スポンサーリンク

Galaxy Note 10は何版(SIMフリー/ドコモ/au/ソフトバンク)を買うべきか?

スポンサーリンク
スマホ Galaxy
スポンサーリンク

まもなく発表がせまったGalaxy Note 10ですが、ぼちぼちリーク情報が出てきています。それもたくさんね。

ついに発表された世界のフラッグシップスマホ、Galaxy Note 10。

Galaxy Note 10は今年もドコモなど国内キャリアからも発売されるでしょうから、海外のSIMフリー版とそれらの国内版の違いや運用方法について見ていきましょう。

‪Galaxy Note 9を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

Samsung Galaxy Note 9 SM-N960 128GB/6GB 6.4” QHD+ sAMOLED Factory Unlocked GSM (No CDMA) – International Version sim free (Midnight Black) (Ocean Blue)
Samsung

ケースもお忘れではないですか?

あなたに読んでほしい‪Galaxy Note 9の記事


スポンサーリンク

Galaxy Note 10の海外版は技適に対応している?

Galaxy Note 10の海外版は技適に対応していないと思われます。Galaxyはこれまでも海外版は技適に未対応だったのでGalaxy Note 10も同じでしょう。

とはいえ技適非対応のスマホを使っているからといって捕まった人なんて見たことないですが、一応ダメなんだよということを念頭に置いておいてください。

Galaxy Note 10の発売日

Galaxy Note 10は8月7日に発表される予定です。これまでどおりなら、そこから1ヶ月以内に発売されると思われます。

グローバルでは8月23日から発売予定です。

国内版(ドコモ・auなど)の発売日

2019年の秋モデルとして10〜11月頃に発売されるでしょう。まだどのキャリアから発売されるかはわかっていません。

Galaxy Note 10のスペック

それではスペックをみていきましょう。

Galaxy Note 10とGalaxy Note 10+の2種類になる

Galaxy Note 10はGalaxy Note 10とGalaxy Note 10+の2種類が発売されるといわれています。

Galaxy Note 10はなんとGalaxy Note 10とGalaxy Note 10+の2サイズのラインナップとなりました。

画面サイズは6.3インチと6.8インチ

Galaxy Note 10は6.3インチ、Galaxy Note 10+は6.8インチの画面サイズになりました。6.3インチはほぼ従来どおりですが、6.8インチがすごいですね。ほぼiPad mini。

パンチホール型ノッチ採用でさらにベゼルレスが進む

Galaxy S10と同じパンチホール型ノッチを採用しているのでベゼルレスがさらに進み、本体サイズはそれほど大きくなっていません。

イヤホンジャックとBixbyボタンも無くなる

なんとついにあの忌まわしきBixbyボタンがなくなるようです。イヤホンジャックも無くなってしまいそうです。

孤軍奮闘していたGalaxyシリーズですが、ついにイヤホンジャックが廃止されてしまいました。時代の流れですな。

こちらは朗報であのまったく働かない給料泥棒のBixbyボタンも廃止になりました。日本ではメインとなるBixbyボイスが使えないので本当に何の意味もないボタンでした。

Galaxy Note 10の特徴

Galaxy Note 10の特徴は下記のとおりです。

  • さらにベゼルレスが進んだディスプレイ
  • パンチホール型ノッチ
  • クアッドレンズカメラ搭載
  • 恒例のSペン

着実に進化している感がありますね。

海外版はFelicaやおサイフケータイに対応しているのか

海外版のGalaxy Note 10はFelicaやおサイフケータイなどの日本独自の機能には未対応です。Felicaやおサイフケータイが使いたい場合は国内版を買いましょう。

価格

Galaxy Note 9が約13万円だったので、同じぐらいの価格になると考えられます。また価格がわかったら更新いたします。

  • Galaxy Note 10 LTE:949ドル(約100,700円)〜
  • Galaxy Note 10 5G:1049ドル(約111,300円)〜
  • Galaxy Note 10+ LTE:1099ドル(約116,600円)〜
  • Galaxy Note 10+ 5G:1299ドル(約137,800円)〜

ちなみにGalaxy Note 9は5万円台まで下がっています。

‪Galaxy Note 9を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

Samsung Galaxy Note 9 SM-N960 128GB/6GB 6.4” QHD+ sAMOLED Factory Unlocked GSM (No CDMA) – International Version sim free (Midnight Black) (Ocean Blue)
Samsung

ケースもお忘れではないですか?

あなたに読んでほしい‪Galaxy Note 9の記事


対応周波数

Galaxy Note 10の詳細スペックはまだわからないので、前作Galaxy Note 9の対応周波数を見てみましょう。Galaxyは毎回この対応周波数なのでGalaxy Note 10も下記のようになると思われます。

周波数 docomo版 au版 グローバル版 各社の使用周波数
バンド1(2.0GHz) docomoのメインバンド、auの山間部や田舎、SoftBankのメインバンド
バンド2(1.9GHz)
バンド3(1.7GHz) docomoの東名阪、SoftBankが使用、ワイモバイルのメインバンド
バンド4(AWS)
バンド5(850MHz)
バンド7(2.6GHz)
バンド8(900MHz) SoftBankのプラチナバンド
バンド11(1.5GHz) auが使用、SoftBankが使用
バンド12(700MHz)
バンド13(700MHz)
バンド17(700MHz)
バンド18(800MHz) auのメインバンド
バンド19(800MHz) docomoのプラチナバンド
バンド20(800MHz)
バンド21(1.5GHz) docomoの北海道、東北、四国、北陸
バンド26(800MHz)
バンド28(700MHz) docomoのプラチナバンド、auのプラチナバンド、SoftBankのプラチナバンド
バンド29(700MHz)
バンド32(1.5GHz)
バンド38(2.6GHz)
バンド39(1.9GHz)
バンド40(2.3GHz)
バンド41(2.5GHz) auのWiMAX2+、SoftBankのAXGP
バンド42(3.5GHz)

docomoの回線もしくはdocomo系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:当然問題なく使えます。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、docomoのプラチナバンドであるバンド19に未対応なので田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

ドコモで購入した本体の場合、ドコモ系回線で使用するのであれば何もしなくても問題ありません。しかし、auで購入した本体の場合プラチナバンドに対応していないので田舎では使えない場所がでてきます。グローバル版であれば問題ありません。

au・もしくはau系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:auのメインバンドであるバンド19に未対応の為実質使えません。
  • au版の本体:当然問題なく使えます。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

auで購入した本体の場合、au系回線で使用するのであれば何もしなくても問題ありません。しかし、ドコモで購入した本体の場合メインの周波数に対応していないので実質使えません。グローバル版であれば問題ありません。

SoftBank・もしくはSoftBank系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

ドコモで購入した本体の場合、ソフトバンク系回線で使用するのはほぼ問題ないですがプラチナバンドには非対応です。auで購入した本体の場合もほぼ問題ないですがプラチナバンドに非対応です。グローバル版であれば問題ありません。

まとめ

発売が非常に楽しみなGalaxy Note 10。相性があえば各社のSIMで使用できます。Galaxy Note 9も当初からかなり安くなったのでおトク感があるので悩むところですが、最強スペックを手に入れるならGalaxy Note 10です。

‪Galaxy Note 9を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

Samsung Galaxy Note 9 SM-N960 128GB/6GB 6.4” QHD+ sAMOLED Factory Unlocked GSM (No CDMA) – International Version sim free (Midnight Black) (Ocean Blue)
Samsung

ケースもお忘れではないですか?

あなたに読んでほしい‪Galaxy Note 9の記事



おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

コメント