Android Galaxy Galaxy Note 9 Pixel3/XL/3a スマートフォン

Pixel 3 XLとGalaxy Note9を比較!

スマホ

Galaxy Note9って便利ですよね。スマートフォンで手帳みたいにメモが取れるのはとても便利です。しかし 、Galaxy Note9って 悪く言うとそこしか特徴のない端末のように思いがちですよね。今回は手書き性能についての言及は避けて、Pixel3 XLとGalaxy Note9の端末としてのスペックを比較していきたいと思います。

created by Rinker
Google
¥47,800 (2020/05/31 13:23:16時点 Amazon調べ-詳細)

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

ひと目で分かる!スペック一覧表

  Pixel3 XL Galaxy Note9
発売日 2018年11月1日 2018年10月25日
CPU オクタコア  クアッドコア
OS Android 9 android 8.1
RAM容量 4GB 6GB
ROM容量:価格 64GB :119,000円 128GB:126,360円
128GB:131,000円
※SDカード非対応
ディスプレイ解像度 1440 x 2960(有機ELディスプレイ搭載 523ppi) 1440 × 2960(有機ELディスプレイ搭載 516ppi)
ディスプレイサイズ 6.3インチ 6.4インチ
本体サイズ(縦×横×高さ) 158×76.7×7.9mm 162×76×9.3mm
本体重量 184g 201g
NFC 対応 対応
充電方法 ワイヤレス充電対応 ワイヤレス充電対応
防水防塵 IP68対応 IP68対応
認証方法 指紋認証 インテリジェントスキャン(顔認証+色彩認証)
バッテリー容量 3430mAh 4000mAh
アウトカメラ シングルカメラ デュアルカメラ
・12.2MP ・広角 12MP
・望遠 12MP
フロントカメラ デュアルカメラ シングルカメラ
・8MP ・8MP
カラーバリエーション ・クリアリーブルー ・オーシャンブルー
・ノットピンク ・ミッドナイトブラック
・ジャストブラック ・ラベンダーパープル

※Galaxyは発売日、購入金額ともにドコモ基準

※PixelはGooglePlayストア、ドコモ、ソフトバンクのみ販売。GooglePlayストアでの購入価格を表記。

【結構多い】類似スペックをまとめてみた

まずは似ているところを確認していきましょう。ディスプレイサイズはどちらもほぼ同じで両手持ちでないと使用は厳しいです。解像度についても2つとも有機 EL ディスプレイを採用しているので画質に問題はありません。2つともワイヤレス充電に対応しておりますし、おサイフケータイの使用も可能です。防水防塵性能も同じです。

同じ部分にだけ着目していてもつまらないので、早速異なる点についてみていきましょう。なお、日常の利用シーンを想定して便利かどうか考察していきますので、細かく微妙な違いについては割愛します。

Pixelはフロントカメラが2つある!【何故?】

Pixelにはなぜかフロントディスプレイ側にカメラが二つ搭載されてます。対する Galaxy Note9は よく見られるように背面に2つのカメラを搭載しています。

おそらくですが、 Google は今後「自撮り」文化を推進していくかもしれません。 SNS の普及に伴い、写真をインターネットに上げるという行為は珍しいことではありません。「写真を撮る」と言うと美しい風景を撮ることに目が行きがちですが、 Google は「仲間との思い出を共有する」という目的を定めて差別化していると思います。

カメラ翻訳はどっちもあるけど【意外と優秀】

Pixelには「Googleレンズ」と呼ばれる画像認証の仕組みがあります。これはカメラに映った外国語を翻訳したり、電話番号が写ったら発信するか確認したり、商品が写ったらそれに関する情報を自動で提案してくれます。

Galaxyにも画像処理技術を活用したカメラ映像を翻訳するシステムはありますが、商品の検索などと言った細かい部分にも対応した Googleレンズはスマホの新しい未来を感じさせてくれます。

4Kビデオが撮れないPixel3 XL

最近話題になっている4K映像ですが、Pixelは動画撮影で4Kに対応しておりません。最近のハイエンドスマホでは4Kに対応しているのが主流なので、この点は少し残念です。

しかし4Kはまだ一般的に普及しているとは言い難く、現時点ではほとんどの人にとって気になることではないかもしれません。

Pixel3 XLは上下にスピーカーがある!

一般的にスマートフォンでは底面の充電ポートの隣にスピーカーのあるのが一般的です。しかし、Pixel3 XLではディスプレイの上と下にスピーカーがあるので臨場感が違います。

もちろんイヤホンなどをすると他のスマホと変わりはありませんので、スピーカーはあまり大きな違いとは言い切れません。

【好き?】ノッチがあるPixel3XL【嫌い?】

新型 iPhone の発売時に話題になりましたが、最近のハイエンドスマホではノッチがあるデザインが普通です。Pixel3 XLも流行に乗り遅れずノッチのあるデザインです。

Android の場合、アプリを導入することでノッチを隠すことができますが、どうしても気になる人はPixel3 XLを選ぶべきではありません。

Galaxy Note9はロック解除がラク!

最近のハイエンドスマホでは顔認証システムを利用してのロック解除が一般的ですが、Pixel3 XLはこれに対応しておりません。背面にある指紋認証ボタンに触れてロックを解除するかパスワード入力しかロック解除できません。

一方の Galaxy Note9は 顔認証と虹彩認証を組み合わせたロック解除が可能です。この場合だとマスクをしていても顔認証の利用の可能です。もちろん、背面に指紋認証ボタンを搭載しているので指紋認証でのロック解除も可能です。利便性の面で見るとPixelは机の上に置いた際にロック解除が面倒くさいです。一度スマホを取って背面に指をつけないといけません。

手書きメモが出来るGalaxy Note9【本当に必要?】

Galaxy Note9の レビュー記事でよく見かけるのは手書きメモの便利さです。確かに手書きできるというのはすごい技術ですが、スマホに手書きの機能を求めている人はそう多くはないはずです。

「どうしても仕事で手書きできるスマホが必要だ」という人は別ですが、多くの人にとって気になるのは本体の性能であるかと思います。

SDカードとRAM容量はGalaxyが有利!

Pixelは SD カードに対応しておりません。 Googleドライブを利用して本体容量を節約しましょう。しかし本体容量が128 GB までしか対応していませんので、アプリや電子書籍を多用する人は少し心もとないです。

一方の Galaxyは 本体容量は128 GB しかありませんが SD カードに対応しているので自由に容量を追加することが可能です。ハイエンドスマホを求める人はどうしても本体の容量がなくなりがちですので、気をつけるべきポイントだと思います。

Pixelはロック解除無しで音楽検索できる!【必要かな?】

Pixelのユニークな機能として、特に操作しなくても今現在聞こえてくる曲の検索が可能です。ロック画面を解除して、アプリを立ち上げて、ということをしている間に音楽が終わってしまったという経験をお持ちの方は多いと思います。そういったことを防ぎたい方はPixelを選びましょう。

ただし、最近は音楽を聴く人が少なくなっていますし、 YouTube などの動画投稿サイトで音楽を聴くという流れがあるので、使わない人にとってはいらない機能です。

イヤホンジャックがあるGalaxy Note9【絶滅危惧種】

初めてイヤホンジャックが搭載されていない iPhone が発売された時は衝撃でしたが、現在では Android でもイヤホンジャックのない機種が多数あります。そんな中でもイヤホンジャック対応の Galaxy Note9は 絶滅危惧種と言っても過言ではありません。

音楽を聴くことに有線イヤホンでないといけない、というこだわりのある人は Galaxyを選びましょう。

Pixel3 XLはこんな人向け!

一言で言うなら「リア充向け」です。

本体性能がめちゃくちゃ高いというわけではありませんが、 Googleレンズや自撮りしやすいフロントカメラでの広角撮影、流れている音楽の自動を検索など、外を出歩く人にとっては楽しい機能が満載です。

Galaxy Note9はこんな人向け!

仕事の好きな人は Galaxy Note9が おすすめです。

実際に使ってみるとアナログの手帳が不要になるほど使い勝手がよく、特にIT化の進んでいる職場との親和性が高いと思います。本体性能も高く、おサイフケータイなどの日常が便利になる機能も満載なので、若いサラリーマンの人は買ってはいかがでしょうか。

結論を言います。【これを買っとけ】

Galaxy Note9を買いましょう。Pixel3 XLも非常に使い勝手が良く、難しいところでした。正直なところ、どちらもオススメです。

しかし、今後の働き方改革で職場のIT化が進んだ時に手書きができるスマートフォンというのは重宝されるようになるかもしれません。今現在で見るとPixel3 XLの方が楽しそうですが、将来を見据えての投資と考えるのであれば Galaxy Note9で スマホに文字を書くことに慣れておいた方が良いと思います。

あなたに読んでほしいPixel 3の記事

Pixel 3を購入レビュー。小型サイズでカメラが良い機種を探しているならPixel 3以外ないでしょ!

【レビュー】Pixel 3aを購入!スペックにカメラ性能、バッテリー持ちを検証

Pixel 3はSIMフリー・ドコモ・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?

Pixel 3の購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Pixel 3をイオシスで購入する。:41,800円〜

ドコモ・ソフトバンクで購入するなら

ドコモ・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップでPixel 3を購入する。
ソフトバンクオンラインショップでPixel 3を購入する。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で購入するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトクです。

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。ソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comでPixel 3に乗り換える。

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

created by Rinker
Google
¥47,800 (2020/05/31 13:23:16時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

あなたに読んでほしい‪Galaxy Note 9の記事


‪Galaxy Note 9の購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Galaxy Note 9をイオシスで購入する。:55,800円〜

ドコモで購入するなら

ドコモで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

‪Galaxy Note 9をドコモオンラインショップで購入

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

Samsung Galaxy Note 9 SM-N960 128GB/6GB 6.4” QHD+ sAMOLED Factory Unlocked GSM (No CDMA) – International Version sim free (Midnight Black) (Ocean Blue)
Samsung

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ひろ.K

ITや家電に強く「スマホオタクが考える快適なスマホライフ」をモットーに執筆。自身の経験を元にした就職・転職関係の記事やキュレーション全般も書けるオールマイティー。まとめるだけでなく私見もしっかり述べます。

Add Comment

Click here to post a comment