WiMAX2+モバイルルーターW01の電池パックが膨張!原因と対策!

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

このお盆休みの間に自分のWiMAX2+ルーターが不幸な事故に会いましたので報告いたします。

といっても自分の不手際が原因なんですけどね。

スポンサーリンク

WiMAX2+ルーターのバッテリーがパンパンに膨らんだ

ご覧の通りです。

WiMAX2+のモバイルルーターW01(HUAWEI製)がパンパンに膨らんでおります。

がっつり中から膨らんでいますね。痛ましい事件です。

なぜ膨らんだのか?

理由は簡単です。

このように真夏の超快晴の日に窓際にルーターを置いていた為です。

そうすると車のダッシュボードのように非常に高温になってしまっていました。

その結果がこの有様(Early summer)です。完全に高温での稼働となっており膨らんでしまいました。

このまま膨らんで飛んでいってしまうかと思いました。

直射日光はダメ、ゼッタイ!



出典:W01取扱説明書

W01の取扱説明書を見たところ、このように直射日光の当たる場所や高温下で使用しないでくださいという記述のオンパレードです。

はい、申し訳ありません。

高温時のモバイルルーターの動作状況

驚き

我が家ではW01を2階の窓際に置いています。

異変に気づいた時、1階で使用しよう(韻を踏んでますよ)としていた普段Wi-Fi接続しているiPhoneやGalaxy S8+が軒並みWi-Fiが切れている状態でした。

慌てて2階のW01の元に駆け込みました。

「高温のためシャットダウンします。」という表示

すると本体の電源が何故か切れており、おかしいと思って触れると異常に高温になっていました。

慌てて電源を入れると一旦立ち上がったものの「高温のためシャットダウンします。」という表示とともに宣言通りシャットダウンなさりました。

そして本体をよく見ると先ほどの写真の通り膨らんでいたのです。

なぜ窓際で使用していたのか?

なぜ

これについては簡単です。

WiMAX2+は屋内では非常に繋がりにくいという問題があるからです。

WiMAXは屋内では繋がりにくい!

WiMAXの周波数は2.5GHzというかなり高い周波数を使用しています。例えばdocomoのメイン周波数は2.0GHz、プラチナバンドはさらに低い800MHzです。

周波数が高いほど山間部や建物の中まで電波が届きにくくなります。


出典:UQ WiMAX公式ページ

公式ページにもこのような記載があります。

「WiMAXの電波は建物の中では繋がりにくいのでしょうか?」という質問に対して一旦は「サービスエリア内であれば、屋内においてもご利用できます。」と答えています。

しかしすかさず「ただし、サービスエリア内でも電波が伝わりにくい場所(屋内、車中、地下、トンネル内、ビルの陰、山間部など)では、通信できなかったり通信速度が低下する場合があります。」というフォローを忘れません。やることがニクいね!

つまり「状況による」ということでしょう。

だいぶ整備したので繋がるとは思うけど周波数的に屋内は苦手なのでいけるかどうかわからないといったところですね。

窓際に置くと電波は改善されるが高温には気をつけよう

太陽

そんなWiMAXなので建物内では電波が届きにくいですが窓際に置くとかなり電波は改善されます。

我が家でも普通に部屋の中ではアンテナは0本ですが、窓際に置くことでようやく3本アンテナが立ちます。

しかし設置する際は直射日光に当たらないようにカーテンをするなど何かしらの工夫をしましょう。

膨らんだバッテリーは危険なのか?

妊娠

ここでふと「膨らんだバッテリーは危険なのか?」という疑問がわき上がってきました。

電池パックは、ご使用条件により、寿命が近づくにつれて膨れる場合があります。これはリチウムイオン電池の特性であり、安全上に問題はありません。

出典:NTTdocomo

電池は長期間のご利用により性能が劣化し、膨張する場合があります。これは電池の特性であり、安全上の問題はありません。
電池の膨張は、不具合ではありませんが、性能が劣化している場合は、電池交換修理をお勧めいたします。

出典:au

携帯電話の電池パックが膨らむ事象について、複数のお問い合わせをお受けしておりますが、この事象はリチウムイオン電池の特性として、充放電の繰り返し、高温環境下におけるご利用によって電池の劣化が進む過程で生じるものであり、正しくご使用される限り、電池パックが膨らむことによる異常な発熱、および破裂など安全上の恐れはございません。今後もご安心してご使用いただけますようお願いいたします。

出典:SoftBank

キャリアからの案内を見る限りは膨らんでも安全上問題はないということです。

それ以外でもバッテリーの膨張の危険性について調べてみましたが「電池パックの膨張は危険!」と声を大にして謳っているところは大体iPhoneなどスマートフォンの修理業者ばかりで、「あ、危険性を煽って修理費で儲けようとしているな」という魂胆が見え見えでした。

例えるなら「包茎は危険だ!」と煽って包茎手術産業を作りだし一儲けした高須クリニックの院長のような手法です。

しかしSoftBankのページで下記のような記述を見つけました。

高温となる場所(火のそば、暖房器具のそば、炎天下の自動車内など)にて携帯電話を使用したり、放置したりすると、機器の変形や故障、電池パックの液漏れ、異常な発熱、破裂、発火などの原因となることがあります。

出典:SoftBank

このあたりを総合するとひとまず安全上は問題ないと思うがもしかすると危険かもといった感じでしょうか。

完全に安全とは言い切れなさそうですね。

無償修理できるかもという情報も?

そんなことをTwitterにて投稿したところ、フォロワーさんから無償修理できるかもという情報を頂きました。

またネットで調べてもW01の電池パックの膨張は割と多いようです。

修理に出そう!

ということでひとまず修理に出してみます。

auショップに持っていけば預かり修理になるようです。

我が家ではW01を固定回線代わりに使用していますのでタイミングを見計らって見てもらおうと思います。

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!