エアマックス1のサイズ感をレビュー!他モデルとの比較も解説

エアマックスシリーズの中でも、幅広い層に人気がある、エアマックス1。
街でもよく見かけますし、確かにカッコイイですよね!

「これから欲しい!」って人も、多いはずです。
何と言っても私もその一人です!

ただ、ネットで買うとなると気になるのが「サイズ感」。
「ネットで欲しいカラーを見つけたけど、サイズは何cmをチョイスすればイイんだろう??」
と悩んでしまいますよね。

そこで!
今回はエアマックス1のサイズ感を詳細にレビューします。

ぜひ、ネットで購入する際の参考にしてください!

スニーカーを購入するなら

新着限定モデルはこちらのセレクトショップがおすすめ!

入手困難な限定モデルや過去のモデルはこちらから

定番モデルは安心の公式ストアから

スポンサーリンク

エアマックス1サイズ感の特徴を解説

エアマックス1は、今につながるエアマックスシリーズの元祖として、1987年に発表されたモデルです。

このエアマックス1の、実際に履いた時のサイズ感をレビューしていきます!

つま先の窮屈さ

パッと見ではさほど感じませんが、つま先部分はややタイトな作りになっています。
日本人にとって、「NIKEのスニーカーは型が細め」と言われるのは、この辺に理由があるのかもしれません。

とはいえ、窮屈に感じるほどではないです。

横幅の細さ

横幅の細さは、さほど感じません。
むしろオーソドックスなフィット感です。

甲の高さの締め付け感

甲の部分の締め付け感も感じる事はありません。
その辺は、シューレースでも調節できますし問題ありません。

トータル的に、極端にタイト、などという事はないのでジャストサイズでOKです。

エアマックス1のサイズ感を他のスニーカーと比較

では、エアマックス1のサイズ感を、他のメジャーなモデルと比較してみましょう!
比較するスニーカーのサイズを、26.0cmとしてエアマックス1と比較してみます。

エアマックス95と比較

個人的にはエアマックス95の方が、特につま先部分のタイトさを感じます。
エアマックス95が26.0cmであれば、エアマックス1も同じ26.0cmで問題ないです。

エアマックス97と比較

エアマックス1に比べて、エアマックス97の方がタイトな作りなので、
エアマックス97が26.0cmであれば、エアマックス1も同じ26.0cmで大丈夫です。

エアフォース1と比較

https://www.instagram.com/p/BvyTGV3h23I/?utm_source=ig_web_copy_link
エアフォース1の方が全体的にゆとりのある作りなので、エアフォース1が26.0cmであれば、エアマックス1は0.5cmアップして26.5cmをオススメします。

ニューバランス574と比較

ニューバランスのスニーカーに比べると、エアマックス1はつま先周りがタイトに感じられます。
ニューバランス574で26.0cmを履いているのなら、エアマックス1は0.5cmアップの26.5cmが良いです。

アディダス スタンスミスと比較

スタンスミスよりも、エアマックス1は全体的にフィット感が高い作りです。
もしタイトさが苦手なら、エアマックス1は0.5cmアップして、26.5cmをチョイスするといいですよ。

コンバース オールスターと比較

コンバース・オールスターに比べると、エアマックス1の方がホールド感が高い分、サイズ感は小さく感じられるかもしれません。
なので、オールスターで26.0cmを履いている場合は、エアマックス1は0.5cmアップして26.5cmがいいサイズです。

エアマックス1を今すぐゲットしよう!

エアマックス1の人気は、発売から20年以上経っても全く衰えません。
今回のエアマックス1のサイズ感レビューを参考にして、早速エアマックス1をゲットしましょう!

スニーカーを購入するなら

新着限定モデルはこちらのセレクトショップがおすすめ。

入手困難なモデルはこちらから

即完売となった入手困難なモデルや過去のモデルはプレ値(プレミア価格)がついていますがこちらのショップがおすすめ。

定番モデルは安心の公式ストアから

各メーカーの公式ストアはこちら。

スニーカーのお手入れの必需品をお忘れなく

お手入れは最近話題のジェイソンマークがおすすめ。防水スプレーを振ることで汚れにも強くなります。スニーカー買ったら履く前に振っておきましょう。

この記事を書いたのは

マルチ_プロフィール

マルチ
メンバーカラーはライトブルー。普段は珈琲を愛しロードバイクで移動するアクティブ派。うちではスニーカーの記事を主に書いていますが、ファッションや音楽(特にHIP HOP)、野球やサッカーなどスポーツについても書ける多彩さが売り。さらには「モテる男」になるための記事の執筆経験もあるまさに「マルチ」なライター。
ブログ「魅力的な男」研究所はこちら

この記事をシェアしよう

スポンサーリンク