Xperia 1 Ⅱ

Xperia 1 Ⅱを購入レビュー。5Gもすごいけどカメラもめっちゃすごい

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。もちろん無料や。

ソニーのXperiaの新モデルXperia 1 Ⅱが発売されました。

いやー、待ちに待ちましたね。まさかの延期でね。これでもauはまだマシで、ドコモ版はさらに延期になっています。

久しぶりのフラッグシップ級のXperiaで、Xperia初の5G対応モデルです。

ということでXperia 1 Ⅱを購入しましたのでさっそくレビューしていきたいと思います。

Xperia 1 Ⅱを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。日本全国に店舗があり国内海外版問わず最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

Xperia 1 Ⅱのスペックや特徴

まずはXperia 1 Ⅱのスペックや特徴を見ていきましょう。

Xperia 1 Ⅱのスペック

Xperia 1 Ⅱ
ストレージ容量 256GB
価格 約123,500円〜
CPU Snapdragon 865 5G
メモリ(RAM) 8GB
ディスプレイサイズ 6.5インチ
解像度 3,840 × 1,644
本体サイズ 166 × 72 × 7.9mm
重量 181g
背面カメラ 標準12MP(F1.7)+超広角12MP(F2.4) +望遠12MP(F2.2)(トリプルカメラ)
インカメラ 8MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵 IP68
SDカード 対応
認証方法 指紋認証
おサイフケータイ 国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック 搭載
バッテリー容量 4,000mAh
カラーバリエーション ホワイト
ブラック
パープル

Xperia 1 Ⅱの特徴

Xperia 1 Ⅱ

  • 21:9の超縦長ディスプレイ
  • フラッグシップ級の高性能Xperia
  • ZEISSが監修したこだわりのトリプルカメラ

ざっくりいうとXperia 1の性能をアップデートしつつ5Gにも対応したのがXperia 1 Ⅱです。

21:9の超縦長ディスプレイ

Xperia 1 Ⅱの一番のウリはこの21:9の超縦長ディスプレイです。Xperia 1から継承されました。前代未聞の超縦長ディスプレイはTwitterのタイムラインやスマホ向けサイトが非常に見やすいです。

Xperia 1 Ⅱの付属品

それでは付属品から見てみましょう。

  • イヤホン端子接続型テレビアンテナ

付属品はこれだけです。めちゃめちゃシンプルです。しかしこのイヤホン接続型のアンテナって使っている人いるんでしょうか。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
テレビ観たい時にはだいたい持ってへんよな

Xperia 1 Ⅱのデザイン

今回購入したのはホワイトです。最近のXperiaという感じで高級感があります。

Xperia 1 Ⅱ

auとかXperiaとかau版の型番であるSOG01という超ジャマな表記はうーっすら描かれています。

これだけ気配を消してくれたのはありがたいですが、それならいっそ無くしてくれてもよかったんやで。

Xperia 1というよりもXperia 5に似たデザイン

ちなみに見た目的にはXperia 1よりもXperia 5に似ています。

Xperia 1

こちらはXperia 1。ちょっと先代のXperia XZシリーズ譲りのふっくら感が残っています。

Xperia 5

こちらはXperia 5。無駄を削ぎ落とした筋肉質な体型という感じです。

こうして見るとXperia 1 Ⅱは完全にXperia 5寄りのデザインですね。

トリプルレンズカメラにToFセンサーが追加

Xperia 5とはカメラが違います。

Xperia 1 Ⅱ

Xperia 1 Ⅱは3つのレンズがZEISS(ツァイス)レンズとなり、トリプルレンズカメラに加えて3D iToFセンサーが追加になりました。

ToFセンサーとは何かと申しますと、被写体との距離を測るセンサーです。これでオートフォーカスが爆速になるわけですね。

ZEISSレンズというのは信頼できるブランドのめっちゃええレンズです。

片手でも持ちやすいサイズ

Xperia 1 Ⅱ

画面サイズは大きいですが、横幅は小さく抑えられていて片手でも持ちやすいサイズに仕上がっています。

Xperia 1 Ⅱ

このように画面の端まで余裕で指が届きます。

Xperia 1 Ⅱ

しかし画面の上の方はさすがに片手ではきついですね。

片手で入力も余裕

Xperia 1 Ⅱ

横幅が抑えられているので片手で入力するのも余裕です。

なんとイヤホンジャック搭載

Xperia 1 Ⅱ

国民の期待に応えてイヤホンジャックが復活しています。

本体左上に搭載されていますので、イヤホンをつけたままで胸ポケットに入れても大丈夫です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
こういうところが良く考えられてるよな

充電はUSB C端子

Xperia 1 Ⅱ

充電端子はすっかり標準のUSB Cです。

メインディスプレイは6.5インチ

Xperia 1 Ⅱ

メインディスプレイのサイズは6.5インチです。かなり大画面ですが、超縦長なので本体はもっとコンパクトに感じます。

主要なアプリの表示を確認

実際に主要なアプリの見え方を確認してみましょう。

Chromeを表示してみる

Xperia 1 Ⅱ

6.5インチあるので情報量も十分で見やすいです。

Twitterを表示してみる

Xperia 1 Ⅱ

超縦長なのでタイムラインがめちゃめちゃ見やすいです。このアスペクト比はタイムラインを見るために設計されたといっても過言ではありません。

Instagramを表示してみる

Xperia 1 Ⅱ

インスタものびのび見渡せる感じです。

YouTubeを表示してみる

Xperia 1 Ⅱ

6.5インチの大画面なので迫力の映像が楽しめます。

超縦長画面なので完全フルサイズにすると上下がカットされて表示されるのは仕方ないところです。

サイドセンスからマルチウインドウを起動

Xperia 1 Ⅱ

画面端とエッジのギリギリのところをダブルタップするとサイドセンスが起動します。

よく使うアプリを簡単に起動できる機能ですが、ここにマルチウインドウがあるので選択します。

Xperia 1 Ⅱ

上下画面でそれぞれ使うアプリを選択できます。よく使われそうな組み合わせはショートカットとして登録されています。

超縦長なのでマルチウインドウも見やすい

Xperia 1 Ⅱ

21対9のかなり攻めた縦長画面なので、2画面表示にしてもどちらの画面も見やすいです。

半分に区切るとちょうどどちらも正方形になるサイズ感です。

カメラのために買っても満足できるはず

Xperia 1 Ⅱ

超広角もこの通り圧巻の画角で広々撮影することができます。

Xperia 1 Ⅱ

ポートレートモードもボケの効きが抜群で素晴らしいです。

Xperia 1 Ⅱ

そしてどのモードにおいてもオートフォーカスがめちゃめちゃ早い。カメラのシャッター専用ボタンがあるのも良いです。ボタンを半押しでフォーカスを合わせてしっかり押してシャッターを切れます。

これ、完全にカメラですやん。

カメラのためにXperia 1 Ⅱを買っても満足できると思います。

スピーカーは最大音量でも音が割れない

Xperia 1 Ⅱ

Xperia 1 Ⅱ

スピーカーも良く考えられた設計で、映画やライブ映像などを楽しみながらというシチュエーションでも十分楽しめるように、画面を横向きにしたときに正面向きから音が出るようになっています。

なので横画面でも音が横に拡散することなく正面にドカンと響いてきます。

スピーカーはチューニングが良く音量を最大にしても割れたりしません。

音質はソニーといえば重低音と高音におもいきり振った、いわゆるドンシャリのイメージが強いですが、Xperia 1 Ⅱは原音に忠実寄りな味付けになっています。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
こういうとここだわってるよね

指紋認証の精度は普通

Xperia 1 Ⅱ

指紋認証は本体側面にあり、電源ボタンと兼ねるタイプです。

精度は普通です。確実に成功という感じではなく7割ぐらい一発で通りますけど、ぼちぼち失敗します。

顔認証に非対応

顔認証は非対応で、Android標準機能のSmartLockなどでも設定できないようになっています。

Xperia 1 Ⅱは格安SIMで使えるのか?

もちろん使えます。しかしSIMロック解除や特有の相性もありますので、こちらの記事を参考にしていただければ。

Xperia 1 ⅡはデュアルSIMやDSDSで使えるのか?

国内版はデュアルSIMに非対応ですが、海外版にはデュアルSIM対応モデルがあります。

詳しくはこちらの記事で。

Xperia 1 Ⅱでおサイフケータイは使えるのか?

国内版のXperia 1 ⅡはばっちりSuicaやおサイフケータイに対応しています。

ピッとするだけで電車にも乗れますし、買い物もできてしまいます。

5Gに対応しているのか

Xperia 1 Ⅱは5Gにもちろん対応しています。むしろそれがウリです。

大画面でも片手で扱えるサイズ感と抜群のカメラに5Gと盛りだくさんのXperia 1 Ⅱ

Xperia 1 Ⅱ

SNSも動画も大迫力の6.5インチの大画面でありながら、超縦長なので片手でも扱えるというとんでもない端末にしあがっています。

特におすすめはカメラ。超広角を含む3つのレンズにめちゃめちゃ早いAFはミラーレスカメラの代わりといっても過言ではありません。

おまけに5Gの超高速通信まで使えるXperia。買ったら絶対満足すると思います。

Xperia 1 Ⅱを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。日本全国に店舗があり国内海外版問わず最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。
詳しいプロフィールはこちら

Add Comment

Click here to post a comment