格安SIM

UQモバイルは2台目のスマホにおすすめの回線!

UQモバイルを使うべき人ってどんな人?

格安SIMを提供してる会社っていろいろありすぎますよね。少し前までは「安い」事だけが売りでしたが、最近は競争も激しくなり各会社ごとに独自のサービスを打ち出してくるようになってます。消費者としては嬉しいですが、選択肢が多すぎると選びきれませんよね。

そこで今回は二台目のスマホ回線にUQモバイルを強くお勧めします!

なぜUQモバイルは2台目向きの回線なのか?

データ通信を無制限に出来るプランがあるからです。

「データ無制限プラン」であれば毎月定額、上限の通信量なし、最低利用期間も無しでデータ通信がし放題!もちろん音声通話オプションもありますが、正直おすすめしずらいです。その理由は後述するとして、毎月の通信量を気にする必要が無いって凄くないですか?データ通信のみ利用する2台目のスマホにおすすめですよ!

「その他データプラン」の詳細はここからチェック!

音声通話もお得!?

上記の「データ無制限プラン」等とは別に、定額通話サービスとデータ通信パックのプランがあります。気を付けてほしいのは、上記で紹介した「その他の料金プラン一覧」とここで紹介する「おしゃべりプラン・ピッタリプラン」は別の料金体系なので混同しないようにしましょう。ちなみに「データ無制限+音声通話プラン」から「おしゃべりプラン・ピッタリプラン」に途中で変更することが出来ます。

音声通話もついてた方が便利そうですが、おしゃべりプラン・ピッタリプランは2年縛りでの契約なので、MNP転出するときが大変です。「私は一生UQモバイルを使い続けるんだ!」という人であれば良いですが、そうでない人は2年縛りを忘れないでください。

↓おしゃべりプラン・ピッタリプランの料金体系はこちら。一つ上の「その他データプラン」と合わせてチェックしてね!↓

SNSの通信量を消費しない「ターボ機能」とは?

「データ無制限プランも良いけど、ちょっとお高いかな?」と思っているそこのあなた。実は月々3GBまでなど、通信量を決められたプランでもお得にネットを楽しむことが出来ちゃうんです。それが「ターボ機能」

通常私たちは4Gと呼ばれる高速通信を行ってインターネットを楽しんでいます。4Gは早いですが、回線の負担としては大きいんですよね。そこで意図的に高速通信をオフにする機能がこの「ターボ機能」。低速通信モードに手動で切り替えることによって、SNSや音楽共有サービスなどのデータ通信が通信量としてカウントされません!低速通信と言っても、画像や動画の再生でなければ十分快適にサービスを楽しめますよ!

UQモバイルに対応してない端末とは?【要注意!】

とても便利なUQモバイルですが、大きな落とし穴があります。実はUQモバイルに対応している端末って少ないんですよね。auの回線が少し特殊という点もありますが、端末によっては機能が制限されたり、一部使えない端末があったりします。

特にタブレットが公式サイトでサポートされていないのが痛いですね。データ通信のみであればタブレットでの利用がベストですが、しょうがないです。テザリングは無料なので、少しめんどくさいですがそういった使い方は出来ます。

公式がサポートしている端末一覧はこちら

UQモバイルはスマホオタク向けだよ!【結論!】

結論

UQモバイルは調べていて面白かったです。0か100かという感じで、極端に特化した戦略がワリと筆者好みでした。いろいろ書いてきましたが、スマホヘビーユーザーであれば買って間違いないです。2年縛りさえ気にしなければ「喋り放題」「通信し放題」「通信が安定している」おまけにキャリアよりも「安い」。まさに完璧に近いキャリアです。

ちなみにUQモバイルはWiMaxというモバイルルーターも販売しているので、気になる人は是非チェックしましょう!実は筆者も気になってます。

それでは、次の記事でお会いしましょう。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

格安SIM
最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG