Pixel Pixel 4/Pixel 4 XL

Pixel 4を購入レビュー。薄くて軽くて高性能

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。もちろん無料や。

ついにGoogleから発売されたPixel 4。

前作から暗所に強いカメラと小型で薄型というメリットはそのままにさらに進化してきました。

ということでミスター人柱の私はもちろん購入しましたのでさっそくレビューしていきたいと思います。

Pixel 4を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

ソフトバンクで販売されいていましたが、既に販売終了となっています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
Google
¥120,000 (2020/07/05 00:38:53時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

Pixel 4のスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

Pixel 4のスペック

Pixel 4 Pixel 4 XL
ストレージ容量(ROM) 64GB/128GB 64GB/128GB
価格 89,800円〜 116,600円〜
CPU Snapdragon 855 Snapdragon 855
メモリ(RAM) 6GB 6GB
ディスプレイサイズ 5.7インチ 6.3インチ
解像度 1080×2280 1440×3040
本体サイズ 147.1×68.8×8.2mm 160.1×75.1×8.2mm
重量 162g 193g
メインカメラ 12.2MP(標準)+16MP(望遠)(デュアルカメラ) 12.2MP(標準)+16MP(望遠)(デュアルカメラ)
インカメラ 8MP 8MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応 ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵 IP68 IP68
SDカード 非対応 非対応
認証方法 顔認証 顔認証
おサイフケータイ 対応 対応
イヤホンジャック 非搭載 非搭載
バッテリー容量 2,800mAh 3,700mAh
カラーバリエーション ホワイト ホワイト
オレンジ オレンジ
ブラック ブラック

ついにPixelでもデュアルレンズカメラ搭載です。

コンパクトなサイズにハイスペックを詰め込んだのがPixel 4です。

Pixel 4の特徴

Pixel 4の特徴は次の3つです。

  • GoogleのAIを使った暗所に強く天の川も撮れるカメラ
  • カメラがデュアルカメラになりズーム性能がアップしポートレートもさらに綺麗に
  • Motion Senseというレーダーセンサー搭載で触らなくても操作可能に
  • Google純正なのでいち早くアップデートされる

Pixel 4のレビューはこちらに詳細に記事にしています。

Pixel 4を購入レビュー。薄くて軽くて高性能

前作から売りだったカメラがさらに進化してきました。

Pixel 4の付属品

  • 充電器
  • USB Cケーブル
  • 簡易説明書

オーソドックスなセットです。

Pixel 4のデザイン

それでは実際のPixel 4のデザインをみていきましょう。

マットなホワイトが美しい

ホワイトめっちゃいいです。マットな仕上げになっておりテカテカ主張しすぎない感じが良いです。

Pixelといえばワンポイントのカラーが入った電源ボタンですよね。Pixel 4もホワイトはオレンジの電源ボタンとなっています。

サイドの質感もマットですごく手になじみます。

コンパクトで軽いので持ちやすい

とにかくコンパクトで軽いので、サイドの質感も合わせてめちゃくちゃ持ちやすいです。

ついにPixelもデュアルカメラに

かたくなにレンズを増やさなかったPixelですが、ついにデュアルカメラとなりました。

Googleの超賢いソフトとの組み合わせで望遠がすごいことになっています。

指紋認証はなくなったが顔認証が爆速

Pixel 4は指紋認証センサーがなくなりました。

しかし爆速の顔認証を搭載しているので何の問題もありません。

精度もかなり良いです。他のメーカーのどのモデルと比べても1番早いと思います。

イヤホンジャックは非搭載。スピーカーの音質は普通

イヤホンジャックは非搭載です。

Pixel 4にイヤホンジャックはある?

スピーカーの音質はずば抜けて良いわけではありませんが、もちろん悪いわけでもありません。

音質が売りではないのでそこまで期待しすぎないでという感じです。

初めから日本語対応

Pixel 4は海外版でもちゃんと日本語に対応しています。

初期設定で日本語を選ぶだけ。

Pixel 4の日本語化の方法

Pixel 4のカメラ

Pixel 4のカメラは夜景や暗いところでの撮影がめちゃくちゃ得意です。ズームも最大まで寄ってもかなり綺麗に撮影できます。

Pixel 4で青空を撮影。

Pixel 4の青空は自然な感じを残しつつ、青をしっかり押し上げてくれる素晴らしい補正となっています。

Pixel 4で8倍ズーム。

Pixel 4は最大8倍ズームなんですが、ここはデュアルレンズと賢いソフト処理の組み合わせでズームしてもかなり綺麗に撮影できます。

ノンティーもこの通りばっちりです。

Pixel 4の食事モードで撮影。

食事は期待したほどではないです。普通に見た通り再現してくれる感じです。

Pixel 4で暗所での撮影。

Pixel 4の売りは暗所での撮影。暗いところでもこの通り明るく綺麗に撮影することができます。

Pixel 4で夜景モードで撮影。

実際かなり暗かったんですが、Pixel 4だとこの通りかなり明るく写してくれます。すごい。

主要なアプリの表示を確認

さまざまなアプリが実際にどのように表示されるのか見ていきましょう。

Twitter

Pixel 4でTwitterを表示した画面。

コンパクトですが情報量はしっかりしているのでTwitterの表示もいい感じです。

Instagram

Pixel 4でInstagramを表示したところ。

Pixel 4でInstagramを表示したところ。こちらは一覧表示。

Instagramも大きな写真でしっかり表示されます。一覧もばっちりたくさんの写真を表示できます。

Chrome

Pixel 4でChromeを表示したところ。

文字量が多くてもばっちり見やすいです。

ワイヤレス充電(Qi)にも対応

ワイヤレス充電にももちろん対応しています。ムダなケーブルをなくしてすっきりしましょう。

Pixel 4は格安SIMで使えるのか

ここはさすが世界のGoogleです。もちろん格安SIMで使えます。

詳しくはこちらに記事にしています。

Pixel 4は格安SIMで使えるのか?

各通信会社との詳しい相性はこちらに記事にしています。

Pixel 4はSIMフリー・ソフトバンク版どちらのモデルを買うべきか?

Pixel 4の電池持ち

使用13時間で残量49%。

Pixel 4は前作からバッテリー持ちが大幅に改善されました。

朝9時から使い始めて夜22時まで13時間使いたおして49%も残ります。これだけ持てば十分ですね。

Pixel 4のバッテリーの電池持ちをチェック。

まとめ

Pixel 4はコンパクトで軽いボディに圧倒的な性能と夜景に強いカメラが素晴らしいモデルです。

薄くて軽いのでポケットにいれて持ち運んでも重たくないですし、手の収まりも良いので電車や外で使うときも安心です。

気軽に使える超高性能モデルを求めているなら断然Pixel 4がおすすめです。

Pixel 4を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

ソフトバンクで販売されいていましたが、既に販売終了となっています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
Google
¥120,000 (2020/07/05 00:38:53時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。
詳しいプロフィールはこちら

Add Comment

Click here to post a comment