Android Rakuten mini スマートフォン

楽天モバイル Rakuten miniを購入レビュー。身軽な生活が待っています

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。

FeliCa搭載スマホで世界最小サイズというRakuten mini。

ということでミスター人柱の私は今回ももちろんRakuten miniを購入しましたのでさっそく比較しながらレビューしていきたいと思います。

Rakuten miniを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

Rakuten miniはeSIM専用です。IIJ mioは楽天モバイル以外で唯一eSIMを取り扱っています。データ通信専用ですが1GBで450円~とかなりお得です。

ケースもお忘れではないですか?

Rakuten miniのスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

Rakuten miniのスペック表

Rakuten mini
ストレージ容量(ROM) 32GB
価格 21,800円〜
CPU Snapdragon 439
メモリ(RAM) 3GB
ディスプレイサイズ 3.6インチ
解像度 1280×720
本体サイズ 106.2×53.4×8.6mm
重量 79g
メインカメラ 16MP(シングルカメラ)
インカメラ 5MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 IP52
SDカード 非対応
認証方法 顔認証
おサイフケータイ 対応
イヤホンジャック 非搭載
バッテリー容量 1,250mAh
カラーバリエーション ブラック
ホワイト
クリムゾンレッド

Rakuten miniの特徴

  • FeliCa搭載で世界最小サイズ
  • eSIMのみ対応
  • 楽天モバイルのオリジナル端末

Rakuten miniの付属品

それでは届いたRakuten miniをみていきましょう。

  • 充電器
  • USB Cケーブル
  • 簡易説明書
  • USB C イヤホンジャック変換ケーブル

外箱も小さくてコンパクト。中身も必要最低限。これぐらいシンプルでいいんですよ。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
余計なものはもたないという精神や

Rakuten miniのデザイン

実際のRakuten miniをみていきましょう。

圧倒的コンパクト。

背面には楽天モバイルのRのロゴが刻まれています。

小さくてなくしやすいことへの配慮か、ストラップホールがあります。

手のひらにすんなりおさまります。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
小せぇ

大きさ比較

ただでさえコンパクトなiPhone 8と並べても圧勝です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
コンパクトは正義や

ポケットにも余裕で入る

ズボンの前ポケットに入れても全然余裕です。

入れてることすら忘れるレベルです。

イヤホンジャックは非搭載

残念ながらイヤホンジャックは搭載していません。

Rakuten miniにイヤホンジャックはある?

有線のイヤホンを使用する場合はUSB Cの変換ケーブルが必要です。

メインディスプレイはコンパクトな3.6インチ

メインディスプレイのサイズは3.6インチです。

iPhone 3Gや3GSがこのサイズなので、そこに合わせてきたのでしょう。

コンパクトですが、意外と普通に見れます。

ホーム画面はPalm Phoneと同じ縦にアプリが並ぶタイプです。

超小型端末のUIのお手本のようになってきましたね。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
意外と普通に使えそうやな

主要なアプリの表示を確認

実際に主要なアプリの見え方を確認してみましょう。

Chromeを表示してみる

意外とWebの表示も問題ありません。

Twitterを表示してみる

最近の大型端末と比較すると投稿の一覧性は下がりますが、それでも十分問題なく読めます。

Instagramを表示してみる

Instagramも一覧表示にしたときはかなり写真が小さいですが、それでもなんの写真かはわかります。

投稿表示にすると大きく表示されますので問題ないです。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
全然問題ないやん

カメラはシングルながら悪くない

カメラは最近流行りの超広角などは搭載しないシンプルなシングルカメラです。

とはいえ16MPのちゃんとしたレンズなので、しっかり綺麗に写すことができます。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
正直なめてたわ

指紋認証は非対応だが顔認証に対応

指紋認証には対応していませんが、顔認証に対応しています。

基本は顔認証を使うことになります。

精度も問題ないレベルで、ちゃんと覗き込めばOKです。

Galaxy S10やGalaxy Foldなどのフラッグシップモデルと比べるとワンテンポ遅れる感はありますが、覗き込んで1秒もせずにロック解除できます。

スピーカーもなかなかの音質

GalaxyやXperiaなどの音質を売りにした機種のスピーカーと比べると全然ですが、大きな音を出しても割れませんし、重低音などを期待しなければしっかり実用レベルです。

Rakuten miniはドコモやauやソフトバンクなどの国内SIMや格安SIMで使えるのか?

Rakuten miniのネックはeSIMのみの対応というところ。国内で現在普通にeSIMを提供しているのはIIJ mioのみですので、選択肢は楽天モバイルかIIJ mioしかありません

IIJ mioはデータ通信のみですので、サブ機としての使い方しかできませんが、対応周波数的には問題なく使えます。

Rakuten miniのSIMフリー版はどの通信会社(楽天・ドコモ・au・ソフトバンク)で使えるのか?

Rakuten miniは格安SIMで使えるのか?

私はIIJ mioのeSIMを設定して、おサイフケータイなどの決済専用サブ機としてRakuten miniを使用しています。

Rakuten miniはデュアルSIMやDSDSで使えるのか?

デュアルSIMには非対応です。

Rakuten miniはデュアルSIM(DSDS)に対応しているのか?

バッテリーはどれぐらい持つのか?

超小型端末なのでバッテリー持ちが気になるでしょう。

安心してください。バッテリーは余裕で1日持ちます。

朝10時から使い始めて夜0時まで14時間使って残り約63%という感じです。

Rakuten miniのバッテリーの電池持ちをチェック

Rakuten miniでおサイフケータイは使えるのか?

Rakuten miniはこの大きさでばっちりSuicaやおサイフケータイに対応しています。

そもそもウリがおサイフケータイ搭載で世界最小端末ですから。

ピッとするだけで電車にも乗れますし、買い物もできてしまいます。

Rakuten miniはおサイフケータイやSuicaに対応している?

私はおサイフケータイ専用端末として持ち歩いています。

まとめ

こんなにコンパクトなのに、普通に使えてしまうRakuten mini。

さすがにこれ1台しか持たないというのはつらいものがありますが、サブ機にうってつけの端末です。

メイン端末をカバンに入れて、ポケットはRakuten miniとサイフだけにしてしまえば、かなり身軽な生活が待っています。

荷物を少なくしたいミニマリストのあなたにも、これまでのスマホの重たさや大きさに疲れたあなたにもおすすめの端末です。

Rakuten miniを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

Rakuten miniはeSIM専用です。IIJ mioは楽天モバイル以外で唯一eSIMを取り扱っています。データ通信専用ですが1GBで450円~とかなりお得です。

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

Add Comment

Click here to post a comment