Xperia Xperia XZ3

Xperia XZ3とはどんな機種?

スマホ

IPhone や Galaxy の陰に隠れているXperiaですが、2018年に発売されたXperiaXZ3は完成度が高く、非常にクオリティの高いスマホです。高いカメラ性能、ハイクオリティの音質、 PS 4リモートプレイを始めとしたソニー製品との連携、まさにこれぞ「SONY」といった感じです。

今回はXperiaXZ3のスペックの素晴らしさについて語っていきたいと思います。素晴らしい点は多いですが、同時に注意点もあります。雑に扱うのではなく、大事にしていきたいですね。

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

Xperia XZ3の性能はここでチェック!スペック一覧表


XperiaXZ3は有機ELディスプレイ搭載。画質がすごい!

今回初めてXperiaでは有機 EL ディスプレイを採用しました。有機 EL ディスプレイは液晶ディスプレイと比べて自然な色合いを出せると評判のディスプレイです。実際に使用してみましたが、画面の綺麗さは流石といったところです。

↓XperiaXZ3の有機 EL ディスプレイ、レビュー記事はこちらです。↓

Xperia XZ3はスピーカーがすごい!性能はもちろん、本体も震える大音量!

Xperia XZ 3は前作と比べて音量が20%アップしています。スピーカーも本体下部と上部に設置されており、デュアルスピーカーの大迫力音源を実現しています。

Xperia XZ 3では「ダイナミックバイブレーション」という機能が搭載されています。なんと音量を認識して、それに合わせて本体が振動するという仕組みです。YouTube でミュージシャンのライブ動画を見るときは重宝しそうな機能ですね。

↓Xperia XZ3のスピーカーについてはこちらでレビューをしています。↓

Xperia XZ 3はカメラがすごい。多様なカメラモードや優秀なオートモードを搭載しているぞ!

Xperia XZ 3はシングルカメラですが、カメラモードやエフェクトが多数存在し、デュアルカメラ以上を搭載している他のハイエンドスマホにも引けを取っていません。複雑な操作が苦手な人でも「プレミアムおまかせオート」という機能を使えば、何も考えずにシャッターを切るだけで美しい写真が撮れます。

↓XperiaXZ3のカメラ性能を詳しくレビューした記事はこちら。↓

Xperia XZ3の防水防塵性能は?

Xperia XZ3の防水防塵性能はIP68です。これは現行のハイエンドスマートフォンでは全て搭載している機能なので、あって当たり前となっています。当たり前の機能ですが、お風呂に沈めても問題ないレベルの防水性能はありがたいですね。

注意点として「水濡れ故障に対して保証しているわけではない」という点です。というのも、経年劣化によって防水防塵性能は劣化します。また、お風呂で使用すると内部結露の原因になります。もちろん、海水は絶対 NG です。防水防塵性能を過信しすぎないようにしましょう。

↓XperiaXZ3の防水防塵性能について、詳しくはこちらを参照!↓

Xperia XZ3のイヤホンどこ?イヤホンジャックは対応してる?

結論から言うと、XperiaXZ3でイヤホンジャックは使用できません。イヤホンやヘッドホンを使いたい場合は変換ケーブルかワイヤレスイヤホンを使用しましょう。

イヤホンジャックはXperiaXZ2から廃止されております。決めた当初はSONY内部でもかなりモメたそうですね。しかし、世の中の潮流としてワイヤレスイヤホンのトレンドが出来てきている事を考慮して、イヤホンジャック廃止を決定したそうです。

参考サイト:PHILE WEB様

どうしても有線イヤホンを使いたい人は、こちらの変換アダプターの使用をおすすめします。


ワイヤレスイヤホンに挑戦したい方はこちらがおすすめ!リーズナブルでワイヤレスイヤホン初心者には手が出しやすいです。



Xperia XZ3はQi充電できる?ワイヤレス充電とは?

XperiaXZ3 はワイヤレス充電(Qi充電)に対応しています。最近のハイエンドスマートフォンはワイヤレス充電が主流なので、これはあって当然の機能ですね。

注意点として、バンカーリングや金属製のスマホケースを装着していると、ワイヤレス充電はうまくできません。アクセサリーをつける時はプラスチック製のモノを使いましょう。

XperiaXZ3の充電方法・おすすめ充電機器についてはこちらをチェック!

Xperia XZ3のおすすめアプリは?

何と言っても「PS4リモートプレイ」ではないでしょうか。これは Xperia ユーザーにのみ許された特権であり、アイデンティティーでもあります。PS4で遊んでいる人も、これを機にPS4の購入を考えている人も、是非インストールしてみてください。

注意点としては、あくまで「リモートプレイ」なので、PS4本体を持っていない人は遊ぶことができません。これを機にPS4をはじめとしたソニー製品を買ってみませんか?

Xperia XZ3は買うべきか?

XperiaXZ3は「SONY製品が好きな人は買い」「サブスマホを考えている人は買い」です。Xperiaは他のスマホで代替できないPS4リモートプレイや高品質の音質にも対応しています。サブ機として優秀ですよ!

サブ機であれば、出来ればお値段も抑えたいですよね。そんなあなたは白ロム取り扱いサイトでXperiaXZ3を購入しましょう。白ロムと言うと中古スマホのイメージが強いですが、新個品(新品の未開封品)も多く流通しています。もちろん新品よりも安いですよ!

大手の白ロム取り扱いサイトであれば保証もバッチリ!不良品に当たってしまった時の保証もしっかりしています。下記でおすすめの白ロム取り扱いサイトを紹介しますね。

Xperia XZ3のケースや保護フィルムでおすすめは?

XperiaXZ3に限らずですが、最新のハイエンドスマホにはケースや保護フィルムで保護することは必須です。決して安くない出費なので、少しでも故障するリスクは抑えておきましょう。過去におすすめケースやフィルムについてリサーチした記事もあるのでそちらをご覧ください。

あなたに読んでほしいXperiaの記事

Xperia XZ3を購入レビュー。正統進化したいつものXperia

Xperia XZ3のスペックや特徴を見てみよう!他のハイエンドスマホとの違いは?

Xperia XZ3はSIMフリー・docomo・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?

Xperia XZ3の購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Xperia XZ3をイオシスで購入する。:45,800円〜

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップでXperia XZ3を購入する。
ソフトバンクオンラインショップでXperia XZ3を購入する。
auオンラインショップでXperia XZ3を購入する。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で購入するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトクです。

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。ソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comでXperia XZ3に乗り換える。

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

ケースもお忘れなく。


おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ひろ.K

ひろ.K

ITや家電に強く「スマホオタクが考える快適なスマホライフ」をモットーに執筆。自身の経験を元にした就職・転職関係の記事やキュレーション全般も書けるオールマイティー。まとめるだけでなく私見もしっかり述べます。

Add Comment

Click here to post a comment