HUAWEI Mate 20 Pro Mate 20 X P20/P20 Pro

HUAWEI Mate 20シリーズの違いは?スペックを比較!(Mate 20 Pro/Mate 20 X/Mate 20)

HUAWEI

皆さんは Huawei 製品のスマホってご存知ですか?最近だと家電量販店でMate20Proという名前のスマホをご覧になった方もいるかと思います。テレビのニュースでネガティブな方向で話題の Huaweiですが、実はスマホのスペックを見てみるとすごいんですよ。

今回は日本で発売されている Huawei Mate20Proと 海外でのみ発売されているMate20、Mate20Xの3機種を比較してみたいと思います。

結論だけ知りたい人は、下記のスペック一覧表と段落のタイトルをご覧ください。

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

Mate20シリーズのスペック比較表

Mate20 Mate20Pro Mate20X
容量:価格 128GB:約7万円 128GB:108,771円 128GB:約10万円
CPU Kirin 980(オクタコア) Kirin 980(オクタコア) Kirin 980(オクタコア)
メモリ(RAM) 6GB 6GB 6GB
ディスプレイサイズ(解像度) 6.53インチ(液晶)(2244×1080 381ppi) 6.39インチ(OLED)(3120 × 1440 538ppi) 7.2インチ(OLED)(2,244 x 1,080 346ppi)
本体サイズ(重量) 77.2×158.2×8.3mm(188g) 157.8 × 72.3 × 8.6mm(189g) 174.6 ×
85.4 ×
8.15 mm(232g)
背面カメラ 最大16MP(トリプルカメラ) 最大40MP(トリプルカメラ) 最大40MP(トリプルカメラ)
フロントカメラ 24MP 24MP 24MP
ビデオ 4K(最大960fps) 4K(最大960fps) 4K(最大960fps)
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)非対応 ワイヤレス充電 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 IP53 IP68 IP53
SDカード 非対応※NM Cardに対応 非対応※NM Cardに対応 非対応※NM Cardに対応(256GBまで)
認証方法 顔認証、指紋認証 3D顔認証+指紋認証 顔認証、指紋認証
おサイフケータイ 未確認(※NFCは対応) 非対応(※NFCは対応) 未確認(※NFCは対応)
イヤホンジャック 対応 非対応 対応
バッテリー容量 4,000mAh 4,200mAh 5,000mAh
カラーバリエーション ミッドナイトブルー ミッドナイトブルー ミッドナイトブルー
トワイライト トワイライト ファントムシルバー
ブラック ブラック
エメラルドグリーン

その他のハイエンドスマホと比較したい人はこちら!スペック一覧表

Mate 20シリーズ各機種の特徴【カメラがすごい!】

Mate20シリーズの特徴として、結論だけ言うと「カメラ性能が他のハイエンドスマホよりもずば抜けて凄い」ということです。2019年に出てくるハイエンドスマホはわかりませんが、少なくとも2018年時点でトリプルカメラを搭載しているハイエンドスマホはMate20シリーズのみです。

トリプルカメラを活かした超広角撮影はとても便利です。カメラを撮る時に被写体はカメラに入りきらず、カメラマンは前後に移動するシーンは今後激減するでしょう。

Mate 20の特徴は?【コスパが良い】

Mate20は「カメラ性能に特化したミドルエンドスマホ」というイメージです。お値段は7万円程度で購入できます。それに対してカメラ性能はずば抜けており、ハードスペック的にも他のハイエンドスマホに見劣りしておりません。

カメラ性能を重視した最もコスパの良いハイエンドスマホを求めている人は「買い」です。

Mate 20Proの特徴は?【一番すごい】

Mate20Proは名前の通りMate20シリーズの最上位モデルです。カメラ性能は他と同じですが、ワイヤレス充電に対応しており、ディスプレイ上で指紋認証が可能です(他のシリーズは背面のリング部で指紋認証が可能)。ユニークな機能としては、特定のワイヤレス充電対応機器でMate20Proから充電の可能という点です。ただし、充電スピードが遅いので、あくまで緊急避難用というイメージです。

また、防水防塵性能も最高のIP68を取得しています。ただし、経年劣化で性能は低下していきますので、過信しすぎないようにしましょう。

Mate 20Xの特徴は?【これ1台で済ませる】

Mate20Xは「タブレットを持たずにスマホですべてを済ませたい」人向けに設計されたイメージです。シリーズ中で最大のディスプレイの大きさを誇り、バッテリー容量も驚愕の5,000mAhです。一日一回フル充電しておけば、電池切れになるリスクはかなり低いでしょう。

↓Mate20Xの開封レビュー記事です。イヤホンジャック搭載は嬉しいですね。↓

Mate 20シリーズ別買うべき人はこんな人【お値段と性能は比例します】

身も蓋もない結論を言ってしまうと、迷ったらとりあえず性能が一番高いMate20Proを買えば間違いないです。ただし、人によっては別モデルの方がライフスタイルにぴったり合っている可能性もあります。

以下では、どんな人のはどのシリーズを持つべきか検証したいと思います。

Mate 20を買うべき人は?【コスパを求める人】

Mate20は シリーズの中で一番コスパの良いスマホです。カメラ性能はほとんどそのままに、お値段は数万円安く購入できます。最近のハイエンドスマホは10万円程度しますので、少しでもコスパを高めたい人は間違いなくMate20を購入すべきです。

Mate 20 Proを買うべき人は?【ハイエンドなスペックを求める人】

Mate20Proはシリーズの中で最も多機能なスマホです。カメラ性能、ワイヤレス充電、認証方法、防水防塵性能、これら全てカバーしています。「お金はしっかり出すから、スマホスペックでイライラしたくない」という人は「買い」です。

Mate 20 Xを買うべき人は?【タブレットも兼ねて長時間使いたい人】

これはミニマリスト向けのスマホです。ディスプレイもシリーズの中で最も大きく、1日使っても安心の大容量バッテリーを搭載しています。外出先で、家の中で、1日中使用していても安心のバッテリーです。これ一台でモバイルデバイス関係の全てを済ませたいという人にオススメです。

↓Mate20Xは日本語入力出来るのかレビュー。簡単そうですね。↓

あなたに読んでほしいMate 20 Proの記事

HUAWEI Mate 20 Proを購入!徹底レビュー!超広角に最強AI搭載でカメラ好きならこれしか無いでしょ!

HUAWEI Mate 20 Proのカメラを徹底レビュー!超広角も素晴らしくカメラモンスターと呼びたい

Mate 20 ProはSIMフリー・ソフトバンク版のどちらのモデルを買うべきか?

Mate 20 Proの購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Mate 20 Proをイオシスで購入する。:65,800円〜

ソフトバンクで購入するなら

ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ソフトバンクオンラインショップでMate 20 Proを購入する。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で購入するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトクです。

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。ソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comでMate 20 Proに乗り換える。

国内SIMフリー版の正規取り扱い店

NTT X StoreとOCN モバイルが国内SIMフリー版の正規取り扱い店です!

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

あなたに読んでほしいMate 20 Xの記事

HUAWEI Mate 20 Xを購入レビュー。7.2インチの大画面にトリプルレンズカメラは買わずにいられない

HUAWEI Mate 20 X 購入後開封&デザインをチェック!画面サイズと威圧感に僕笑っちゃいます!

Mate20 XのSIMフリー版の入手方法や対応周波数をチェック!国内キャリアの取り扱いは?

Mate 20 Xの購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Mate 20 Xをイオシスで購入する。

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

created by Rinker
HUAWEI
¥249,297 (2020/08/10 19:26:51時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

About the author

ひろ.K

ひろ.K

ITや家電に強く「スマホオタクが考える快適なスマホライフ」をモットーに執筆。自身の経験を元にした就職・転職関係の記事やキュレーション全般も書けるオールマイティー。まとめるだけでなく私見もしっかり述べます。

Add Comment

Click here to post a comment