HUAWEI Mate 20 Pro

HUAWEI Mate 20 Proとは?

HUAWEI

ハイエンドスマホの中でもハイエンドの性能を誇るMate20Proですが、世の中の流れ的には Huawei 製品は歓迎されていない感じです。素晴らしい性能を持っているのにもったいないですよね。

今回はMate20Proの凄さについてまとめていきたいと思います。全体的に非の打ち所のないスマホですが、特徴の強い「バッテリー容量」「カメラ性能」「ロック解除方法」について特に詳しくピックアップしています。

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

Mate20Proの凄さをスペック一覧表でチェック!

Mate20Proのスペックを多角的に検証した記事。2018年末時点では最強のスペックです。

背面はトリプルカメラ。超広角撮影が便利すぎる!

2018年のハイエンドスマホでトリプルカメラを搭載しているのは、少なくとも日本市場ではMate20Proのみです。海外市場や海外メーカーではトリプルカメラ搭載のスマホもありますが、ファーウェイは採用したことによって今後一気にトリプルカメラ搭載のスマホが主流になってくるかもしれません。

トリプルカメラの強みは何と言っても望遠・広角撮影機能です。何がすごいかと言うと、カメラマンが被写体に合わせて前進したりバックしたりする必要がないという点です。

Mate20Proでは撮影シーンに応じて望遠・広角・超広角撮影ができます。一眼レフカメラでしかできなかったことがスマホで実現できてしまうので凄すぎますね。

Mate20ProはFelicaやおサイフケータイに対応している?

Mate20ProはNFCに対応していますが、おサイフケータイは使用できません。少し前まではソフトバンクが発売するので、おサイフケータイにも対応するという噂もありましたが、現在でもおサイフケータイには対応しておりません。

世間の流れとして、 Huawei 製品はあまり良い風に扱われなさそうなので、おサイフケータイの実装は望み薄でしょう。

Mate20Proはドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアで購入できる?

Mate20Proはドコモや au で取り扱いがありません。購入したい場合はソフトバンクで契約か家電量販店で購入または Amazon などネット通販で取り寄せるしかありません。

素晴らしいハイエンドスマホなのでもっと広く知れ渡ってほしいですが、やはり世の中の流れとしては Huawei 製品は歓迎されない流れのようです。 Huawei 製品のスマホが今後どうなっていくかは注意が必要ですね。

Mate20Proはロック認証がすごい。顔認証に加えてディスプレイ上で指紋認証出来るぞ!

Mate20Proは顔認証だけでなく、ディスプレイ上で指紋認証もできます。実はこれ、かなりすごい技術なんですよ。2018年のハイエンドスマホでは顔認証のみ、指紋認証のみといったスマホがほとんどです。

Mate20Proは両方の認証方法を取り入れただけじゃなく、ディスプレイ上で指紋認証ができます。 iPhone などではディスプレイ上でなく、指紋認証用の丸い部分がスマホの前面か背面にありました。これをなくしてディスプレイ上で指紋認証ができるようになったことはすごいですね。

Mate20Proはワイヤレス充電対応機器に逆充電できる!

Mate20Proはバッテリー容量も他のハイエンドスマートフォンと比較してずば抜けています。特にすごいと思ったのは、特定のワイヤレス充電対応機器であればMate20Proからワイヤレス充電できてしまうことです。もはやモバイルバッテリー要らずですね。

別の記事で実際にMate20Proの逆充電を利用してみましたが、あくまで緊急避難用の綴るといったイメージです。充電速度やバッテリー容量で言えばモバイルバッテリーの方がはるかに早いです。

Mate20ProではSDカードが使えない?

大変残念ですが、Mate20Proでは SD カードが使えません。容量を追加したい場合はNMカードという Huawei独自のメモリーカードを買うしかありません。しかしこれ、高いんですよね。ネット通販ぐらいでしか販売してないです。

Mate20Proに限らず、 Android スマホでも最近は SD カードを排除する流れができています。今後は購入時のストレージ内で容量を増やそうとすると、クラウド以外の選択肢がなくなるかもしれません。

Mate20Proにスマホケースや保護フィルムは必要?

Mate20Proに限らずですが、ハイエンドスマートフォンであればケースやカバーはつけるべきです。高額商品なので、壊してしまうリスクを少しでも減らしましょう。Mate20Proにおすすめのケースや保護フィルムは下記記事を参考にしてください。

Mate20Proのおすすめケース記事。

Mate20Proのおすすめ液晶保護フィルム記事。

Mate20Proのお得な購入方法は?

Mate20Proに限らずですが、最近のハイエンドスマートフォンって高いです。最低でも10万円から購入できますというイメージです。今までみたいに2年おきで機種変更をしていくというのはコスパ悪いです。ですので、筆者は白ロム取扱業者から新古品を入手することをお勧めします。白ロムと言うと中古品というイメージがありますが、実際には新品未開封品も多く流通しています。

白ロムだと保証のないから不安という方もいますが、大手白ロム取扱業者であれば保証もバッチリ。「不良品を買わされてしまった」という場合でも保証がしっかりしているので安心です。

おすすめの白ロム取扱業者は下記で紹介させていただきます。

あなたに読んでほしいMate 20 Proの記事

HUAWEI Mate 20 Proを購入!徹底レビュー!超広角に最強AI搭載でカメラ好きならこれしか無いでしょ!

HUAWEI Mate 20 Proのカメラを徹底レビュー!超広角も素晴らしくカメラモンスターと呼びたい

Mate 20 ProはSIMフリー・ソフトバンク版のどちらのモデルを買うべきか?

Mate 20 Proの購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Mate 20 Proをイオシスで購入する。:65,800円〜

ソフトバンクで購入するなら

ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ソフトバンクオンラインショップでMate 20 Proを購入する。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で購入するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトクです。

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。ソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comでMate 20 Proに乗り換える。

国内SIMフリー版の正規取り扱い店

NTT X StoreとOCN モバイルが国内SIMフリー版の正規取り扱い店です!

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

About the author

ひろ.K

ひろ.K

ITや家電に強く「スマホオタクが考える快適なスマホライフ」をモットーに執筆。自身の経験を元にした就職・転職関係の記事やキュレーション全般も書けるオールマイティー。まとめるだけでなく私見もしっかり述べます。

Add Comment

Click here to post a comment