スポンサーリンク

(まとめ)超難解な携帯会社各社のSIMロック解除条件を一覧表にしたよ

スマートフォン
スポンサーリンク

さて、12月から各携帯会社のSIMロック解除条件などが変更になるところが増えてきました。

今の時点でも既に各社微妙に違っており複雑ですがさらに現在のような過渡期では余計に絡まった糸のように複雑です。

そこで今回は各社のSIMロック(ヒムロックではない)の解除条件を一覧表にまとめましたのでご覧ください!

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

スポンサーリンク

各社のSIMロック解除条件

つべこべいわずまずは表です。

SIMロック解除条件表

キャリア解除可能日端末購入者回線解約後解除可能機種
docomo分割払い:購入日から100日が経過した日より※1、
一括払い:機種購入日より
契約者本人解約日から99日以内2015年5月以降に新たに発売されたSIMロック解除機能搭載機種
au分割払い:購入日から101日目以降より※1、
一括払い:一括払いの支払確認後より
契約者本人
(2017年12月1日から)
解約日から99日以内2015年5月以降に新たに発売されたSIMロック解除機能搭載機種
SoftBank分割払い:購入日から101日目以降より※1、
一括払い:一括払いの支払確認後より
契約者本人解約日から90日以内2015年5月以降に新たに発売されたSIMロック解除機能搭載機種
UQ mobile一括払い:一括払いの支払確認後より、
当該端末をご購入から101日目以降であること
(2017年12月1日から)
契約者本人解約日から90日以内2015年5月以降に新たに発売されたSIMロック解除機能搭載機種
ワイモバイル購入日より101日目以降契約者本人解約日から90日以内2015年5月以降に新たに発売されたSIMロック解除機能搭載機種

※1 対象回線におけるSIMロック解除実績があり、かつ前回のSIMロック解除受付日から101日目以降である場合は機種購入日から100日以内の場合でも可能。(2017年12月1日から)

SIMロック解除可能日

SIMロックの解除可能日については3大キャリア(docomo、au、SoftBank)は一括払い後すぐに解除可能になっていますね。

MVNO、MNOであるUQ mobileとワイモバイルは3大キャリアとは若干異なり101日以降となっています。

端末購入者

これまでauのみが契約者本人が購入していない中古などのいわゆる白ロムでもSIMロック解除できたんですが、12月からそれができなくなります。

別記事にもしましたがこれは改悪です。本当に最悪です。もうauにしないなんていわないよ絶対。(つまり結局する)

回線解約後

回線を解約してから一定期間はSIMロック解除できるんですね。今回調べるまで知りませんでした。

ただし各社微妙に期間が異なるのでご注意ください。

解除可能機種

各社のページに載っていますが(国民的スマートフォンの)iPhoneでいえばiPhone6s以降がSIMロック解除が可能です。

見た目は完全に一緒ですがiPhone6は無理です。

iPhone SEは可能です。これまた見た目は完全に一緒ですがiPhone 5sは無理です。

SIMロック解除申し込み方法

キャリア パソコン 電話 ショップ
docomo ○、手数料無料 ○、手数料3000円 ○、手数料3000円、docomo解約後はドコモショップのみ
au ○、スマートフォンからも可、手数料無料 × ○、手数料3,000円、本人以外の購入端末の場合auショップのみ
SoftBank ○、手数料無料 × ○、手数料3000円
UQ mobile × ○、手数料無料 ×
ワイモバイル ○、手数料無料 × ○、手数料3000円

だいたいどこも(docomo)パソコンから自分でやる場合は手数料無料、ショップに持って行くと3000円もらいますというところですね。

UQ mobileだけ電話のみでの受け付けになりますのでご注意ください。

まとめ

12月以降は3大キャリア(docomo、au、SoftBank)のSIMロック解除条件はほぼ同じになります。

良いような悪いような感じです。

これまで複雑だったので条件が揃う分には良いですが、中古端末や白ロムで運用している身としてはau端末のうまみがなくなりました。もうauにしないなんていわないよ絶対。(本日2度目)

そしてUQ mobileがようやくSIMロック解除戦国時代に参戦しました。今のところiPhone SEしか無いですがこれから楽しみです。

出典:NTT docomoauSoftBankUQ mobileワイモバイル

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

コメント