Xperia 1の海外版の日本語化の方法

日本で大人気のXperiaシリーズの中でも最強スペックのXperia 1。

そんなXperia 1の海外版に日本語が入っているのかどうか気になりますね。大丈夫です。Xperia 1は日本語に対応していますし、簡単に日本語化できます。

ということで実際にXperia 1の海外版を購入した私が日本語化の手順を解説していきます。

Xperia 1を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ACTIVATE

2019年2月に発表されたソニーのXperia 1。 日本でもドコモ、au、ソフトバンクで発売されました。私も海外で発売…

auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ドコモ、ソフトバンクではすでに販売終了となっています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

Xperia 1のスペックや特徴

まずはXperia 1のスペックや特徴を見ていきましょう。

Xperia 1のスペック

Xperia 1
ストレージ容量128GB
価格約12万円
CPUSnapdragon 855
メモリ(RAM)6GB
ディスプレイサイズ6.5インチ
解像度3,840 × 1,644
本体サイズ167 × 72 × 8.2mm
重量180g
背面カメラ標準12MP(F1.6)+超広角12MP(F2.4) +望遠12MP(F2.4)(トリプルカメラ)
インカメラ8MP
充電方法ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵IP68
SDカード対応
認証方法指紋認証
おサイフケータイ国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック非搭載
バッテリー容量3,330mAh
カラーバリエーションホワイト
ブラック
グレー
パープル

Xperia 1の特徴

Xperia 1の特徴は次の3つです。

  • 美しい4K HDR有機ELディスプレイ
  • 21:9の超縦長ディスプレイ
  • 自社のセンサーを使った超高性能カメラ

妥協なきスペックに超縦長ディスプレイという最強の布陣、それがXperia 1です。

Xperia 1の詳細なレビューはこちらに記事にしています。

Xperia 1を購入レビュー。超縦長画面で俺たちのソニーが帰ってきた

Xperia 1の日本語化ははじめに日本語を選ぶのみ

まずXperia 1の電源を入れます。

まずは電源を入れます。

そうすると、言語選択が初めにでてくるんですが、ここに既に日本語があります。

日本語を選びます。

後は日本語を選ぶだけ。

ようこそ。

これでOK。

Xperia 1は日本語入力も可能

Xperia 1はもちろん日本語入力も可能です。

PlayストアからGboardやATOKなどのお好きな日本語キーボードもインストールできます。

まとめ

Xperia 1は海外版でも簡単に日本語化可能です。安心して買いましょう。

Xperia 1を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ACTIVATE

2019年2月に発表されたソニーのXperia 1。 日本でもドコモ、au、ソフトバンクで発売されました。私も海外で発売…

auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ドコモ、ソフトバンクではすでに販売終了となっています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

ケースもお忘れではないですか?

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG