スポンサーリンク

Mate 20 Xは格安SIMで使える?キャリア対応状況や設定方法を解説!

HUAWEIAndroid
スポンサーリンク

日本では未発売のMate20Xですが、大画面かつモンスタークラスのカメラを搭載しているのでとても魅力的です。この記事を読んでいるあなたは、Mate20Xを買いたいという気持ちが強いのではないでしょうか?

今回は、Mate20Xは国内の通信回線を利用できるのか、どのように設定するのかについてリサーチしました。

結論を言うと、Mate20Xは国内の格安SIMで運用可能です。

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

スポンサーリンク

Mate20Xはほぼすべての格安SIMで利用可能!【周波数表あり!】

Mate 20 Xの対応周波数は以下の通りです。

詳細な対応ネットワークバンド: 4G: LTE Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/34/38/39/40 3G: Band 1/2/4/5/6/8/19/34/39 / GSM: 850/900/1800/1900 MHz

引用元:EXPANSYS様

これを国内キャリアの周波数と比較した表がこちらです。

Mate20Xドコモauソフトバンク
Band1(2.0GHz)OK
Band3(1.7GHz)OK
Band8(900MHz)OK
Band11(1.5GHz)NG
Band18/26(800MHz)OK
Band19(800MHz)OK
Band21(1.5GHz)NG
Band28(700MHz)NG
Band42(3.5GHz)NG

◎=必須、〇=そこそこ重要、△=あれば便利

ネットワークバンド表の参考元サイト:イオシス様

詳しい周波数表の解説は下記の別記事参照お願いします。要は、Mate20Xは問題なく通信できるよって事です。

「各バンド帯域について詳しく知りたい!」というあなたのために作りました。4G・3G周波数バンド確認表はこちら!

Mate20Xを格安SIMで使う場合の設定方法【少しめんどう】

格安SIMで運用する場合、最初にAPNの設定やプロファイルのダウンロードなどをしなくてはいけません。聞きなれない単語が多くてめんどくさそうですが、作業自体は10分もかからずに出来ます。

注意点としては、iPhoneとAndroidで設定の仕方が異なります。「昔iPhoneで設定したことがあるから大丈夫!」と思っているあなた、Androidでは勝手が違うので気を付けましょう。

詳細なAPNの設定方法はこちらの記事を参考にしてください。(リンク先:イオシス様)

格安SIMを本体にセット

なにはともかく、格安SIMをスマホにセットしないとはじまりません。画像のようにセットしましょう。

IMG 3229

新しいAPNの設定

「設定」の「無線とネットワーク」から「モバイルネットワーク」、「アクセスポイント名」をタップします。画面右上のタテ三本点をタップし、「新しいAPN」を設定します。このアクセスポイント編集画面で必要な情報を入力します。

「名前の入力」「APNの入力」「ユーザー名の入力」「パスワードの入力」「認証タイプの選択」が完了したら画面右上のチェックマークをタップし保存しましょう。新しく作成したAPNの項目を選択したら設定完了です!

※アクセスポイントの編集で必要な情報は格安SIMに同封されているマニュアルを読むか、「(格安SIM名) APN 設定」などで検索しましょう。

Mate 20 Xは格安SIMのAPNが最初から入っている!

なんとMate 20 Xにははじめから多くの格安SIMのAPNが用意されています!

Screenshot 20190207 080653 com android settings

Screenshot 20190207 080650 com android settings

主要な格安SIMはほぼ抑えているという感じですね!

なのでAPNを自分で入力してなくてもこの中から選ぶだけでオッケーです!

APN設定しても通信できない場合

「この手順を守ったのに通信できないよ!たすけて!」という人もいるかと思います。筆者も今の格安SIMにした時は同じ気持ちを味わいました。

そんな時は「SIMを一度抜き、ポジションチェックして再挿入」「本体の再起動」このいずれかで解決します。筆者の場合、プロファイルのダウンロード前にSIMをセットしていたので通信できていませんでしたが、SIMの再挿入で通信可能になりました!

Mate20Xのスペックは?買うべき?【要点まとめ】

ここまで読んでいるあなたはMate20Xについて十分ご存知かと思いますが、復習も兼ねてスペックの特徴を確認しませんか?

詳しいスペックについては別記事で検証していきますが、Mate20Proと比較した特徴としては「ディスプレイが大きくなった」「本体重量が重くなった」「バッテリー容量が大きくなった」「Qiに非対応になった」「イヤホン端子に対応している」という点です。

Mate20Xとハイエンドスマホの比較はこちらから!スペック一覧表

あなたに読んでほしいMate 20 Xの記事

HUAWEI Mate 20 Xを購入レビュー。7.2インチの大画面にトリプルレンズカメラは買わずにいられない
HUAWEIからリリースされたMate 20シリーズの中でも異端児であるMate 20 X! 何がやばいかって、7.2インチの大画面! 気づいたら買っていた。これは罠だ。#mate20x #huaweimate20x pic.twitt...
HUAWEI Mate 20 X 購入後開封&デザインをチェック!画面サイズと威圧感に僕笑っちゃいます!
日本では未発売ですが、海外でHUAWEIからリリースされた激ヤバ端末Mate 20 X! 画面サイズが驚愕の7.2インチという頭がおかしいとしか思えない端末です。 そんなMate 20 Xをようやく購入しましたので、まずは外観をレビュー...
Mate20 XのSIMフリー版の入手方法や対応周波数をチェック!国内キャリアの取り扱いは?
何かと話題の Huawei ですが、海外では新機種を続々と発売しています。Mate20Xは日本で発売されているMate20Proの別モデルという位置づけです。iPhone XSとiPhone XS Maxのような関係ですね。 詳しいス...

Mate 20 Xの購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Mate 20 Xをイオシスで購入する。

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら


スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

この記事を書いたのは

hirok_プロフィール

ひろ.K
ITや家電にめっぽう強く、うちでは「スマホオタクが考える快適なスマホライフ」をモットーに執筆していますが、実は自身の経験を元にした就職・転職関係の記事や恋愛まとめやキュレーション全般などなんでも書けるオールマイティー。まとめるだけでなく私見もしっかり述べちゃうのよ。
ブログ「ひろ・K・トムの部屋」はこちら

AndroidHUAWEIMate 20 Xスマートフォン
スポンサーリンク
わだかつやをフォローする
スポンサーリンク
VOVM|スマホ・スニーカー・ハロプロのオタクメディア

コメント