Android COSMO COMMUNICATOR スマートフォン

COSMO COMMUNICATORを購入レビュー。どこでも仕事できる。

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。

このご時世に折りたたみでキーボードつきの超変態端末、COSMO COMMUNICATOR。

キーボードが最高でもっぱら最近のブログはCOSMO COMMUNICATORで執筆しています。

ということでミスター人柱の私はもちろん購入しましたのでさっそくレビューしていきたいと思います。

COSMO COMMUNICATORのスペックや特徴

まずはCOSMO COMMUNICATORのスペックや特徴を見ていきましょう。

COSMO COMMUNICATORのスペック表

COSMO COMMUNICATOR
ストレージ容量(ROM) 128GB
価格 100,000円〜
CPU MediaTek Helio P70
メモリ(RAM) 6GB
ディスプレイサイズ 5.99インチ
解像度 2160×1080 403ppi
本体サイズ 171×79.3×17.3mm
重量 326g
メインカメラ 24MP(シングルカメラ)
インカメラ 5MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 非対応
SDカード 対応
認証方法 指紋認証、顔認証
おサイフケータイ 非対応
イヤホンジャック 搭載
バッテリー容量 4220mAh
カラーバリエーション ブラック

COSMO COMMUNICATORの特徴

  • QWERTYキーボードを搭載
  • 開くと現れるキーボード
  • 通話が可能
  • 閉じた状態でも通知が見られるサブディスプレイを搭載
  • 指紋認証を搭載
  • 天板側にカメラを搭載

とにかく入力しやすいキーボードに通話などの必要最低機能をしっかり搭載しており、かなり使いやすい端末にしあがっています。

COSMO COMMUNICATORの付属品

  • 充電器
  • USB Cケーブル
  • 簡易説明書
  • SIMピン

オーソドックスなセットなんですが、注目してほしいのはその箱。

COSMO COMMUNICATORの折りたたみギミックを再現しています。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
これはオタク心をくすぐるな。

COSMO COMMUNICATORのデザイン

それでは実際のCOSMO COMMUNICATORのデザインをみていきましょう。

背面にサブディスプレイを搭載

背面にはサブディスプレイを搭載しました。

本体を開かなくても通知や時間を確認できます。地味ですがおかげでメイン端末として日常使用できるようになりました。

ただこのあたりの作り込みは甘く、一応タッチパネルなんですが、サクサク動く感じではありません。

メールを見たりもできるんですが、何テンポか遅れてヌルーっと動きます。

あと時々なにも表示しなくなることもあります。そういう時は本体を再起動してやる必要があります。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
でもサブディスプレイは便利やで。

とにかく入力しやすいキーボード

COSMO COMMUNICATORの売りであるキーボード。

安定感もありとにかく入力しやすいです。

ストロークもしっかり確保されているので打鍵感もばっちりです。

キーピッチも広いので机において両手でブラインドタッチすることも可能です。

新幹線の机やバスで膝の上でも作業できる

この大きさなので、新幹線の小さな机の上でも快適に作業できます。

なんとバスで膝の上でも問題なし。

ほんとにどこでも作業ができてしまいます。

ついにカメラを搭載

前作Gemini PDAではカメラはモジュールで後付けでしたが、今回ははじめからカメラを搭載しています。

さすがにGalaxyやiPhone 11 Proのカメラにはかないませんが、かなり実用的なものにはなっています。

割と見た目に忠実な色合いを再現できています。

COSMO COMMUNICATOR単体で撮影してSNSや記事に投稿できるのですごく楽ちんです。

指紋認証や顔認証にも対応

なんと背面パネルに指紋認証を搭載しています。とはいえ精度はかなりイマイチなので、自分はオフにしています。

本体を開いたあとに背面パネルを触ってオフにするという動作もスムーズではありません。

あとはAndroid標準のSmartLockによる顔認証にも対応しています。こちらの精度は普通です。

イヤホンジャック搭載。スピーカーの音質もなかなか良い

なんとCOSMO COMMUNICATORはイヤホンジャックを搭載しています。

このご時世にありがたい。場所はキーボードの左側です。

COSMO COMMUNICATORにイヤホンジャックはある?

そしてスピーカーの音質は全然期待していなかったのですが、結構良いです。

画面側にしっかりステレオスピーカーを搭載しています。

音量もけっこう大きな音を出しても割れたり歪んだりしないですし、低音もなかなか出ています。

通話もばっちり対応

COSMO COMMUNICATORはこんな見た目ですがしっかり通話もできます。

画面を開いた状態でも閉じた状態でもどちらでもOKです。

日本語対応

COSMO COMMUNICATORはちゃんと日本語に対応しています。

言語で日本語を選びます。

初期設定で日本語を選ぶだけ。

そして日本語入力にも対応しています。キーボードをフル活用できます。

記号は少し癖がありますが、なんとか慣れる範囲です。

デフォルトでは「ー」長音がシフト+ファンクションキー+0というかなり癖のある入力方法なんですが、これは先人によるアプリをインストールすることで回避可能です。

こちらの記事で詳しく解説しています。

COSMO COMMUNICATORの日本語化と日本語入力(ローマ字、長音)の設定方法

画面回転の設定

Planetメニュー→App Bar→右上のSettingsから画面回転の設定ができます。

App Bar→Settings

Force Landscapeをオンにすると横画面で固定、Force Portraitをオンにすると縦画面で固定することができます。

強制的に画面表示を縦に回転することもできる

シフト+ファンクションキー+Rで画面表示を縦に回転させることも可能です。

Twitterなどの縦長表示が基本のアプリでも問題なく見ることができます。

主要なアプリの表示を確認

さまざまなアプリが実際にどのように表示されるのか見ていきましょう。

Twitter

横表示だとタイムラインは見にくいですが、縦回転すると全然問題ありません。

ちなみにTweetDeckだと横表示でもめちゃくちゃ見やすいのでおすすめです。

Instagram

Instagramも横表示だと厳しいです。

しかし縦表示なら見やすいです。

SNS系は縦表示にして見るのが良いですね。

Chrome

ウェブは横表示だとPCサイトの表示になり情報量が多く見やすいです。

縦表示だといつものスマホの表示です。画面サイズが約6インチなのでかなり大きいです。

ワイヤレス充電(Qi)には非対応

ワイヤレス充電には対応していないので諦めましょう。

COSMO COMMUNICATORは格安SIMで使えるのか

しっかり格安SIMで使えます。しかも主要なメーカーだとプリセットで登録されていますので、SIMを入れるだけで使えます。

詳しくはこちらに記事にしています。

COSMO COMMUNICATORは格安SIMで使えるのか?

各通信会社との詳しい相性はこちらに記事にしています。

COSMO COMMUNICATORのSIMフリー版はドコモ・au・ソフトバンクで使えるのか?

COSMO COMMUNICATORの電池持ち

COSMO COMMUNICATORの電池持ちはかなり良いです。

朝10時から使い始めて夜23時まで13時間使いたおして39%も残ります。これだけ持てば十分ですね。

詳しくはこちらに記事にしています。

COSMO COMMUNICATORのバッテリーの電池持ちをチェック

まとめ

COSMO COMMUNICATORはこの時代にはめずらしいキーボードつきの折りたたみ端末です。

そのキーボードはほんとに使いやすく、おかげで新幹線やバスなどあらゆるところが作業スペースに変わります。

見た目は変態端末ですが、しっかり日常使いできる端末として作り込まれているので安心して使用できます。

これ1台でどこでも作業ができるこの快適さ、ぜひ味わってみてください。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

Add Comment

Click here to post a comment