iPhone SE 2020 Xperia 10 Ⅱ

iPhone SE 2020とXperia 10 Ⅱはどっちを買うべき?(比較)

iPhone SE

こんにちは。ACTIVATE編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。もちろん無料や。

ついに発売されたiPhone SE(2020)。

コンパクトなボディサイズでコスパも抜群のiPhone SE 2020が発売されました。

コンパクトでコスパ抜群ですが、Xperia 10 Ⅱもコスパという点では負けていません。そうなるとどちらを買えば良いか迷いますよね。ということでiPhone SEも購入しXperiaも毎回最新作を購入する私がどちらを買うべきか見ていきましょう。

iPhone SE 2020を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

created by Rinker
Apple(アップル)
¥6,380 (2020/08/12 03:56:40時点 Amazon調べ-詳細)


iPhone SE(2020)のスペックや特徴

まずはiPhone SE(2020)のスペックや特徴を見ていきましょう。

iPhone SE(2020)のスペック

まずはスペックを見ていきましょう。

iPhone SE(2020)
ストレージ容量(ROM) 64GB/128GB/256GB
価格 85,000円〜
CPU A13 Bionicチップ
メモリ(RAM) 3GB
ディスプレイサイズ 4.7インチ
解像度 1334×750 326ppi
本体サイズ 138.4×67.3×7.3mm
重量 148g
メインカメラ 12MP(F1.8 広角)(シングルカメラ)
インカメラ 7MP(F2.2)
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵 IP67
SDカード 非対応
認証方法 Touch ID(指紋認証)
おサイフケータイ 対応
イヤホンジャック 非搭載
バッテリー容量 1,821mAh
カラーバリエーション ブラック
ホワイト
(PRODUCT)RED™

iPhone 8のボディに中身は最新のiPhone 11を搭載してきました。

iPhone SE(2020)のスペックの特徴

iPhone SE

iPhone SEは次のような特徴があります。

  • ボディは人気のiPhone 8と同じでコンパクト
  • iPhone 11 Proと同じスマホ史上最速のCPUであるA13 Bionicチップを搭載
  • iPhoneで最も安くコスパ抜群

Xperia 10 Ⅱのスペックや特徴

まずはXperia 10 Ⅱのスペックや特徴を見ていきましょう。

Xperia 10 Ⅱのスペック

Xperia 10 Ⅱ
ストレージ容量 64GB
価格 約47,00円〜
CPU Snapdragon 665
メモリ(RAM) 4GB
ディスプレイサイズ 6.0インチ
解像度 2,520 × 1,080
本体サイズ 157 × 69 × 8.2mm
重量 151g
背面カメラ 標準12MP(F2.0)+超広角8MP(F2.4) +望遠8MP(F2.2)(トリプルカメラ)
インカメラ 8MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 IP68
SDカード 対応
認証方法 指紋認証
おサイフケータイ 国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック 搭載
バッテリー容量 3,600mAh
カラーバリエーション ブラック
ホワイト
ミント
ブルー

Xperia 10 Ⅱの特徴

  • 21:9の超縦長ディスプレイ
  • Xperiaなのに安価
  • 小さく扱いやすいサイズ
  • トリプルレンズ搭載

ざっくりいうとXperia 1を小型にしつつ性能は控えめにコスパをアップしたのがXperia 10 Ⅱです。

21:9の超縦長ディスプレイ

Xperia 10 Ⅱの一番のウリはこの21:9の超縦長ディスプレイです。Xperia 1から継承されました。前代未聞の超縦長ディスプレイはTwitterのタイムラインやスマホ向けサイトが非常に見やすいです。

iPhone SE 2020とXperia 10 Ⅱのスペックを比較

それではスペックを比較してみましょう。

iPhone SE(2020) Xperia 10 Ⅱ
ストレージ容量(ROM) 64GB/128GB/256GB 64GB
価格 49,000円〜 約47,000円〜
CPU A13 Bionicチップ Snapdragon 665
メモリ(RAM) 3GB 4GB
ディスプレイサイズ 4.7インチ 6.0インチ
解像度 1334×750 326ppi 2,520 × 1,080
本体サイズ 138.4×67.3×7.3mm 157 × 69 × 8.2mm
重量 148g 151g
メインカメラ 12MP(F1.8 広角)(シングルカメラ) 標準12MP(F2.0)+超広角8MP(F2.4) +望遠8MP(F2.2)(トリプルカメラ)
インカメラ 7MP(F2.2) 8MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 IP67 IP68
SDカード 非対応 対応
認証方法 Touch ID(指紋認証) 指紋認証
おサイフケータイ 対応 国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック 非搭載 搭載
バッテリー容量 1,821mAh 3,600mAh
カラーバリエーション ブラック ブラック
ホワイト ホワイト
(PRODUCT)RED™ ミント
ブルー

iPhone SE 2020とXperia 10 Ⅱの違い

それぞれの性能を比較していきましょう。

CPUや処理性能を比較

CPUはiPhone SEは最新高性能のA13 Bionicチップ、Xperia 10 Ⅱは最新ですがミドルクラスのSnapdragon 665を搭載しています。

性能的にはiPhone SEのほうが明らかにサクサク動きます。とはいえXperia 10 Ⅱも明らかに重たいゲームや画像処理などはきついですが、TwitterやInstagramを見たりするぐらいなら全然問題ありません。

RAM・ストレージ容量を比較

RAMはiPhone SEは3GB、Xperia 10 Ⅱは4GB積んでいます。

Xperia 10 Ⅱのほうが数値上は上ですが、先ほど述べたとおりCPUも違うので、体感的にはXperia 10 Ⅱのほうが上とは言いきれません。

どちらもかなり重い動作だときつくなってきますが、普通の使い方であれば問題ありません。

ディスプレイサイズ・本体サイズ・重量を比較

iPhone SE

iPhone SEの画面サイズは4.7インチ、Xperia 10 Ⅱは6.0インチです。どちらもコンパクトで扱いやすいサイズですが、iPhone SEは圧倒的コンパクト、Xperia 10 Ⅱは一回り大きいですが取り扱いやすいサイズとなっていて、超縦長ディスプレイで画面表示が大きく見やすいです。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
めちゃめちゃコンパクトなiPhone SEかコンパクトさと画面の大きさを両立したXperia 10 Ⅱか。

ディスプレイ画質を比較

解像度はiPhone SEは1,334×750、Xperia 10 Ⅱは2,520×1,080です。表示領域はXperia 10 Ⅱのほうが上です。

いろんなアプリを表示させたときの様子はこちらに記事にしています。

生体認証を比較

iPhone SE

iPhone SEはTouch ID(指紋認証)を搭載しており、精度も抜群です。

Xperia 10 Ⅱも指紋認証を搭載していますが、精度はイマイチなので顔認証を使うほうがおすすめです。

バッテリー容量を比較

バッテリー容量はiPhone SEは1,821mAh、Xperia 10 Ⅱは3,600mAhです。Xperia 10 Ⅱはサイズの割にかなり大容量のバッテリーを積んでいます。

カメラ性能を比較

iPhone SE

カメラの差はかなり大きく、iPhone SEはシングルカメラですが、Xperia 10 Ⅱはトリプルカメラを搭載しています。

写真の出来栄えはXperia 10 ⅡのほうがAIによる処理も鮮やかで、レンズのおかげで背景をぼかしやすく、超広角で室内や景色を広々と写すことが可能です。

防水性能を比較

iPhone SEはIP67相当なので塵の舞う場所で使ったり水深4メートルで30分間置いても大丈夫という防水防塵性能、Xperia 10 ⅡはIP68という最高性能の防水防塵性能を持っています。

防水防塵性能についてはこちらの記事をどうぞ。

価格を比較

iPhone SEは約49,000円〜となっています。

Xperia 10 Ⅱは約47,000円〜となっています。

iPhone SEはiPhone史上最安の圧倒的コスパモデル、Xperia 10 ⅡはフラッグシップモデルのXperia 1 Ⅱの良いところを残しつつ、コンパクトなボディでコスパモデルになっています。

iPhone SE 2020とXperia 10 Ⅱのどちらを選ぶべきか?

iPhone SE

これらを踏まえて、どちらもコスパ抜群でコンパクトなのは間違いないのですが、よりコンパクトで処理性能が上のモデルであればiPhone SEがおすすめです。

最新のiPhone 11と同じ性能を持ちつつ、4万円台でiPhoneが買える時代が来るとは思っていませんでした。

カメラや画面の見やすさを求めるのであればXperia 10 Ⅱがおすすめです。

上位モデルのXperia 1 Ⅱとほぼ変わらないカメラを持ちつつ、大画面とコンパクトさを両立したのはさすがです。

iPhone史上最高コスパのiPhone SEか、高いカメラ性能と大画面かつコンパクトなXperia 10 Ⅱか、お好きなほうをどうぞ。

iPhone SE 2020を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

created by Rinker
Apple(アップル)
¥6,380 (2020/08/12 03:56:40時点 Amazon調べ-詳細)


Xperia 10 Ⅱを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

ドコモ・au・ワイモバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥37,200 (2020/08/12 06:16:04時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。
詳しいプロフィールはこちら

Add Comment

Click here to post a comment