Xperia XZ3は何版(docomo、au、ソフトバンク、SIMフリー)を買うべきか

なんと国産スマートフォンの雄、ソニーからXperiaの最新作Xperia XZ3が発表されました!

今回も日本ではdocomoとauとソフトバンクから供給されることが予想されます。さらにもちろんSIMフリー版という選択肢もあります!

そこで、あなたはXperia XZ3のどのモデルを買えば良いのか一緒に考えてみましょう!

Xperia XZ3を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で購入するならキャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができるスマホ乗り換え.comがおすすめです。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

スポンサーリンク

Xperia XZ3のスペックの確認

まずはXperia XZ3のスペックを見ていきましょう。

Xperia XZ3のスペック

Xperia XZ3

Xperia XZ3
OS Android 9.0 Pie
画面サイズ 6インチ
解像度 2880×1440
ディスプレイ Quad HD+ P-OLED
プロセッサ Snapdragon 845
RAM 4GB
内蔵ストレージ 64GB
microSD 対応
前面カメラ 13MP、f/2.2
背面カメラ シングルカメラ
13MP、f/1.9
認証センサー 指紋認証
バッテリー 3330mAh
サイズ 158 x 73 x 9.9mm
重さ 193g
その他 IP65/68防水防塵

Xperia XZ3はOSとしてAndroid Pieを一番乗りで採用しています。

他にはようやくディスプレイに有機ELを採用といった変化があります。

Xperia XZ3を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で購入するならキャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができるスマホ乗り換え.comがおすすめです。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

Xperia XZ3の発売日はいつ?

  • グローバル:ヨーロッパでは10月5日に発売開始。
  • docomo:2018年11月上旬発売
  • au:2018年11月9日発売
  • ソフトバンク:2018年11月上旬発売

ドコモ版の発売日は?

ドコモの2018年秋冬モデルとして発売されます!2018年11月上旬発売!

au版の発売日は?

au版も同じく2018年秋冬モデルとして発売されます!2018年11月9日発売!

ソフトバンク版の発売日は?

ソフトバンク版も同じく2018年秋冬モデルとして発売されます。2018年11月上旬発売!

Xperia XZ3を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で購入するならキャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができるスマホ乗り換え.comがおすすめです。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

Xperia XZ3は何版(docomo、au、SIMフリー)を買うべきか

ここからはあなたが使っている通信会社ごとにどのモデルを買うべきか見ていきましょう。

この記事は技適認証を受けていない端末の使用を推奨するものではありません。

Xperia XZ3の各モデルの対応周波数

まずは本体の対応周波数です。

バンド docomo版 au版 SoftBank版 グローバル版
(H9493)
備考
バンド1(2.0GHz) docomoのメインバンド、auの山間部や田舎、SoftBankのメインバンド
バンド2(1.9GHz)
バンド3(1.7GHz) docomoの東名阪、SoftBankが使用、ワイモバイルのメインバンド
バンド4(AWS)
バンド5(850MHz)
バンド7(2.6GHz)
バンド8(900MHz) SoftBankのプラチナバンド
バンド11(1.5GHz) auが使用、SoftBankが使用
バンド12(700MHz)
バンド13(700MHz)
バンド17(700MHz)
バンド18(800MHz) auのメインバンド
バンド19(800MHz) docomoのプラチナバンド
バンド20(800MHz)
バンド21(1.5GHz) docomoの北海道、東北、四国、北陸
バンド26(800MHz)
バンド28(700MHz) docomoのプラチナバンド、auのプラチナバンド、SoftBankのプラチナバンド
バンド29(700MHz)
バンド32(1.5GHz)
バンド38(2.6GHz)
バンド39(1.9GHz)
バンド40(2.3GHz)
バンド41(2.5GHz) auのWiMAX2+、SoftBankのAXGP
バンド42(3.5GHz)

docomo・もしくはdocomo系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:当然問題なく使えます。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、docomoのプラチナバンドであるバンド19に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • ソフトバンク版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、docomoのプラチナバンドであるバンド19に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

au・もしくはau系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:auのメインバンドであるバンド18に未対応の為実質使えません。
  • au版の本体:当然問題なく使えます。
  • ソフトバンク版の本体:auのメインバンドであるバンド18に未対応の為実質使えません。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

SoftBank・もしくはSoftBank系の格安SIMを使っている場合

  • docomo版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • au版の本体:メインであるバンド1が対応しているため概ね使えますが、SoftBankのプラチナバンドであるバンド8に未対応であるため田舎のほうや山奥では使えない場合があります。またSIMロックの解除が必要です。
  • ソフトバンク版の本体:当然問題なく使えます。
  • グローバル版の本体:問題なく使えます。

あなたに読んでほしいXperiaの記事

Xperia XZ3を購入レビュー。正統進化したいつものXperia
ソニーの最新スマートフォンXperia XZ3! 前作Xperia XZ2から画面が有機ELに...
Xperia XZ3のスペックや特徴を見てみよう!他のハイエンドスマホとの違いは?
Xperiaといえば、やはり世界的にブランド力のあるSONY産スマホというイメージが強いです。他のス...
Xperia XZ3は何版(docomo、au、ソフトバンク、SIMフリー)を買うべきか
なんと国産スマートフォンの雄、ソニーからXperiaの最新作Xperia XZ3が発表されました! ...

Xperia XZ3の購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Xperia XZ3をイオシスで購入する。:45,800円〜

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップでXperia XZ3を購入する。
ソフトバンクオンラインショップでXperia XZ3を購入する。
auオンラインショップでXperia XZ3を購入する。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で購入するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトクです。

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。ソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comでXperia XZ3に乗り換える。

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

ケースもお忘れなく。


おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

この記事をシェアしよう。

スポンサーリンク