スマホ

Xperia XZ3はSIMフリー・ドコモ・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?

なんと国産スマートフォンの雄、ソニーからXperiaの最新作Xperia XZ3が発売されました!

今回も日本ではdocomoとauとソフトバンクから供給されています。さらにもちろんSIMフリー版という選択肢もあります。

そこで、あなたはXperia XZ3のどのモデルを買えば良いのか一緒に考えてみましょう!

Xperia 1 Ⅱを購入するなら

本体料金一括総額分割払い実質負担額メリットデメリット
イオシス82,800円〜SIMフリー版やグローバル版や中古品など種類が豊富で安心して購入可能。ヤフオクやメルカリなどで購入するほうが10〜20%ほど安い。
エクスパンシス95,870円〜いち早くグローバル版を入手でき、直接輸入するので安い。イギリスなど海外からの輸入なので少し配送日数(最短5日程度)がかかる。
ドコモ123,552円3,432円/月〜82,368円(スマホおかえしプログラム適用時)24ヶ月以上使い続ける場合、本体代金の割引が適用される。基本使用料金が高い。
au122,500円3,140円/月〜72,220円(かえトクプログラム適用時)24ヶ月以上使い続ける場合、本体代金の割引が適用される。基本使用料金が高い。

本体のみを購入

安くお得に使うなら本体のみ購入するのがおすすめです。キャリアの縛りもなく、いつでも好きな格安SIMに乗り換えるのこともできるので、最終的には最も安く運用することができるからです。

イオシスで購入

スマホ本体を購入するなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMフリー化済みの未使用品、グローバル版、中古品と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

エクスパンシスでグローバル版を購入

日本未発売モデルをいち早く入手したい、カメラのシャッター音がならない、デュアルSIMなどのメリットがあるのがグローバル版です。

グローバル版を直接輸入するならエクスパンシスでの購入がおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証もあるので安心です。

SIMフリー版やグローバル版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ACTIVATE

ソニーのXperiaの新モデルXperia 1 Ⅱが発表されました。 久しぶりのフラッグシップ級のXperiaであり、初…

ドコモ・auで購入する

今後もずっと使い続けるのであれば、基本料金は高いですがドコモやauなら本体代金が割引になります。

ドコモ・auで購入するなら家にいながら契約ができ、契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめです。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

Xperia XZ3のスペックの確認

まずはXperia XZ3のスペックを見ていきましょう。

Xperia XZ3のスペック

Xperia XZ3

Xperia XZ3
OSAndroid 9.0 Pie
画面サイズ6インチ
解像度2880×1440
ディスプレイQuad HD+ P-OLED
プロセッサSnapdragon 845
RAM4GB
内蔵ストレージ64GB
microSD対応
前面カメラ13MP、f/2.2
背面カメラシングルカメラ
13MP、f/1.9
認証センサー指紋認証
バッテリー3330mAh
サイズ158 x 73 x 9.9mm
重さ193g
その他IP65/68防水防塵

Xperia XZ3はOSとしてAndroid Pieを一番乗りで採用しています。

他にはようやくディスプレイに有機ELを採用といった変化があります。

Xperia XZ3の特徴

Xperia XZ3の主な特徴は次の3つです。

  • 有機ELになった美しいディスプレイ
  • 自社のセンサーを使った超高性能カメラ
  • 音質にこだわったスピーカー

有機ELディスプレイ

Xperiaはこれまでかたくなに液晶を貫いてきましたが、Xperia XZ3でついに有機ELディスプレイになりました。有機ELは電力の消費が少ない、黒の再現性が高くコントラストに優れるなどのメリットがあり、ついにXperiaでもその恩恵が受けられるようになりました。

カメラ

他社のスマホでもガンガン採用されているソニーのカメラセンサーですが、もちろんXperia XZ3にもソニーのセンサーが採用されています。

センサーの性能はもとより、ソフト面でもAIによる自動シーン選択が素晴らしく、プレミアムおまかせオートでカメラを向けるだけで勝手にいい感じで撮ってくれます。

カメラのすばらしさはこちらに記事にしています。

関連記事

ソニーの新型スマートフォンXperia XZ3!Xperiaのウリはなんといってもカメラ!他社がデュアルレンズやさらにはトリプルレンズで来る中、Xperia XZ3はシングルレンズで戦ってきました!ということで今回はXp[…]

スマホ

国内版(ドコモ・au・ソフトバンク)と海外版の違い

国内版と海外版の大きな違いは海外版はおサイフケータイやワンセグといった国内仕様の機能が使えないというところです。

海外版はFelicaやおサイフケータイ非対応

海外版のXperia XZ3では残念ながらFelicaやおサイフケータイに対応していません。こういった機能を使いたい場合は国内版を購入しましょう。

Xperia XZ3の価格

Xperia XZ3の価格はドコモでは91,368円(おかえしプログラム適用で60,912円)まで下がってきています。さらにイオシスでは37,800円に値下がり。当初10万円近い価格だったんですがねぇ。おトクになったもんです。

Xperia 1 Ⅱを購入するなら

本体料金一括総額分割払い実質負担額メリットデメリット
イオシス82,800円〜SIMフリー版やグローバル版や中古品など種類が豊富で安心して購入可能。ヤフオクやメルカリなどで購入するほうが10〜20%ほど安い。
エクスパンシス95,870円〜いち早くグローバル版を入手でき、直接輸入するので安い。イギリスなど海外からの輸入なので少し配送日数(最短5日程度)がかかる。
ドコモ123,552円3,432円/月〜82,368円(スマホおかえしプログラム適用時)24ヶ月以上使い続ける場合、本体代金の割引が適用される。基本使用料金が高い。
au122,500円3,140円/月〜72,220円(かえトクプログラム適用時)24ヶ月以上使い続ける場合、本体代金の割引が適用される。基本使用料金が高い。

本体のみを購入

安くお得に使うなら本体のみ購入するのがおすすめです。キャリアの縛りもなく、いつでも好きな格安SIMに乗り換えるのこともできるので、最終的には最も安く運用することができるからです。

イオシスで購入

スマホ本体を購入するなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMフリー化済みの未使用品、グローバル版、中古品と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

エクスパンシスでグローバル版を購入

日本未発売モデルをいち早く入手したい、カメラのシャッター音がならない、デュアルSIMなどのメリットがあるのがグローバル版です。

グローバル版を直接輸入するならエクスパンシスでの購入がおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証もあるので安心です。

SIMフリー版やグローバル版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ACTIVATE

ソニーのXperiaの新モデルXperia 1 Ⅱが発表されました。 久しぶりのフラッグシップ級のXperiaであり、初…

ドコモ・auで購入する

今後もずっと使い続けるのであれば、基本料金は高いですがドコモやauなら本体代金が割引になります。

ドコモ・auで購入するなら家にいながら契約ができ、契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめです。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

Xperia XZ3のレビュー

カメラは自然に目の前の風景を切り取ってくれますし、ディスプレイも鮮やかな有機ELディスプレイで再現性が素晴らしいです。そしてなにより操作性の安心感が完璧。この安定した操作性というだけでXperiaを選ぶ理由になります。

このあたりの詳細はこちらのレビュー記事をどうぞ。

関連記事

ソニーの最新スマートフォンXperia XZ3!前作Xperia XZ2から画面が有機ELになったり大きな進化がありました。そして国内でもいよいよ発売され、果たして使い勝手はどうなのかと様々な不安があると思います。ということ[…]

Xperia XZ3

Xperia XZ3の発売日はいつ?

  • グローバル:ヨーロッパでは10月5日に発売開始。
  • docomo:2018年11月上旬発売
  • au:2018年11月9日発売
  • ソフトバンク:2018年11月上旬発売

ドコモ版の発売日は?

ドコモの2018年秋冬モデルとして発売されます!2018年11月上旬発売!

au版の発売日は?

au版も同じく2018年秋冬モデルとして発売されます!2018年11月9日発売!

ソフトバンク版の発売日は?

ソフトバンク版も同じく2018年秋冬モデルとして発売されます。2018年11月上旬発売!

Xperia XZ3は何版(docomo、au、SIMフリー)を買うべきか

ここからはあなたが使っている通信会社ごとにどのモデルを買うべきか見ていきましょう。

この記事は技適認証を受けていない端末の使用を推奨するものではありません。

Xperia XZ3の各モデルの対応周波数

まずは本体の対応周波数です。

バンドdocomo版au版SoftBank版グローバル版
(H9493)
備考
バンド1(2.0GHz)docomoのメインバンド、auの山間部や田舎、SoftBankのメインバンド
バンド2(1.9GHz)
バンド3(1.7GHz)docomoの東名阪、SoftBankが使用、ワイモバイルのメインバンド
バンド4(AWS)
バンド5(850MHz)
バンド7(2.6GHz)
バンド8(900MHz)SoftBankのプラチナバンド
バンド11(1.5GHz)auが使用、SoftBankが使用
バンド12(700MHz)
バンド13(700MHz)
バンド17(700MHz)
バンド18(800MHz)auのメインバンド
バンド19(800MHz)docomoのプラチナバンド
バンド20(800MHz)
バンド21(1.5GHz)docomoの北海道、東北、四国、北陸
バンド26(800MHz)
バンド28(700MHz)docomoのプラチナバンド、auのプラチナバンド、SoftBankのプラチナバンド
バンド29(700MHz)
バンド32(1.5GHz)
バンド38(2.6GHz)
バンド39(1.9GHz)
バンド40(2.3GHz)
バンド41(2.5GHz)auのWiMAX2+、SoftBankのAXGP
バンド42(3.5GHz)

docomo・もしくはdocomo系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:当然問題なく使えます。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、docomoのプラチナバンドであるバンド19に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • ソフトバンク版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、docomoのプラチナバンドであるバンド19に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

au・もしくはau系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:auのメインバンドであるバンド18に未対応の為実質使えません。
  • au版の本体:当然問題なく使えます。
  • ソフトバンク版の本体:auのメインバンドであるバンド18に未対応の為実質使えません。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

SoftBank・もしくはSoftBank系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • ソフトバンク版の本体:当然問題なく使えます。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

まとめ

新たに搭載された有機ELなど進化したXperia XZ3。後継機のXperia 1やXperia 5などが発売になり、かなりお買い得になっていますのでコスパ重視ならすごくおすすめです。

Xperia 1 Ⅱを購入するなら

本体料金一括総額分割払い実質負担額メリットデメリット
イオシス82,800円〜SIMフリー版やグローバル版や中古品など種類が豊富で安心して購入可能。ヤフオクやメルカリなどで購入するほうが10〜20%ほど安い。
エクスパンシス95,870円〜いち早くグローバル版を入手でき、直接輸入するので安い。イギリスなど海外からの輸入なので少し配送日数(最短5日程度)がかかる。
ドコモ123,552円3,432円/月〜82,368円(スマホおかえしプログラム適用時)24ヶ月以上使い続ける場合、本体代金の割引が適用される。基本使用料金が高い。
au122,500円3,140円/月〜72,220円(かえトクプログラム適用時)24ヶ月以上使い続ける場合、本体代金の割引が適用される。基本使用料金が高い。

本体のみを購入

安くお得に使うなら本体のみ購入するのがおすすめです。キャリアの縛りもなく、いつでも好きな格安SIMに乗り換えるのこともできるので、最終的には最も安く運用することができるからです。

イオシスで購入

スマホ本体を購入するなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMフリー化済みの未使用品、グローバル版、中古品と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

エクスパンシスでグローバル版を購入

日本未発売モデルをいち早く入手したい、カメラのシャッター音がならない、デュアルSIMなどのメリットがあるのがグローバル版です。

グローバル版を直接輸入するならエクスパンシスでの購入がおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証もあるので安心です。

SIMフリー版やグローバル版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ACTIVATE

ソニーのXperiaの新モデルXperia 1 Ⅱが発表されました。 久しぶりのフラッグシップ級のXperiaであり、初…

ドコモ・auで購入する

今後もずっと使い続けるのであれば、基本料金は高いですがドコモやauなら本体代金が割引になります。

ドコモ・auで購入するなら家にいながら契約ができ、契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめです。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

スマホ
最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG