubeを表示しながらでも、こんなに広々とネットを見ることができます。

超縦長の画面はマルチウインドウで本領発揮です。

スピーカーはさすがソニーといったところ

スピーカーは本体下と本体上から音が出ます。

最近主流の受話口とスピーカーが一体になっているタイプです。

音量も大きくしっかりステレオスピーカーでガンガン鳴らせます。

Dolby Atmosもサポートしていますし、このあたりはさすがソニーといった感じです。

イヤホンジャックがないのは残念

イヤホンジャックがないのはもはや時代の流れですかね。

残念ですが受けとめるしかなさそうです。

ワイヤレス充電(Qi)非対応なのも残念

Xperia 1はワイヤレス充電に非対応です。

そのぶんランチパックじゃなくなったことに感謝しましょう。

指紋認証は本体側面に。顔認証は非対応

指紋認証のセンサーの位置は本体側面になりました。

右手の親指で軽く触れて解除する感じです。

失敗もほとんどないですし、この位置いいですよ。

顔認証が欲しかったのが本音ですけど。

Antutuベンチマークからもスペックは問題なし

Antutuベンチマークの結果です。

  • CPU:105,851
  • GPU:156,318

最近の端末との比較では7位とかなり上位です。

スペックは全然問題ないです。

サイドセンスが使いやすくなっている

側面のエッジにいろいろな機能があるサイドセンスですが、これがかなり使いやすくなっています。

ダブルタップでサイドセンス起動

エッジをダブルタップするとサイドセンスが起動します。

さまざまなアプリやショートカットをえらべます。

エッジを下にスライドすると戻る

エッジを下にスライドすると戻るボタンのかわりになります。

何気にこれが一番便利です。

Xperia XZ3のときよりも感度があがって使いやすくなっている感じがします。

上にスライドで21:9マルチウインドウ

上にスライドすると21:9マルチウインドウが起動します。

この操作もかなりスムーズ。

サイドセンスとの合わせ技でマルチウインドウかなり使えそうです。

ドコモ・au・ソフトバンクでの発売日は6月中旬。予約受付中

国内での発売はドコモ・au・ソフトバンクとも6月中旬です。

既に予約受付中なので手に入れたい場合は今から予約しておきましょう。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

Xperia 1を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ドコモ、ソフトバンクではすでに販売終了となっています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

まとめ

Xperia 1はひさびさにソニーの本気がうかがえる、俺たちのXperia。

超縦長という思いきった画面を搭載し尖ったソニーが帰ってきた製品です。

スペックももちろん申しぶんなくどんな作業もこなせます。

超縦長画面は使ってみるとかなりの可能性を感じます。

ぜひこの画面を使いこなしましょう!

あなたに読んでほしいXperia 1の記事

Xperia 1を購入レビュー。超縦長画面で俺たちのソニーが帰ってきた

Xperia 1はSIMフリー、docomo、au、ソフトバンク版、どれを買うべきか?

Galaxy S10とXperia 1を比較。どっちを買うべき?

Xperia 1の購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Xperia 1をイオシスで購入する。: 89,800円〜

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップでXperia 1を購入する。
ソフトバンクオンラインショップでXperia 1を購入する。
auオンラインショップでXperia 1を購入する。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で購入するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトクです。

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。ソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comでXperia 1に乗り換える。

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。
詳しいプロフィールはこちら

2 Comments

Click here to post a comment