Galaxy

au版Galaxy Note 9(SCV40) ‪の特徴とは?

さていよいよauからも Galaxy Note 9(SCV40)が発売されました!

ドコモ版、au版、海外グローバル版とたくさんの種類がありますが、果たしてau版はどんな特徴があるのでしょうか?

先に言うとau版Galaxy Note 9(SCV40)は本体価格が安くなるため上手に使えばかなりお得に運用できます!

それではその詳細を解説します!

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

au版Galaxy Note 9(SCV40)のスペックは?

細かいスペックはこちらに記事にしています!

関連記事

ついに世界のフラッグシップスマートフォン、SAMSUNG Galaxy Note 9が発表されました!今回も日本ではdocomoとauからも供給されています。そこで、あなたはどのキャリアからGalaxy Note 9を買えば良いのか[…]

Galaxy Note 9 ボタン

またauによるGalaxy Note 9(SCV40)の公式ページはこちらです!

au版Galaxy Note 9(SCV40)とグローバル版 Galaxy Note 9の違いとは?

au版はグローバル版に比べて次の機能に対応しています。

  • au VoLTE
  • テレビ
  • おサイフケータイ
  • au世界サービス

おサイフケータイは悩ましいところ!グローバル版にはこれがないのでそこが一番違います。

au版Galaxy Note 9(SCV40)のカラーバリエーション

  • ラベンダーパープル
  • オーシャンブルー
  • ミッドナイトブラック

au版Galaxy Note 9(SCV40)は上記3色のラインナップとなりました!

なんとdocomo版にはラベンダーパープルがないんですが、au版にはある!

ちなみに海外版で見られたメタリックカッパーはau版にもありません。この色が欲しい方はグローバル版!

au版Galaxy Note 9(SCV40)の発売日はいつ?

au版Galaxy Note 9(SCV40)の発売日は2018年10月25日です!

docomoと一緒!やっぱこの業界アレだぜ!

au版Galaxy Note 9(SCV40)の対応周波数バンド

au版Galaxy Note 9(SCV40)の対応周波数を見ていきましょう!

まずはLTEから。

au版
Galaxy Note 9
バンド1(2.0GHz)docomoのメインバンド、auの山間部や田舎、SoftBankのメインバンド
バンド3(1.7GHz)docomoの東名阪、SoftBankが使用、ワイモバイルのメインバンド
バンド8(900MHz)SoftBankのプラチナバンド
バンド11(1.5GHz)auが使用、SoftBankが使用
バンド18(800MHz)auのメインバンド
バンド19(800MHz)docomoのプラチナバンド
バンド21(1.5GHz)docomoの北海道、東北、四国、北陸
バンド26(800MHz)
バンド28(700MHz)docomoのプラチナバンド、auのプラチナバンド、SoftBankのプラチナバンド
バンド41(2.5GHz)auのWiMAX2+、SoftBankのAXGP
バンド42(3.5GHz)

auで使うには当然問題無いですが、docomoで使う場合はプラチナバンド(バンド19)に対応していないため注意です!

各キャリアのGalaxy Note 9の対応周波数の比較記事はこちらです!

関連記事

ついに世界のフラッグシップスマートフォン、SAMSUNG Galaxy Note 9が発表されました!今回も日本ではdocomoとauからも供給されています。そこで、あなたはどのキャリアからGalaxy Note 9を買えば良いのか[…]

Galaxy Note 9 ボタン

各キャリアのLTE・3Gの対応周波数をまとめた記事はこちらです!

関連記事

SIMフリーでの運用が活発になってきてから携帯電話各社の周波数帯域を調べることが多くなっていますので、まとめておきます。[template id="12630"]LTEのバンド一覧まずはLTEのバンド一覧です。[…]

プレゼン

au版Galaxy Note 9(SCV40)の価格は?

ではauオンラインストアでのau版Galaxy Note 9(SCV40)の価格を見てみましょう。

au版Galaxy Note 9(SCV40)の価格(新規・機種変更・MNP)

  • 本体価格:129,600円
  • 毎月割:-2,376円/月
  • 実質負担金:72,576円

Galaxy Note 9の白ロム価格について

au版の白ロムはイオシスなどの白ロムショップでは大体docomo版より5,000円〜10,000円安くなることが多いです。

なのでau版の本体とau系のSIMの組み合わせが最も安くなります!

もしくはau版のSIMロック解除されたGalaxy Note 9をプラチナバンドを捨ててdocomo系の格安シムで使う!

白ロムの価格は下記のイオシスのリンクからチェック!さらに安くなってるかもしれません!



Samsung Galaxy Note9:92,800円〜

au版Galaxy Note 9(SCV40)のSIMフリー化について

auのSIMロック解除条件は契約者本人による、分割払いの場合は購入日から101日目以降より、一括払いの場合は一括払いの支払確認後よりとなっています。

各社のSIMロック解除条件はこちらに記事にしています!

関連記事

さて、12月から各携帯会社のSIMロック解除条件などが変更になるところが増えてきました。今の時点でも既に各社微妙に違っており複雑ですがさらに現在のような過渡期では余計に絡まった糸のように複雑です。そこで今回は各社のSIMロック([…]

なので、一括払いの場合は確認後から、分割払いの場合は101日後からSIMロック解除可能です。

SIMロックを解除してプラチナバンドには注意が必要ですが、docomo系の格安SIMを使うこともできます。

まとめ

au版Galaxy Note 9(SCV40)は本体価格がdocomo版と比べて安くなりやすいです。

なのでau版Galaxy Note 9(SCV40)とau系SIM(UQ mobileやmineo Aプランなど)の組み合わせが最もお得に運用できるのでおすすめです!

docomo系のSIMで運用する場合はプラチナバンド(バンド19)に未対応のため田舎や山間部では注意が必要!

そこを割り切ってSIMロック解除されたau版Galaxy Note 9(SCV40)とdocomo系格安SIMの組み合わせで使うのもお得です!

Galaxy Note 20 Ultraを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

Galaxyの最強フラッグシップモデルGalaxy Note 20 Ultraがついに発売されました。Galaxy Note 20 UltraはGalaxyシリーズの最強モデル。しかしどのモデルがどの通信会社に対応している[…]

Galaxy Note 20 Ultra

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い実質負担額
ドコモ145,728円4,048円/月〜97,152円(スマホおかえしプログラム適用時)
au159,830円4,090円/月〜94,070円(かえトクプログラム適用時)

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。


スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

Galaxy
最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG