Xperia スマートフォン

Xperia XZsあなたはどのモデル(国内、海外版)を買うべきか?

さて、日本でも発売から約2ヶ月が経ったSONY Xperia XZsですが相変わらずよく売れているようですね。

日本ではdocomo、au、SoftBankと国内キャリア3つ全てから発売されています。3キャリアとも発売というのは最近では珍しいですね。

さらにグローバル版も手に入れることが可能ですのでそうなると選択肢はかなり多いです。

今はSIMロック解除してあれば格安SIM(MVNO)を含め他社のSIMでも使用することができます。

しかしなんでもかんでも使えるというわけではありません。

docomoやauやSoftBankや海外版とどの端末かによって使える周波数が異なります。

そこで今回は今お使いの通信会社と端末の組み合わせでどこから発売されているXperia XZsを買えば良いのかを検証します。

 

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

各モデルの対応周波数

まずは各社およびグローバルで販売されているモデルの対応周波数を見ていきましょう。

 

各モデルのLTE対応周波数

  docomo au SoftBank グローバル版(G8231、G8232)  
バンド1(2.0GHz) docomoのメインバンド、auの山間部や田舎、SoftBankのメインバンド
バンド2(1.9GHz)      
バンド3(1.7GHz) docomoの東名阪、SoftBankが使用、ワイモバイルのメインバンド
バンド4(AWS)    
バンド5(850MHz)    
バンド7(2.6GHz)      
バンド8(900MHz)   SoftBankのプラチナバンド
バンド11(1.5GHz)     auが使用、SoftBankが使用
バンド12(700MHz)    
バンド13(700MHz)      
バンド17(700MHz)    
バンド18(800MHz)     auのメインバンド
バンド19(800MHz) docomoのプラチナバンド
バンド20(800MHz)        
バンド21(1.5GHz)   docomoの北海道、東北、四国、北陸
バンド26(800MHz)    
バンド28(700MHz) docomoのプラチナバンド、auのプラチナバンド、SoftBankのプラチナバンド
バンド29(700MHz)        
バンド32(1.5GHz)        
バンド38(2.6GHz)    
バンド39(1.9GHz)    
バンド40(2.3GHz)    
バンド41(2.5GHz)   auのWiMAX2+、SoftBankのAXGP
バンド42(3.5GHz)    

 

docomo、SoftBankのメインバンドであるバンド1には全て対応しています。

しかしauのメインバンドであるバンド18にほとんどのモデルが対応していないですね。

各モデルと通信会社との相性はこのあと表にまとめています。

 

各モデルの3G(W-CDMA)対応周波数

最近ではあまり必要ないかもしれませんが一応3Gのほうも載せておきますね。

 

  docomo au SoftBank グローバル版(G8231、G8232)  
バンド1(2GHz) docomo(FOMA)のメイン、SoftBankのメイン
バンド2(1.9GHz)      
バンド4(1.7GHz)      
バンド5(850MHz)    
バンド8(900MHz)      
バンド6(800MHz) FOMA(プラスエリア)
バンド19(800MHz) FOMA(新800M)

 

docomoとSoftBankのメイン周波数であるバンド1に全て対応しています。

auはCDMA2000という特殊な方式の為対応していません。CDMA2000についてはもはやau版ですら対応していないという状態です。

そしてなんとグローバル版がFOMAプラスエリアに対応していますね。

ちなみにGSMはもう書かなくていいですよね?

 

各モデルと通信会社の周波数の相性表

それぞれのモデルと各通信会社の周波数との相性を表にしています。

 

各モデルと各通信会社(SIM)のLTE周波数の相性表

  SIM
端末 docomo系(一般的な格安SIM含む) au系(mineoのAプランなど含む) SoftBank系
docomo
au
SoftBank
グローバル版(G8231、G8232)

 

docomo版Xperia XZs

  • docomo系のSIMではもちろん問題なく使えます。
  • au系のSIMではメインバンドをカバーしていないためauではほぼ使えません。
  • SoftBank系のSIMではメインバンドに対応している為使えます。ただしプラチナバンドに対応していないため山間部や田舎では未対応のエリアもあります。

 

au版Xperia XZs

  • docomo系のSIMではメインバンドに対応している為使えます。ただしプラチナバンドに対応していないため山間部や田舎では未対応のエリアもあります。
  • au系のSIMではもちろん問題なく使えます。
  • SoftBank系のSIMではメインバンドに対応している為使えます。ただしプラチナバンドに対応していないため山間部や田舎では未対応のエリアもあります。

 

SoftBank版Xperia XZs

  • docomo系のSIMではメインバンドに対応している為使えます。ただしプラチナバンドに対応していないため山間部や田舎では未対応のエリアもあります。
  • au系のSIMではメインバンドをカバーしていないためauではほぼ使えません。
  • SoftBank系のSIMではメインバンドに対応している為使えます。ただしプラチナバンドに対応していないため山間部や田舎では未対応のエリアもあります。

 

グローバル版Xperia XZs(G8231、G8232)

一応書いておきますがG8231、G8232は技適マークがありませんので周波数上使えるかどうかの確認ということで勘弁しておいてください。

  • docomo系のSIMでは問題なく使えます。プラチナバンドにも対応しています。
  • au系のSIMではメインバンドをカバーしていないためauではほぼ使えません。
  • SoftBank系のSIMでは問題なく使えます。プラチナバンドにも対応しています。
  • グローバル版ではワンセグ/フルセグやおサイフケータイなどに未対応です。

 

まとめ

おサイフケータイやテレビなどが不要ならグローバル版が最強。

そういった国内仕様が必要ならdocomo版買っとけ!

ソース:docomoauSoftBankEXPANSYS

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

Add Comment

Click here to post a comment