Android Xperia Xperia 1/10/10 Plus Xperia 5 スマートフォン

Xperia 5とXperia 1はどっちを買うべき?(比較)

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。

日本で大人気のXperiaシリーズ。その最新作がXperia 5です。

Xperia 5はXperia 1ほどバリバリではないですが、使いやすいサイズに仕上がっています。ということでXperia 5もXperia 1も先行して輸入して購入し使用していた私がこの両者を比較していきます。

Xperia 5を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

Xperia 5のスペック

まずはXperia 5のスペックを見ていきましょう。

Xperia 5
ストレージ容量 128GB
価格 約94,000円
CPU Snapdragon 855
メモリ(RAM) 6GB
ディスプレイサイズ 6.1インチ
解像度 2,520 × 1,080
本体サイズ 158 × 68 × 8.2mm
重量 164g
背面カメラ 標準12MP(F1.6)+超広角12MP(F2.4) +望遠12MP(F2.4)(トリプルカメラ)
インカメラ 8MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 IP68
SDカード 対応
認証方法 指紋認証
おサイフケータイ 国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック 非搭載
バッテリー容量 3,140mAh
カラーバリエーション ブラック
グレー
ブルー
レッド

Xperia 5の特徴

  • 21:9の超縦長ディスプレイ
  • 画面サイズは6.1インチに
  • Xperia 1より小さくなり扱いやすいサイズに
  • トリプルレンズ搭載
  • 瞳AF搭載

ざっくりいうとXperia 1のハイスペックな性能はそのまま維持しつつ扱いやすくなったのがXperia 5です。

21:9の超縦長ディスプレイ

Xperia 5の一番のウリはこの21:9の超縦長ディスプレイです。Xperia 1から継承されました。前代未聞の超縦長ディスプレイはTwitterのタイムラインやスマホ向けサイトが非常に見やすいです。

Xperia 5の詳しいレビューはこちらに記事にしています。

Xperia 5を購入レビュー。小さいけど大画面

Xperia 1のスペック

つづいてXperia 1のスペックを見ていきましょう。

Xperia 1
ストレージ容量 128GB
価格 約12万円
CPU Snapdragon 855
メモリ(RAM) 6GB
ディスプレイサイズ 6.5インチ
解像度 3,840 × 1,644
本体サイズ 167 × 72 × 8.2mm
重量 180g
背面カメラ 標準12MP(F1.6)+超広角12MP(F2.4) +望遠12MP(F2.4)(トリプルカメラ)
インカメラ 8MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 IP68
SDカード 対応
認証方法 指紋認証
おサイフケータイ 国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック 非搭載
バッテリー容量 3,330mAh
カラーバリエーション ホワイト
ブラック
グレー
パープル

Xperia 1の特徴

Xperia 1の特徴は次の3つです。

  • 美しい4K HDR有機ELディスプレイ
  • 21:9の超縦長ディスプレイ
  • 自社のセンサーを使った超高性能カメラ

妥協なきスペックに超縦長ディスプレイという最強の布陣、それがXperia 1です。

Xperia 1の詳細なレビューはこちらに記事にしています。

Xperia 1を購入レビュー。超縦長画面で俺たちのソニーが帰ってきた

Xperia 5とXperia 1のスペックを比較

それではスペックを比較してみましょう。

Xperia 5 Xperia 1
ストレージ容量 128GB/64GB 128GB/64GB
価格 約94,000円 約12万円
CPU Snapdragon 855 Snapdragon 855
メモリ(RAM) 6GB 6GB
ディスプレイサイズ 6.1インチ 6.5インチ
解像度 2,520 × 1,080 3,840 × 1,644
本体サイズ 158 × 68 × 8.2mm 167 × 72 × 8.2mm
重量 164g 180g
背面カメラ 標準12MP(F1.6)+超広角12MP(F2.4) +望遠12MP(F2.4)(トリプルカメラ) 標準12MP(F1.6)+超広角12MP(F2.4) +望遠12MP(F2.4)(トリプルカメラ)
インカメラ 8MP 8MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)非対応 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 IP68 IP68
SDカード 対応 対応
認証方法 指紋認証 指紋認証
おサイフケータイ 国内版対応、海外版非対応 国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック 非搭載 非搭載
バッテリー容量 3,140mAh 3,330mAh
カラーバリエーション ブラック ホワイト
グレー ブラック
ブルー グレー
レッド パープル

Xperia 5はXperia 1のスペックはほぼ踏襲しつつコンパクトにまとめられてます。

Xperia 5とXperia 1の違い

Xperia 5とXperia 1は次のようなところに違いがあります。

  • Xperia 5のほうが本体サイズは一回り小さい。
  • Xperia 5のほうが約20グラム軽い。
  • Xperia 1のほうが0.4インチ画面サイズが大きい
  • 画面解像度もXperia 1のほうが大きい。
  • バッテリー容量はXperia 1のほうが大きいが、ディスプレイも大きいので実使用感ではあまり変わらない。
  • Xperia 1のほうがホワイトやパープルなど魅力的な色が多い

ほとんど中身は同じで単純に大きいのがXperia 1、小さいのがXperia 5という認識で良いと思います。

CPUや処理性能を比較

どちらもCPUはSnapdragon 855です。現時点で最高スペックのCPUなので、間違いなくサクサクです。

RAM・ストレージ容量を比較

どちらもRAMは6GB。めちゃくちゃ大きいので快適でサックサクです。ストレージ容量はどちらも海外は128GB、国内版は64GBのみとなります。なぜか日本は小さいです。

ディスプレイサイズ・本体サイズ・重量を比較

Xperia 5は6.1インチ、Xperia 1は6.5インチです。Xperia 1のほうが大画面です。

本体サイズもXperia 1のほうが縦横ともに大きいです。重量もXperia 1のほうが約20グラム重たいです。

ディスプレイ画質を比較

Xperia 1の解像度は3,840 × 1,644です。圧倒的な縦方向の情報量です。

Xperia 5の解像度は2,520 × 1,080なので、情報量はXperia 1のほうが多いです。

生体認証を比較

どちらも指紋認証を搭載しています。またAndroid標準のSmartLock機能で顔認証にも対応しています。

精度はどちらも差がありません。

バッテリー容量を比較

Xperia 1のバッテリー容量は3,140mAh、Xperia 1は3,000mAhです。

本体サイズの分だけXperia 1はバッテリー容量が大きいですが、ディスプレイが大きくなる分消費するので、実使用ではどちらもあまり変わりません。

バッテリーのレビューはこちら。

Xperia 5のバッテリーの電池持ちをチェック。

Xperia 1のバッテリーの電池持ちをチェック。モバイルバッテリーいらず

カメラ性能を比較

カメラはどちらも同じトリプルカメラ、超広角レンズを搭載しています。超広角レンズはめちゃくちゃ楽しいですよー。

カメラもレビュー記事に書いています。

Xperia 5を購入レビュー。小さいけど大画面

Xperia 1を購入レビュー。超縦長画面で俺たちのソニーが帰ってきた

防水性能を比較

どちらもIP68という最高クラスの防水防塵性能を備えていますのでご安心ください。

防水防塵性能についてはこちらの記事をどうぞ。

Xperia 5の防水防塵性能IP68とは?

Xperia 1の防水防塵性能IP68とは?

スピーカー・音質を比較

どちらもソニーが手塩にかけて調整したステレオスピーカーを搭載しています。Xperiaといえば高音質が売りですが、どちらの機種も音質の良さはどちらもお墨付きです。

両者で違いは感じられませんでした。

価格を比較

ドコモ、au、ソフトバンクのオンラインストアだとXperia 1は約10万円となっています。Xperia 5は約9万円です。

それがイオシスだとXperia 5は82,800円〜、Xperia 1は60,800円〜となっています。Xperia 1のほうがお得感はあります。

Xperia 1を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

Xperia 5とXperia 1のどちらを選ぶべきか?

これらを踏まえて、普段使いでも扱いやすいほうがよければXperia 5をおすすめします。

どちらも使用した結果、TwitterやInstagramやウェブを見るにあたり、十分超縦長ディスプレイの恩恵に預かれて、片手でも握りやすいXperia 5のほうが良いと思いました。

しかしとにかく大きい画面で圧倒的な情報量を得たいのであれば当然Xperia 1をおすすめします。イオシスだとXperia 5よりも価格が下がってきているのでお買い得です。あなたはどちらを選びますか?

Xperia 5を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

Xperia 1を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

Add Comment

Click here to post a comment