Galaxy S9のカメラはGalaxy S8からさらに進化!

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

世界のフラッグシップスマートフォンといえばSamsung Galaxy S9。

Galaxy S9の機能で特におすすめなのはなんといってもカメラ!

Galaxy S9のカメラは本当に素晴らしいんです!

最近のGalaxyシリーズは特にカメラに力を入れており、前回のGalaxy S8でも既に素晴らしい出来でした!

Galaxy S8のカメラについての記事はこちら!

今回のGalaxy S9はそこからさらに進化している訳です!

ということでGalaxy S9のカメラについて解説しましょう!

スポンサーリンク

Galaxy S9のカメラのモード

Galaxy S9にはこれだけのカメラのモードがあります。

  • 自動
  • 選択フォーカス
  • プロ(F値を選択できるようになった)
  • パノラマ
  • 食事
  • スーパースローモーション(Galaxy S9から搭載)
  • AR絵文字(Galaxy S9から搭載)
  • ハイパーラプス

Galaxy S9のカメラの自動モード

基本のモードです。だいたいこれで撮っておけば良い感じに写ります。

Galaxy S9の賢い頭脳が自動で最適な調整をしてくれます。

迷ったらこれって感じです。

Galaxy S9の自動モードで撮影

Galaxy S9の調整はオーソドックスで特別クセなどはない印象です。

Galaxy S9のカメラの選択フォーカスモード

被写体のピントを選んで周りを意図的にぼかしたり、逆に全体にピントを合わせてくっきりパンフォーカスで写したりできるモードです。

まずは選択フォーカスモードを選んで撮ってみます。

選択フォーカスモードで撮った写真

ここから「背景ぼかしを調整」を押します。

すると焦点距離を選ぶことができます。

短焦点を選んだところ

「短焦点」を選ぶとこのように撮る際にピントを合わせた周辺のみにピントが合ってそれ以外が大きくボケます。

上手く使えばかなり味のある画が作れそうです。

長焦点を選んだところ

「長焦点」を選ぶと撮る際にピントを合わせたところ以外の奥行きがはっきり写ります。

パンフォーカスを選んだところ

「パンフォーカス」を選ぶと手前から奥まで全体にはっきりピントが合います。

このように選択フォーカスモードでは写真を撮った後、いつでも好きなようにピントの調整が可能な訳です!

Galaxy S9のカメラのプロモード

プロモードの名の通りマニュアルで細かい設定が可能です。

  • ISO感度
  • F値・シャッタースピード
  • コントラストと彩度のバランス
  • フォーカス
  • ホワイトバランス
  • 露出
  • フラッシュ
  • 測光

こんなに多様な項目を設定できます!

なんといっても今回大きく進化したのが絞り!

F値をF1.5かF2.4かを選択できるようになりました!

F1.5

F2.4

これで暗いところや背景をぼかしたい時はF1.5を選択、逆に全体をはっきり写したい時はF2.4といった使い分けができるようになりました!

Galaxy S9のカメラのパノラマモード

パノラマ撮影ができます。

観光地の景色などを360度ぐるっと撮影して収めることができます!

Galaxy S9のカメラの食事モード

Galaxyシリーズのカメラはなんといっても食事モードがぶっちぎりで強い!

他の機種と比べても断然美味しそうに撮れるんですよ!

例えばiPhone 8と比べてみましょう!

まずはiPhone 8で撮ったもの。

iPhone 8で撮影

こちらはGalaxy S9で撮ったもの。

Galaxy S9で撮影

銀河ギリギリぶっちぎりでGalaxy S9が優勝でしょう!!

他にもGalaxy S9の食事モードではこんな感じで美味しそうに撮れます!

博多の屋台最高!

Galaxy S9のカメラのスーパースローモーションモード

これはGalaxy S9から追加された機能です。

動画の途中のワンシーンをスーパースローで撮影できます!

Galaxy S9のカメラのAR絵文字モード

これもGalaxy S9から搭載された機能です!

自分の顔が3Dのキャラクターの絵文字になります!

Galaxy S9のカメラのハイパーラプスモード

タイムラプスが撮影できます。

かなり長時間の動画をコマ送りに定点観測したような撮り方ができます。

雲の動きとか夜明けの様子などをコマ送りで撮られているのを見たことはないですか?アレです。

まとめ

Galaxy S9のカメラモードは超多彩!

特に食事の撮影にめちゃくちゃ強いんです!!

Galaxy S9のレビュー記事はこちら!

Galaxy S9/S9+のスペック詳細はこちらに記事にしています!

Galaxy S9/S9+のお得な購入方法

一番おすすめは1番のゲオやムスビーなどの白ロム通販ショップからの購入です!

理由はなんといっても専門の通販ショップなので、新品未使用品も中古品も取り揃えていること。一番安心でき適正価格で取引できることです。

各ショップともに各キャリア版もグローバル版もありますので探してみてください!

イオシスから購入

イオシスは安心・安全の超老舗白ロム専門店!安心かつ適正価格で白ロムを購入できます!



Samsung Galaxy S9/S9+ 45,800円~

てかこの価格安すぎませんか!もっと安くなってるかもしれないからクリックして最新情報を見てみて!

ゲオから購入

ご存知ゲオはスマートフォンの取扱いがとにかく豊富!そして実店舗もたくさんありますし安心できます!

ゲオマート【GEO-MART】

ムスビーから購入

ムスビーは国内No.1の中古スマホ取扱い専門店ですのでこちらも安心です!



Amazonや楽天やヤフーショッピングから購入

上記の専門店と比べるとちょっと割高ですがAmazonなどでも購入可能です!

created by Rinker
Samsung
¥75,060 (2018/12/15 17:17:39時点 Amazon調べ-詳細)

Galaxy S9/S9+と一緒にお買い忘れはありませんか?

下記のリンクからケースやフィルムを直接探せます!

Galaxy S9のケースを探すならこちらから!

Galaxy S9+のケースを探すならこちらから!

Galaxy S9のフィルムを探すならこちらから!

Galaxy S9+のフィルムを探すならこちらから!


スマホオタクの私が真剣におすすめする格安SIM4社

普段からスマートフォンを7台持ち歩きたくさんの格安SIMを使うスマホバカの私が真剣におすすめする格安SIMはこちらです!

4つに厳選しましたので正直このどれを選んでもお得で間違いないです!

おすすめ1位 : mineo (ドコモ・au・ソフトバンク回線系)

私が一番オススメするのがmineo。私自身も3回線保有していますし周りの人にも勧めまくっています。

mineoの売りは何と言っても会社の勢いとやる気が他とは違います。

他の格安SIMメーカーって流行に乗って事業を立ち上げたけど廃れたらいつでも辞めてやるぜってな雰囲気が伝わってきますが、mineoはめちゃくちゃ本気で取り組まれていることがわかります。

月額500円からの豊富なプラン、契約者同士でギガを分け合えたり、フリータンクといってギガが足りなくなった時に見知らぬユーザーからギガが貰えたり、他にも通話無料オプションが追加されたり日々進化が見られます。

またサポートも非常に手厚いので私はmineoを強くオススメします!



おすすめ2位 : LINEモバイル (ドコモ・ソフトバンク回線系)

今回のおすすめの中で最も安いのがLINEモバイル!一番安いプランだと月額500円から利用できます!

LINEが運営しているだけあってLINEだけにとどまらず、月額1,100円の3GB以上のプランではTwitterやInstagramなどのSNSもカウントフリーといってギガを消費しません!

速度も他社の格安SIMと比べるとかなり安定しているのでコスパ抜群でおすすめです!

私はLINEモバイルを刺しているスマホでInstagramのストーリーを見まくったりアップしまくったりしています!

それでもギガを消費しないなんて良い時代!

おすすめ3位 : UQ mobile (au回線系)

auの端末をお使いならダントツでオススメ!

UQ mobileは格安SIMの中ではぶっちぎりで速度が速い!

おまけに安さもLINEモバイルほどでは無いものの無料通話もネットもコミコミで月1,980円で利用できます!

他の格安SIMと違いauのサブブランドという安心感もあります。

今auをお使いなら圧倒的におすすめです!

おすすめ4位 : ワイモバイル (ソフトバンク回線系)

ワイモバイルはUQ mobileのライバル!ソフトバンク回線系で高速の格安SIMです!

価格も速度も非常に良い勝負をしています!価格は無料通話もネットもコミコミで月1,980円!速度も格安SIMの中ではUQ mobileと一二を争っています!

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとなっていて実店舗もたくさんありますし安心感があります。

速度も最速レベルで価格も非常に安いのでかなりバランスの取れた格安SIMブランドとなっていて強くおすすめします!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

関連記事(広告ユニット)

関連記事