格安SIM

5Gスマホは格安SIM(4G)で通話・通信できるのか?使える?

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。もちろん無料や。

いよいよサービス開始した5G。

その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。

逆にSIMはこれまでどおりの4Gの格安SIMで、中古の5G対応のスマホで使えるかどうかという疑問が出てきますよね。

ということで5G開始直後にau 5Gを契約した私が実験してみました。

AQUOS R5Gを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

5Gとは?

第5世代移動通信システムの略で、これまでの4GやLTEと呼ばれた第4世代から10倍近い通信速度になっています。

いままでの4G格安SIMは5Gスマホで通信できるのか

ということでau 5G対応のスマホであるAQUOS R5Gに格安SIMを挿してみましょう。

格安SIMはau系格安SIMのQTモバイル(Aプラン)です。

AQUOS R5Gは対応周波数的にはauの4G LTEにも対応しています。

同じau系の格安SIMなので、SIMロック解除は不要です。一応SIMロックは解除していましたが。

ということでQTモバイルのSIMをAQUOS R5Gに挿してみます。

いつもの4G用のAPNを設定すると、なんと早速つながりました。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
普通に繋がったやんけ

ChromeやTwitterなどいろいろ試してみましたが、普通に問題なく通信できていました。

4Gの格安SIMは5GスマホでauVoLTEで通話できるのか

じゃあ通話はどうなんだとお思いですよね。

特にauは本体との相性が結構あり、一筋縄ではいかないことが多いです。

なんと普通にVoLTEで通話もできています。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
余裕やったな

4Gの格安SIMは5Gスマホで通話も通信も可能

結論は普通にこれまでと変わらず5Gスマホでも通話も通信も可能ということです。

本体との相性や対応周波数やSIMロックの関係はこれまで通りですので、購入の際はそちらをうちのサイトでチェックしておいてください(宣伝)

AQUOS R5Gを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。
詳しいプロフィールはこちら

Add Comment

Click here to post a comment