ソニー

Xperia 10のスペックをチェック。日本発売日は?

2019年2月25日、日本時間の午後4時からMWCにて、ソニーの新スマホ、「Xperia 10」が発表されました。「Xperia 1」の発表に目が行きがちですが、Xperia 10もコスパ高そうです!

実はXperia 10、イオシスなどのスマホショップで未使用品が販売されてるぞ!お値段も税込み44,800円(2018年3月8日時点)という悪魔的安さ…!iPhone信者の筆者も、思わず心が「ざわ…ざわ….」してきました…!

今回は驚天動地のコスパを備えているXperia 10のスペックを解説する…!刮目…!刮目せよ…!


イオシスで買うならこちら! ソニー Xperia 10/10 Plus : 44,800円~

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

【日本発売日は?】Xperia 10のスペックをレビュー!

Xperia 10は国内キャリアでの対応は検討段階です。2019年に予定している「通信と端末の分離プラン」に対応する時にXperia 10の導入を検討しているとされていますが、まだ予定です。

一方で、Xperia 10は一部地域で発表当日から販売を開始しています。この差は何なのか…?

一刻も早くXperia 10が欲しいあなた、イオシスで買ってみませんか?5万円弱で買えちゃいますよ…?(本文リンク先:engadget様)


イオシスで買うならこちら! ソニー Xperia 10/10 Plus : 44,800円~

Xperia 10のスペック特徴まとめ

Xperia 10はXperia 1の廉価版という位置づけです。Xperia 1が約12万円するのに対し、Xperia 10は5万円でお釣りが着てしまいます。Xperia 1のほぼ3分の1に迫る勢いですね!

背面カメラもデュアルカメラを搭載しており、イヤホンジャックやマイクロSDカードにも対応。21:9のワイドビュー液晶ディスプレイに加えてハイレゾ音源にも対応しております。

廉価版と言えど、スペック的には十分満足できる仕上がりとなっています!

Xperia 10のCPUは?

Qualcomm Snapdragon 630のCPUを採用しています。Xperia 1はSnapdragon 855なので、CPU性能は抑えられています。

3Dゲームや動画編集など、負荷のかかる処理は期待できません。しかし、SNSや軽いゲーム程度ならば十分でしょう。

Xperia 10のストレージ容量は?

Xperia 10はRAM:3GB/ストレージ容量:64GBモデルのみです。もちろんマイクロSDカードで容量は追加可能です。

廉価版なので本体容量は抑え気味ですが、このままでも十分問題なく使えそうなスペックです。

Xperia 10のディスプレイサイズ・重量は?

Xperia 10は6インチディスプレイを搭載しており、重量は162gです。

重量はGalaxy S9(161g)とほぼ同じです、ディスプレイサイズはXperia XZ3と同じですが、アスペクト比が縦長になっているので注意しましょう。

本体サイズは156 × 68 × 8.4mmです。iPhone XSMaxと同じくらいの縦長さですが、横幅はiPhone XSMaxよりも短く、厚みも増しているイメージです。

サイズや重量などを詳細に比較したい人は、こちらのスペック一覧表をご確認ください。

Xperia 10のディスプレイ画質は?

Xperia 10のディスプレイ画質は2520 × 1080の液晶(IPS)ディスプレイです。やはり有機ELの搭載はお値段的に無理っぽいですね。

もちろんアスペクト比はXperia 1と同じく21:9のワイドディスプレイですよ!

ユーザーの手元にXperia 10が届き始めると、なんとこの縦長ディスプレイが一気に人気に!

「Twitterが見やすい」とか「画面分割が最高」という見事な手の平返し連発!

おまえら初め文句言ってたよなぁ??

Xperia 10のバッテリー容量は?

Xperia 10のバッテリー容量は2870mAhです。3000mAhを切ると少しバッテリー持ちが心配ですね…。ここは思い切ってモバイルバッテリーを購入してみませんか?

筆者のおすすめはコンセント付きモバイルバッテリー。モバイルバッテリーの充電もしながらスマホも充電できるスグレモノ。おまけに充電ポートも複数あります。かなりコスパ良いモノですよ!筆者も使ってます!

Xperia 10のカメラ性能は?

Xperia 10は背面にデュアルカメラ(13MP+望遠5MP)、フロントにシングルカメラ(5MP)を搭載しています。

フロントカメラは解像度8MPが最近の相場なので、少し物足りない印象です。一方でフロントカメラはデュアルカメラ搭載!自撮りには不向きですが、旅先で写真を撮りたい人には良いかもしれません。

Xperia 10はおサイフケータイに対応しているのか?

正式に日本での取り扱いが検討されていないので、現時点では分かりません。海外版がNFCに対応しているかも判明していません。

しかし、日本モデルが発売される場合は、キャリアからの要請でおサイフケータイに対応する可能性を期待してもよいでしょう。

Xperia 10はデュアルSIM(DSDS、DSDV)に対応しているのか?

Xperia 10はデュアルSIMに対応していません。SIMカードトレイとマイクロSDカード専用のポートが1つずつあるのみです。

詳しいカード挿入形状については、こちらの記事を参考にしてください。(リンク先: engadget様)

Xperia 10の防水性能は?

Xperia 10は防水・防塵に対応していません。こういうところでコストカットをしているんですね…。

ただし、例え防水防塵に対応していても水濡れによる故障はメーカーの保証外なので故意に水の中につけるのはやめておきましょう。

スマホの水濡れ故障は防水防塵に対応しても起こり得ます。お風呂で内部結露してしまったり、海水浴しててスマホがサビてしまったらネタにしかなりません。ちゃんと防水ケースをしておきましょう。

水濡れ故障だと修理代金の相場は5万円以上、対して防水ケースは1,000円前後です。後悔先に立たず、悩む前にとりあえず買っときましょう。

Xperia 10のカラーバリエーションは?

Xperia 10は「ネイビー」「シルバー」「ブラック」「ピンク」の4種類に対応しています。

Xperia 1もカラーバリエーションは4種類なので、あとは店頭で実機の色合いを確認したいですね。

Xperia 10の購入は通販サイトがおすすめ!

ここまで記事を読み進めたあなた、頭の中がXperia 10で埋めつくされていませんか?公式から情報も十分に発表されていない中ですが、人柱になる気満々ですね!

一刻でも早くXperia 10を購入したいあなたは通販サイトで取り寄せましょう!最新スマホをおあずけ食らうのは苦しいですよね。ここはサクッと海外版を取り寄せちゃいましょう。

筆者のおすすめは中古スマホ取り扱いサイト「イオシス」さん。ここは中古品から新品の未開封品まで取り扱っているので品ぞろえが豊富です!

さらにさらに、なんと未開封品なら6か月、中古品なら3か月間も保証がついてる!!これはお得だぁーーーー!!!(詳しい保証内容についてはここをクリック

さらにさらにさらに!!!中古スマホで怖いのが赤ロム。なんと前の購入者が代金踏み倒して、キャリアから通信制限をかけられることがあるそうです。怖すぎ!!!

そんな時でもイオシスなら大丈夫!なんと赤ロムになったスマホに対してイオシスは永久保証をしています。つまり保証期間を過ぎても赤ロムになったスマホは返金・交換の対象になるんです!!!もう驚き桃の木20世紀って感じですね(?)。(詳しい赤ロム保証についてはこちらをクリック

スマホを買うべきタイミングは「欲しくなった時」です。「今は時期が悪い」という言葉がインターネットの掲示板ではおなじみのテンプレですが、それを言い出したら一生ハイテク機器など買えません。あなたも自分の気持ちに正直になって、レッツスマホライフ!

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

ソニー
最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG