Android Galaxy ‪Galaxy Note 10 Galaxy S10/S10+/S10e スマートフォン

Galaxy Note 10 plusとGalaxy S10はどっちを買うべき?(比較)

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。

いよいよ発売されたGalaxy Note 10+。最強スマホなわけですが、気になるのは同じGalaxyシリーズのGalaxy S10とどう違うのかというところですよね。

Galaxy Note 10+がすごいのはわかるけど、Galaxy S10も値段が下がってきてお買い得になってきています。ということでGalaxy Note 10+もGalaxy S10も発売日に購入し使用していた私がこの両者を比較していきます。

‪Galaxy Note 10を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

楽天モバイル・ドコモ・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

Samsung Galaxy Note 10+ Dual SIM (SM-N9750/DS) 12GB/256GB 6.8インチ LTE SIMフリー Qualcomm SDM855 Snapdragon 855 [並行輸入品] (Aura Glow/オーラグロー)
Samsung

ケースもお忘れではないですか?


Galaxy Note 10+のスペックと特徴

Galaxy Note 10+は次のような特徴があります。

  • 6.8インチの大画面
  • パンチホール型ノッチで有効面積が広がったディスプレイ
  • ついに搭載された超広角レンズで表現の幅がさらに広がった
  • ジェスチャー操作に対応したSペン

Galaxy S10と同じくパンチホール型のノッチを採用することで、画面の有効面積が拡大。さらにカメラもGalaxy S10と同じくついに待望の超広角カメラが搭載されました。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
あれ、割とGalaxy S10と同じじゃねぇの?

Galaxy Note 10+とGalaxy S10のスペックの違いや進化点

まずはスペック表を見てみましょう。

Galaxy Note 10+ Galaxy S10
ストレージ容量(ROM) 256GB/512GB 128GB/512GB
価格 109,000円〜 99,700円〜
CPU Snapdragon 855もしくはExynos9825 Snapdragon 855もしくはExynos9820
メモリ(RAM) 12GB 8GB
ディスプレイサイズ 6.8インチ 6.1インチ
解像度 1440×3040 498ppi 1440 × 3040 550ppi
本体サイズ 77.2×162.3×7.9mm 70.4 × 149.9 × 7.8mm
重量 196g 157g
メインカメラ 望遠12MP(F2.1)+広角12MP(F1.4/2.4)+超広角16MP(F2.2)+ToFセンサー(クアッドカメラ) 望遠12MP(F2.1)+広角12MP(F1.4/2.4)+超広角16MP(F2.2)(トリプルカメラ)
インカメラ 10MP 10MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応 ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵 IP68 IP68
SDカード 非対応 対応
認証方法 顔認証、画面内超音波指紋認証 顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ 国内版対応、海外版非対応 国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック 無し 有り
バッテリー容量 4,500mAh 3,400mAh
カラーバリエーション オーラグロー プリズムホワイト
オーラブラック プリズムブラック
オーラホワイト プリズムグリーン(地域限定)
プリズムブルー

Galaxy Note 10+とGalaxy S10の違い

Galaxy Note 10+とGalaxy S10は次のようなところに違いがあります。

  • Galaxy Note 10+のほうが本体サイズは縦に一回り大きく、画面サイズが大きい
  • Galaxy Note 10+はイヤホンジャックが無くなった
  • Galaxy Note 10+はSペンに対応

Galaxy Note 10+とGalaxy S10は中身の性能はかなり似通っています。画面サイズが大きくSペンが使えるのがGalaxy Note 10という認識でOKです。

CPUや処理性能を比較

Galaxy Note 10+もGalaxy S10もCPUはSnapdragon 855です。Galaxy は地域によってはExynosを使います。この場合Galaxy Note 10はExynos 9825、Galaxy S10はExynos 9820となりますが、ほぼ同じです。

CPUのベンチマークアプリAntutuの総合スコアではSnapdragon 855は37万点となっており当然ながら現行の最高クラスです。処理はサクサクでもたついたりフリーズというのはほぼないです。

RAM・ストレージ容量を比較

Galaxy Note 10+もGalaxy S10もRAMは8GB。めちゃくちゃ大きいので快適でサックサクです。ストレージ容量はGalaxy Note 10+は256GBのみ、Galaxy S10は128GBと512GBから選べます。今はクラウドストレージもあるので128GBでも十分ですけどね。

ちなみにGalaxy Note 10+はSDカード非対応になったので注意が必要です。

ディスプレイサイズ・本体サイズ・重量を比較

Galaxy Note 10+は6.8インチ、Galaxy S10は6.1インチです。Galaxy Note 10+のほうが大画面です。

本体サイズもGalaxy Note 10+のほうが縦に長く大きいです。重量もGalaxy Note 10+は196g、Galaxy S10は157gなのでさすがにGalaxy Note 10+のほうが重たいです。

ディスプレイ画質を比較

Galaxy Note 10+もGalaxy S10も解像度は3040×1440です。

意外ですがどちらも解像度は同じです。どちらも定評のある有機ELのAMOLEDを採用しているのでコントラストなどの美しさは間違いないです。

生体認証を比較

Galaxy Note 10+もGalaxy S10もディスプレイ上での超音波指紋認証を搭載しました。とはいえ基本は顔認証でロックを解除する感じなので、あまり使わないと思いますが超音波指紋認証は未来感がありますよ。

しかし画面内超音波指紋認証はまだまだ認証に失敗することも多いので過度な期待は禁物です。

バッテリー容量を比較

Galaxy Note 10+のバッテリー容量は4,500mAh、Galaxy S10は3,400mAhです。

本体サイズの分だけGalaxy Note 10+はバッテリー容量が大きいです。Galaxy S10はバッテリ持ちがあまり良くないので心配です。

Galaxy S10のバッテリーの電池持ちを実際にチェック。けっこう減るの早い

カメラ性能を比較

Galaxy Note 10+は望遠12MP+広角12MP+超広角16MPのトリプルカメラを搭載しています。Galaxy Note 9はデュアルカメラです。特にGalaxy Note 10+は超広角レンズがあるのが非常に大きいです。目の前の美しい景色を広々と切り取ることができます。

超広角の素晴らしさについてはGalaxy S10のレビュー記事をご参考に。

Galaxy S10を購入レビュー。スペックやカメラ性能も。

防水性能を比較

どちらもIP68という最高クラスの防水防塵性能を備えていますのでご安心ください。

Galaxy Note 10+の防水防塵性能についてはこちらの記事をどうぞ。

Galaxy Note 10 plusの防水防塵性能IP68とはどんなもの?

スピーカー・音質を比較

どちらも音響機器メーカーのAKGによって調整されたステレオスピーカーを搭載しています。AKGはサムスンに買収されましたのでその恩恵がここで炸裂しています。AKGのイヤホンがついているのもお得感あります。

音質の良さはどちらもお墨付きです。

価格を比較

Galaxy Note 10+は約11万円〜となっています。フラッグシップかつ発売直後なので仕方ないです。

ちなみにGalaxy S10のイオシスでの白ロムはは77,800円〜となっておりコスパが爆発しています。

Galaxy S10も発売時は約10万円〜でしたが、いまでは価格が下がり、ドコモでもおかえしプログラム適用で59,616円〜とかなり安くなっています。この超ハイスペックでこの価格はめちゃくちゃ安いです。

Galaxy Note 10+とGalaxy S10のどちらを選ぶべきか?

これらを踏まえて、Sペンを使いたくて大画面がよければGalaxy Note 10+をおすすめします。

圧倒的なハイスペックをお得すぎるコスパで購入したいのであれば間違いなくGalaxy S10をおすすめします。ほぼ同じ性能ながらかなり価格が下がってきているのでお買い得です。あなたはどちらを選びますか?

‪Galaxy Note 10を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

楽天モバイル・ドコモ・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

Samsung Galaxy Note 10+ Dual SIM (SM-N9750/DS) 12GB/256GB 6.8インチ LTE SIMフリー Qualcomm SDM855 Snapdragon 855 [並行輸入品] (Aura Glow/オーラグロー)
Samsung

ケースもお忘れではないですか?


おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

Add Comment

Click here to post a comment