スポンサーリンク

Mate 20 Xの中古白ロムは入手困難?日本での発売は?

HUAWEIAndroid
スポンサーリンク

米中の貿易摩擦のおかげでイマイチなイメージのHuawei製品ですが、実はスペックだけ見るとiPhoneやPixelを圧倒しています。この記事を読んでいるあなたはMate20Xについてある程度ご存知かと思いますが、復習も兼ねてMate20ProとMate20Xの違いを確認しましょう。

Mate20ProとMate20Xの違いは「ディスプレイサイズ」「バッテリー容量」「ワイヤレス充電対応の有無」「イヤホンジャック搭載の有無」「防水防塵性能」「ロック解除方法」です。

それぞれ簡単に説明すると、ディスプレイとバッテリー容量はMate20Xが大きく、ワイヤレス充電にはMate20Proのみ対応、イヤホンジャックはMate20Xが搭載、防水防塵性能はMate20Proの勝ちだけど経年劣化でダメになるよって事、ロック解除方法はどちらも指紋認証+顔認証だけどMate20Proの方が3D顔認証+ディスプレイ上で指紋認証と凄いよって事です。

詳しく知りたい人は、このスペック表をチェックするか、この記事最後のおすすめ関連記事をチェックしてください。

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

スポンサーリンク

Mate20Xの白ロムとは?

そもそも「白ロム」という単語の意味、あなたは分かりますか?筆者はこの前まで知りませんでした。名前は知っていたのですが、詳しい定義って意外と知らないですよね。

白ロムとは「SIMカードの入っていないスマホ」という意味です。SIMカードが入っていないとスマホは無線通信できないので、白ロムスマホ単体では通信が出来ません(Wi-FiやBluetoothを除く)。

Mate20Xの白ロムと言えば、中古品として売られているMate20Xの本体を指します。普通に中古スマホって言い換えると分かりやすいです。

白ロムとSIMフリーの違いとは?

「SIMフリーと白ロムの違いって何?」と疑問に思ったあなたは鋭いですね。SIMフリースマホは白ロムというカテゴリーの中の種類の一つです。SIMフリースマホは通信事業者(ドコモ、au、ソフトバンク)のどの回線でも使用可能です。一方、白ロムの中にはドコモのみ、ソフトバンクのみ対応というスマホもあります。これがSIMロックされているスマホです。

言い換えるとSIMロック解除したならキャリアスマホでもSIMフリースマホになれます。「今は大手キャリアで契約してるけど、MNP転出したい」と考えているあなたは今のうちにSIMロック解除をキャリアショップで申請しましょう。同じ格安SIMでも使用回線を変更するだけで料金や割引に差がついたりします。

白ロムと赤ロムの違いは?注意すべき?

赤ロムとは、「分割支払金が未払いで通信制限を受けている中古スマホ」のことを指します。中古スマホを売る際に、分割支払金を踏み倒して売ると利幅が大きいのでこうした悪徳行為をする人もいます。あなたはやらないようにしましょう。

大手中古スマホ取扱店であれば赤ロムに当たった際の保証がしっかりしているので、参考にしてみましょう。

今回のMate20Xの場合、購入するとなると通販での輸入になります。赤ロムに当たる心配はまず無いです。(赤ロムはキャリアで販売されているスマホに多いです。)

Mate20Xの購入方法!通販で輸入だ!

Mate20Xは国内販売されていません、また今後キャリアで発売されるかどうかも完全に未定です。欲しい人は迷わずネット通販から購入しましょう。このサイトのおすすめはイオシスという海外スマホ通販サイトです。こちらはアマゾンよりも安くてお得ですよ。

ただ、海外のスマホ初心者のあなたは信用できるサイトか判断しかねると思います。そんなあなたはAmazonで購入しましょう。イオシスよりはお値段高くなりますが、知名度や安心感はバツグンです。

ただし、Mate20Xはかなり品薄の状態が続いています。今チェックして在庫があればメチャラッキーです。迷わず購入しましょう。

あなたに読んでほしいMate 20 Xの記事

HUAWEI Mate 20 Xを購入レビュー。7.2インチの大画面にトリプルレンズカメラは買わずにいられない
HUAWEIからリリースされたMate 20シリーズの中でも異端児であるMate 20 X! 何がやばいかって、7.2インチの大画面! 気づいたら買っていた。これは罠だ。#mate20x #huaweimate20x pic.twitt...
HUAWEI Mate 20 X 購入後開封&デザインをチェック!画面サイズと威圧感に僕笑っちゃいます!
日本では未発売ですが、海外でHUAWEIからリリースされた激ヤバ端末Mate 20 X! 画面サイズが驚愕の7.2インチという頭がおかしいとしか思えない端末です。 そんなMate 20 Xをようやく購入しましたので、まずは外観をレビュー...
Mate20 XのSIMフリー版の入手方法や対応周波数をチェック!国内キャリアの取り扱いは?
何かと話題の Huawei ですが、海外では新機種を続々と発売しています。Mate20Xは日本で発売されているMate20Proの別モデルという位置づけです。iPhone XSとiPhone XS Maxのような関係ですね。 詳しいス...

Mate 20 Xの購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Mate 20 Xをイオシスで購入する。

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら


スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

この記事を書いたのは

hirok_プロフィール

ひろ.K
ITや家電にめっぽう強く、うちでは「スマホオタクが考える快適なスマホライフ」をモットーに執筆していますが、実は自身の経験を元にした就職・転職関係の記事や恋愛まとめやキュレーション全般などなんでも書けるオールマイティー。まとめるだけでなく私見もしっかり述べちゃうのよ。
ブログ「ひろ・K・トムの部屋」はこちら

Android HUAWEI Mate 20 X スマートフォン
スポンサーリンク
わだかつやをフォローする
スポンサーリンク
VOVM|スマホ・スニーカー・ハロプロのオタクメディア

コメント