イベント

本日Apple「WWDC2017」で発表された内容のまとめと感想

さて、本日Appleの開発者カンファレンスであるWWDC2017が開かれました。

 

そこで例年通り多数の発表がありましたので、その内容のまとめと個人的な感想についてです。

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

今回発表されたもの

 

今回は大きく分けて「新しい製品群およびソフトウェア」と「既にある製品群のリニューアル」が発表されました。

 

新しい発表

 

・HomePod:Siri搭載据え置きスピーカー、349ドル

・iMac Pro:5Kディスプレイ、CPUにXeon搭載の最強Mac、4999ドルから

・新 iPad Pro:新CPUであるA10X Fusion搭載、10.5インチモデル追加

・iOS 11:コントロールセンターのレイアウト変更。Siriの強化。iPad向けに画面分割マルチタスク、ドラッグアンドドロップなどファイル操作が大幅進化。ファイル管理アプリFilesなども追加

・High Sierra:新macOS、VR対応

 

既にある製品群のリニューアル

 

・MacBook Proシリーズ:CPUがKaby Lake世代のものに変更。スペックアップの上に値下がり。13インチモデルが14万2800円から、15インチモデルが25万8800円から。

・MacBook 12インチモデル:Core i5/i7モデル追加。

・iMacシリーズ:CPUがKaby Lake世代のものに変更。

 

感想

 

ここからは個人的な感想です。

 

HomePod

 

HomePodは非常に面白いですが、少し様子見ですね。

今自分はiPhoneのSiriも機能を切っており、そこまで必要性を感じていません。

しかし、それは外でiPhoneに話しかけるという行為を煩わしい(お恥ずかC)と感じているだけで、家の中でスピーカー相手なら変わってくるかもしれません。

家でさっと音楽を聞きたいことはよくあるので、それがどれぐらいスムーズに再生できるかというところに注目したいです。

 

iOS 11

 

Androidでは普通にできていたファイル管理がようやくiOSでもできるようになるんですね。

え?iPadだけですか?ということで、まだまだAndroidは手放せなさそうです。

写真撮影での長時間露光などもおもしろそうですが、iPhoneのカメラはメモ代わりと思っているのでなんとも言えません。

 

MacBook Pro

 

正直、新MacBook Proはかなり欲しいです。リニューアル前の時点で相当欲しかったのですが、順当に進化された上に値下がりということで、かなり揺らいでおります。

 

MacBook 12インチ

 

今回一番驚いたのはMacBook 12インチのリニューアルです。

MacBook Proも相当欲しいのですが、MacBookにCore i5/i7が乗るということでこちらもかなり悩ましい存在です。

機動性のことを考えるとMacBook12インチが良かったのですが、非力なことだけが悩みでした。

しかし、Core i5/i7が乗ってしまうと話は別ですよね。

ファンレスは維持しているのでしょうか?

かなり気になる存在です。

まとめ

 

HomePodは様子見。

iOS11はiPhone向けはそれほどでも。

MacBook ProとMacBook 12インチはかなり悩ましい存在。

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

About the author

ワダカツヤ

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。
詳しいプロフィールはこちら

Add Comment

Click here to post a comment