スポンサーリンク

2019年おすすめ小型(コンパクト)スマホを紹介!なぜスマホは大型化しているのか?

Android
スポンサーリンク

時代の流れはスマホの大画面化です。一昔前までは5インチスマホで大きいと言われていましたが、最近では6インチ以上のスマホが当たり前という風潮です。

大型ディスプレイなんて要るか!!!俺は(私は)小型スマホが欲しいんだ!!!という気持ち、筆者もすごくよく分かります。大学時代は3.7インチディスプレイのXperia SXを愛用していましたので、小型スマホの使いやすさは肌で感じていました。

今回はディスプレイが小さいスマホを紹介していきます。

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

スポンサーリンク

コンパクトなスマホのメリットとは?なぜディスプレイは大画面化しているのか?【海外需要が少ない】

そもそもなぜスマホのディスプレイは大型化の一途を辿っているのでしょうか?理由の一つとして考えられているのは「サービス収入を増やすため」です。スマホのディスプレイが大きくなればKindleでマンガも読みやすくなり、ゲームは迫力が増して操作もしやすくなります。

9to5Macの記事によると、大きなディスプレイ搭載のスマホを持つユーザーはアプリケーションを使用する時間が増加する傾向にあるそうです。(リンク先:9to5Mac 様。海外サイトになります。)

そうはいっても、コンパクトなスマホにもニーズはあります。メリットはなんといっても持ち運びの良さ、手で持った時の収まりの良さです。ジーンズのポケットにも違和感なく入るスマホ、魅力的だと思いませんか?

コンパクトな小型スマホを一挙紹介!

2019年現在、スマホは大画面化の波にのまれています。小型ディスプレイ搭載スマホはマイノリティとして日の目を浴びにくくなっています。この記事では、小型スマホを個別具体的にスポットを当てていきます。

Xperia XZ2 Compact【XZ3 Compactは無さそう】

Xperia XZ2 Compactは2018年6月に発売された5インチディスプレイ搭載スマホです。デザインも従来のスマホを踏襲しており、若干ベゼルが厚いです。Xperiaシリーズの中では薄い方ですが、コンパクトという視点で比較すると圧倒的に小型とは言い難いです。5インチディスプレイですが本体寸法は135 × 65 × 12.1 mmと大きく、重量も168gとそこそこ重いです。

ただし本体スペックは高く、カメラはシングルながらも約19MP、動画撮影では最大960fpsのスーパースローモーション撮影などもこなします。さすがSONYですね!

XperiaXZ2 Compactは XZ2 premiumよりもおすすめしている記事があるので、詳しい魅力はそちらを参考にしてください。(リンク先:engadget 様)

AQUOS R2 Compact【SHARPの現在は?】

次におすすめするのは5.2インチの全画面スマホ、AQUOS R2 Compactです。小型で全画面スマホはとても少ないです。さすがSHARP、目の付け所がシャープですね。5.2インチディスプレイですが本体サイズは131 × 64 × 9.3mmとXperiaXZ2 Compactよりも小さく、重量も135gとこれまたXperiaXZ2 Compactよりも軽いです。

AQUOS R2 Compactの特徴は「2,280 × 1,080 (619ppi)の超高解像度ディスプレイ」「120Hz駆動の残像を抑えた滑らかな動き」「約22MPの高解像カメラ搭載」が主なところです。

AQUOS R2 Compactの細かい魅力についてはこちらの記事が参考になります。(リンク先:デジアニゲー日記 様)

以前は経営危機でゴタゴタしていましたが、鴻海グループに買収されてからわずか1年で黒字化したみたいです。今後もSHARPの復活に期待ですね!(リンク先:Business journal様)

Xperia XZ Compact【前機種】

2017年10月発売の古い機種になりますが、Xperia XZ Compactもまだまだ現役です。おサイフケータイ・防水・ワンセグにも対応しているので日本人向けの仕様です。

129 × 65 × 9.3mmの本体サイズに4.6インチディスプレイ搭載。重さも143gと良い感じに軽いです。

詳しいスペックはこちらの記事を参考にしてください。(リンク先:フォトスク 様)

AQUOS R Compact【前機種】

AQUOS R Compact2の一世代前の機種になりますが、まだまだ使えます。2017年12月に発売されたAQUOS R Compactは4.9インチ(2032×1080)のディスプレイを搭載しており、重量は140gです。本体サイズは132 × 66 × 9.6mmと少しAQUOS R2 Compactよりも大きいです。

最新のAQUOS R2 Compactの方が完成度は高いですが、古い分お値段が安くなっています。最新機能にこだわりのない人はこちらで良いですね。

詳しいスペックはこちらの記事を参考にしてください。(リンク先:フォトスク 様)

iPhone SE【入手しやすい】

スマホといえばiPhoneのイメージが強いですが、実は小型のiPhoneが存在します。それがiPhoneSE。 58.6×123.8×7.8mmの本体サイズに113gという驚きの軽さ。最近では格安SIM会社でも取り扱っているのでお求め安いですね。

2016年3月に発売されたスマホ、しかも廉価版なのでスペック的には見劣りしますが、小型で安いiPhoneとして今でも根強い人気があります。

iPhoneSEについてはこちらの記事を参考にしてください。(リンク先:ITMedia様)

Palm Phone【ネタ枠】

たぶん購入する人はかなりのモノ好きです。アメリカで販売されているPalm PhoneはSIMが内蔵されており、取り換え不可能です(無理矢理外すこともできるが交換前提の仕様ではない)。なので日本では使えませんが、もしアメリカに移住する予定のある人は購入を検討してみてください。

Palm Phoneについてはこちらの記事が参考になります。

イオシスがおすすめ!マイナースマホの購入方法!

iPhoneは入手しやすいですが、日本未発売のスマホや販売終了したスマホはどこで

購入するのが正解なんですかね?

手段はいろいろあると思いますが、筆者はイオシスでの購入を自信をもっておすすめします!イオシスは中古スマホを中心に取り扱っていますが、新古品(新品未開封品)も取り扱いがあります。「使用感がついてるスマホはイヤだ!」という人に嬉しいですね。

イオシスは保証もしっかりしており、購入後の一定期間は故障に対して保証が付きます。また、端末代金未払い(赤ロム)スマホについては期限を設けず返金、交換の保証をしていますよ!ネットワーク利用制限保証の詳細についてはこちらのページをご覧ください。(リンク先:イオシス様)

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

この記事を書いたのは

hirok_プロフィール

ひろ.K
ITや家電にめっぽう強く、うちでは「スマホオタクが考える快適なスマホライフ」をモットーに執筆していますが、実は自身の経験を元にした就職・転職関係の記事や恋愛まとめやキュレーション全般などなんでも書けるオールマイティー。まとめるだけでなく私見もしっかり述べちゃうのよ。
ブログ「ひろ・K・トムの部屋」はこちら

コメント