HUAWEI Mate 20 Proは何版(SoftBank・SIMフリー)を買うべきか?

HUAWEIが送り出した端末、モンスターカメラスマホMate 20 Pro!

Mate 20 Pro

今回日本ではソフトバンク、SIMフリー版と国内だけでもたくさんの供給先があります。

さらにグローバル版も合わせればかなりたくさんの選択肢があり、ついつい迷っちゃうと思います。

ということで今回はあなたがMate 20 Proの何版を買うべきかを見ていきましょう!

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

スポンサーリンク

Mate 20 Proのスペック

まずはMate 20 Proのスペックを見ていきましょう。

Mate 20 Pro
OS Android 9.0 (Pie) , EMUI 9.0
画面サイズ 6.39インチ
解像度 3120×1440
ディスプレイ OLED
プロセッサ Kirin 980
RAM 6GB
内蔵ストレージ 128GB
microSD 非対応(独自NMカード)
前面カメラ 24MP、f/2.0
背面カメラ トリプルカメラ
40MP広角、f/1.8
20MP超広角
8MP望遠
認証センサー 画面内指紋認証、顔認証
バッテリー 4200mAh
サイズ 157.8×72.3×8.6mm
重さ 189g
防水防塵 IPX8

超広角カメラに画面内指紋認証!そして新たなプロセッサKirin 980とまさにやりたい放題!そんな機種に仕上がっています!

Mate 20 Proの日本での発売日はいつ?

Mate 20 Proは国内SIMフリー版は11月28日に発売されています!そしてソフトバンクは2018年12月中旬発売です!

ソフトバンク版は12月7日から予約が始まっています!急げ!

Mate 20 Proは何版(ソフトバンク、国内SIMフリー、グローバルSIMフリー版)を買うべきか

ここからはあなたが使っている通信会社ごとにどのモデルを買うべきか見ていきましょう。

Mate 20 Proの各モデルの対応周波数

各モデルの本体の対応周波数です。

ソフトバンク版 国内SIMフリー版 グローバルSIMフリー版 LYA-L29 備考
バンド1(2.0GHz) docomoのメインバンド、auの山間部や田舎、SoftBankのメインバンド
バンド2(1.9GHz)
バンド3(1.7GHz) docomoの東名阪、SoftBankが使用、ワイモバイルのメインバンド
バンド4(AWS)
バンド5(850MHz)
バンド7(2.6GHz)
バンド8(900MHz) SoftBankのプラチナバンド
バンド11(1.5GHz) auが使用、SoftBankが使用
バンド12(700MHz)
バンド13(700MHz)
バンド17(700MHz)
バンド18(800MHz) auのメインバンド
バンド19(800MHz) docomoのプラチナバンド
バンド20(800MHz)
バンド21(1.5GHz) docomoの北海道、東北、四国、北陸
バンド25(1.9GHz)
バンド26(800MHz)
バンド28(700MHz) docomoのプラチナバンド、auのプラチナバンド、SoftBankのプラチナバンド
バンド29(700MHz)
バンド32(1.5GHz)
バンド38(2.6GHz)
バンド39(1.9GHz)
バンド40(2.3GHz)
バンド41(2.5GHz) auのWiMAX2+、SoftBankのAXGP
バンド42(3.5GHz)

docomoのSIMもしくはdocomo系の格安SIMを使っている場合

  • ソフトバンク版の本体:問題なく使えます。SIMロックの解除が必要です。
  • 国内SIMフリー版の本体:問題なく使えます。
  • グローバルSIMフリー版の本体:問題なく使えます。

auのSIMもしくはau系の格安SIMを使っている場合

  • ソフトバンク版の本体:問題なく使えます。SIMロックの解除が必要です。
  • 国内SIMフリー版の本体:問題なく使えます。
  • グローバルSIMフリー版の本体:問題なく使えます。

auおよびau系の格安SIMを使っている場合は3Gには非対応です。そこは注意してください。

ソフトバンクのSIMもしくはソフトバンク系の格安SIMを使っている場合

  • ソフトバンク版の本体:問題なく使えます。
  • 国内SIMフリー版の本体:問題なく使えます。
  • グローバルSIMフリー版の本体:問題なく使えます。

あなたに読んでほしいMate 20 Proの記事

HUAWEI Mate 20 Proを購入!徹底レビュー!超広角に最強AI搭載でカメラ好きならこれしか無いでしょ!
HUAWEIからリリースされた世界最強のカメラモンスター、Mate 20 Pro! トリプ...
HUAWEI Mate 20 Proのカメラを徹底レビュー!超広角も素晴らしくカメラモンスターと呼びたい
HUAWEIが繰り出したカメラモンスターMate 20 Pro! Mate 20 Proのウリはも...
HUAWEI Mate 20 Proは何版(SoftBank・SIMフリー)を買うべきか?
HUAWEIが送り出した端末、モンスターカメラスマホMate 20 Pro! 今回日本...

Mate 20 Proの購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Mate 20 Proをイオシスで購入する。:65,800円〜

ソフトバンクで購入するなら

ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ソフトバンクオンラインショップでMate 20 Proを購入する。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で購入するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトクです。

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。ソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comでMate 20 Proに乗り換える。

国内SIMフリー版の正規取り扱い店

NTT X StoreとOCN モバイルが国内SIMフリー版の正規取り扱い店です!

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら


スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

この記事をシェアしよう。

スポンサーリンク

コメント

  1. kk より:

    こんにちは!
    こないだまでセブに留学に行っていて、使っていたiPhoneが壊れたためセブでmate20proのグローバル版SIMフリーを購入しました。
    しかし日本に帰ってから気づいたのですが、技適マークがありませんでした。私はドコモでiPhoneを契約しているので、ドコモのSIMカードをmate20proに挿して使うのは違法になりますか?ドコモ系の格安SIMなら大丈夫ということでしょうか?返信よろしくお願いします。

    • ワダカツヤ より:

      こんにちは!セブでMate 20 Pro購入ってなかなかリッチですね。セブは是非行ってみたいところの一つです。

      さて、Mate 20 Proのグローバル版は確かに技適マークがないので厳密にいうと電波法違反になります。
      厳密にいうとです。ただ、今までこの内容で摘発された人は聞いたこと無いですが。(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/20/news035.html)

      だいぶ規制緩和されたので一時帰国されているなどkkさんがこの記事の内容に当てはまれば問題ありません。(https://hhwobs.com/sumaho-giteki/)

      本体としては本記事で紹介している通り、ドコモのSIMで普通に通信できます。

      • kk より:

        早い返信ありがとうございます。
        使えることは使えるのですね。
        一応怖いのでwifiで使うことにします。

        • ワダカツヤ より:

          技適法のルールではほんとはWi-Fiもダメなんですよ。そこまでする必要があるのかはわかりませんけどね。

          • kk より:

            そうなんですか!ここまで厳しかいんですね。でも知らなくて使ってる人たくさんいそうですねよね。ありがとうございます(>_<)