WordPressの改行や段落が消える不具合の対処にはご注意!

さて、私はいま非常に落胆しております。

というのもブログで下手をこいてしまったからなのです。

過去記事の改行や段落が無くなった!

今回やってしまったのはこれまで書いた記事の改行や段落が全て消えてしまったのです。

 

こちらは改行や段落が消える前の状態。

もちろんですが改行や段落がありますね。

 

こちらが改行や段落が消えた後の状態。

最悪ですね。レイアウトが崩れまくっています。
特にこのページなんてセットリストを扱っているので改行がないと読みにくくて仕方ありません。

これはどういうことかと言いますと、このブログはWordpressを使ってhtmlで書いています。

その各記事の段落を表すコードである<p></p>や改行を表すコードである<br />が全て消えてしまったのです。

 

何故そうなったのか

今回なぜこういうことになったのかと申しますと、実は先日あるプラグインを入れたんですね。

プラグインというのはブログの管理や編集に追加で機能を与えるプログラムのようなものです。

その追加したプラグインというのが「TinyMCE Adbanced」というものです。

なぜこのプラグインを追加したのかといいますと、Wordpressの仕様というかバグに対処しようとしたのです。

 

WordPressの謎仕様によりエディタ切替時に改行や段落コードが表示されない

その仕様というのが「テキストエディタ」から「ビジュアルエディタ」へタブを切り替えた時に、テキストエディタで入力した段落を表すコードである<p></p>や改行を表すコードである<br />が表示されないというものです。

 

こちらがテキストエディタ

 

コードを直接記述しながら編集していくモードです。

 

こちらがビジュアルエディタ

 

コード入力なしで編集していくモードです。

 

WordPressは「テキストエディタ」→「ビジュアルエディタ」に切り替えた後に再度「テキストエディタ」で確認すると<p></p>や<br />が消えるんですね。

 

「TinyMCE Adbanced」で改行コードが消える不具合を解決!

これを解決するのが「TinyMCE Adbanced」というプラグインです。

まず「TinyMCE Adbanced」を検索してインストールします。

そして「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」→「TinyMCE Adbanced」→「設定項目」→「段落の保持」にチェックを入れます。

これでエディタの切り替えをしても<p></p>や<br />が消えることが無くなりました。

 

しかし過去の記事の<p></p>や<br />が記述されていないことを発見

これでしっかり改行も段落も確認しながら作成できるぜHey Heyと調子に乗っていたところ、数日後異変に気づきます。

「あれ、私の過去記事レイアウト崩れすぎ?」

なんと過去記事を見たところ改行や段落を全く知らないおバカが書いたように変わり果てていたのです。

「まさか乗っ取り?」

そんなことも頭を一瞬だけよぎりましたが、まずはエラーの切り分けから始めていくことに。

すると明らかにプラグインを入れた前後の記事で変化が見られました。

「あいつ(TinyMCE Adbanced)め!余計なことをしてくれおって!」

 

そうならないためにどうすべきか

これは残念ながら過去記事を修正覚悟で早いうちから導入するべきじゃないですかねとしか言えません。

 

このブログはどう対応するのか

これからちまちまと修正していきますよ!

この夏は<p></p>と<br />づくしになりそうです!

しばらく過去記事は見にくい(醜い)状態が続きますがお許しください!

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG