ソニー

Xperia 1 VS Xperia 10、買うべきスマホは?【スペック比較】

2019年2月25日、日本時間の午後4時からMWCにて、ソニーの新スマホ、「Xperia 1」「Xperia 10」が発表されました。

スペックのXperia 1、コスパのXperia 10といったイメージですが、両者のスペックってどう違うのか、理解してる人は少ないと思います。

今回はXperia 1とXperia 10のスペック比較をしていきます。

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

【スペック比較】Xperia 1 V.S. Xperia 10、買うべきスマホは?

まずはXperia 1とXperia 10の違いを理解するために、それぞれの特徴を確認しましょう。

Xperia 1のスペック特徴まとめ

Xperia 1の特徴は「アスペクト比21:9の4K HDR OLEDディスプレイ」「1秒間に10フレーム撮影できる連射モード」「ゲームパフォーマンスを控除させる”Game Enhancer”機能」「Xperia原点カラー”パープル”も投入」という点です。

「ゲームエンハンサー」機能について、これはゲームの動作最適化や通知オフ、ゲームを録画したりする機能です。

ただし、ソニーのゲーム機と繋がる機能はないそうです。PS4リモートプレイにも対応していないのでしょうか?

実際、受け継がれていないものといったらPlayStationのDNAくらいです。Xperia 1はGame Enhancerという機能を備えていて、通知をオフにしてパフォーマンスを最適化したり、ゲームをプレイしながら録画したりできるのですが、ソニーのゲーム機と橋渡しとなる機能はないのですから。

引用元:engadget

また、「動画を見ながらSNS」を使うことが出来る2画面ユーザーインターフェースを採用。マルチタスクも強化されています。

Xperia 10スペック特徴まとめ

Xperia 10はXperia 1の廉価版という位置づけです。Xperia 1が約12万円するのに対し、Xperia 10は5万円でお釣りが着てしまいます。Xperia 1のほぼ3分の1に迫る勢いですね!

背面カメラもデュアルカメラを搭載しており、イヤホンジャックやマイクロSDカードにも対応。21:9のワイドビュー液晶ディスプレイに加えてハイレゾ音源にも対応しております。

廉価版と言えど、スペック的には十分満足できる仕上がりとなっています!

Xperia 1とXperia 10のスペック違いは?

おおまかな特徴が分かったところで、次は両者の具体的な違いを項目別に見ていきましょう。

CPUを比較!

Xperia 1のCPUはQualcomm Snapdragon 855というオクタコアプロセッサーを搭載しています。

ちなみに、以前のXperia XZ3はQualcomm Snapdragon 845というモデルでした。XZ 1になってCPUパワーが向上したと考えて良いでしょう。

一方のXperia 10はQualcomm Snapdragon 630のCPUを採用しています。CPUの性能を抑える事によって、価格を下げることに成功した感じです。

3Dゲームや動画編集など、負荷のかかる処理は期待できません。しかし、SNSや軽いゲーム程度ならば十分でしょう。

ストレージ容量を比較!

Xperia 1はRAM:6GB/ストレージ:128GBモデルのみです。

一方のXperia 10はRAM:3GB/ストレージ容量:64GBモデルのみです。どちらもマイクロSDカードで容量は追加可能です。

XperiaXZ3の頃はRAM:4GB/ストレージ:64GBモデルのみでした。今回もラインナップを絞ってきています。

ディスプレイサイズ・重量を比較!

Xperia 1は「シネマワイド」と呼んでいる21:9の縦長ディスプレイが特徴です。

スペック的な話をすると、Xperia 1は6.5インチディスプレイで、本体重量は約180gです。6.5インチの大画面ディスプレイは Xperia Z Ultraを彷彿とさせますが、アスペクト比が縦長になっているのがポイントですね。ズルトラ難民は救済されるのでしょうか?

一方のXperia 10は6インチディスプレイを搭載しており、重量は162gです。

重量はGalaxy S9(161g)とほぼ同じです、ディスプレイサイズはXperia XZ3と同じですが、アスペクト比が縦長になっているので注意しましょう。

サイズや重量などを詳細に比較したい人は、こちらのスペック一覧表をご確認ください。

ディスプレイ画質を比較!

Xperia 1のディスプレイ解像度は3,840 × 1,644です。ソニーいわく、「世界初の4K HDR OLEDディスプレイ」です。実際にどのくらいすごいのかは実機で検証しないといけません。しかし、2019年モデルのスマホでディスプレイが美しいモデルの上位には確実に入ってくるでしょう。

一方のXperia 1のディスプレイ解像度は3,840 × 1,644です。ソニーいわく、「世界初の4K HDR OLEDディスプレイ」です。実際にどのくらいすごいのかは実機で検証しないといけません。しかし、2019年モデルのスマホでディスプレイが美しいモデルの上位には確実に入ってくるでしょう。

バッテリー容量を比較!

Xperia 1のバッテリー容量は3,300mAhです。

前機種のXperia XZ3は3,200mAhでしたので、少しバッテリー容量が拡大したという感じですね。

一方のXperia 10のバッテリー容量は2870mAhです。3000mAhを切ると少しバッテリー持ちが心配ですね…。ここは思い切ってモバイルバッテリーを購入してみませんか?

カメラ性能を比較!

Xperia 1はトリプルカメラ(標準12MP+広角12MP+望遠12MP)を搭載しています。恐らくXperiaでトリプルカメラを搭載したスマホはこれが初ではないでしょうか?

また上記でも紹介した「1秒間に10フレーム撮影できる連射モード」や「瞳オートフォーカス」機能にも期待です。ソニーはミラーレスカメラも手掛けているので、この記述をスマホに移植出来たら面白い事になりそうです。

写真に関して言うと、Xperia 1はソニーのスマートフォンとして初めてトリプルリアカメラを搭載。加えて、ソニーのミラーレスカメラ「αシリーズ」から、驚異的な瞳オートフォーカスと1秒に10フレームという連写モードを得ています。

引用元:GIZMODE

一方のXperia 10は背面にデュアルカメラ(13MP+望遠5MP)、フロントにシングルカメラ(5MP)を搭載しています。

フロントカメラは解像度8MPが最近の相場なので、少し物足りない印象です。一方でフロントカメラはデュアルカメラ搭載!自撮りには不向きですが、旅先で写真を撮りたい人には良いかもしれません。

防水性能を比較!

Xperia 1は防水防塵に対応していますが、Xperia 10は防水に対応していません。

しかし、防水防塵に対応しているXperia 1も水濡れによる故障はメーカーの保証外なので故意に水の中につけるのはやめておきましょう。

スマホの水濡れ故障は防水防塵に対応しても起こり得ます。お風呂で内部結露してしまったり、海水浴しててスマホがサビてしまったらネタにしかなりません。ちゃんと防水ケースをしておきましょう。

カラーバリエーションを比較!

Xperia 1のカラーバリエーションは「ホワイト」「ブラック」「グレー」「パープル」の4種類です。

Xperia XZ3から「ブルゴーニュ(レッド)」が無くなり、「パープル」が復活しました。

 Xperia Z2の頃は、カメラも強力で、出荷4000万台で世界を席巻するトップクラスのグローバルメーカーだったSony Mobile。日本らしい高貴な紫色を採用、美しいスマートフォンでした。輝かしい時期を象徴する色が紫であったと思います。

引用元:すまほん!!

一方のXperia 10は「ネイビー」「シルバー」「ブラック」「ピンク」の4種類に対応しています。

Xperia 1もカラーバリエーションは4種類なので、あとは店頭で実機の色合いを確認したいですね。

Xperia 1やXperia 10の購入は通販サイトがおすすめ!

どちらのXperiaを購入するか決めましたか?筆者はXperia 10を買う事にしようと思います。5万円以下で最新スマホが持てるって嬉しいですもんね。

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

Xperia 1を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ACTIVATE

2019年2月に発表されたソニーのXperia 1。 日本でもドコモ、au、ソフトバンクで発売されました。私も海外で発売…

auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ドコモ、ソフトバンクではすでに販売終了となっています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

ソニー
最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG