スマホ

(比較)Pixel 3とiPhone XSってどっちを買うべき?

Google と Apple ってどっちが凄い企業なんでしょうね。多分お互いに一長一短があるんでしょうが、それだと面白くないですよね。今回は Google が作ったスマートフォン「Pixel3」とApple が作った「iPhone XS」 を比較してみたいと思います。おそらくこの2機種が購入時に一番選択肢として上がるのではないでしょうか。

created by Rinker
Google
¥52,600(2020/12/03 16:43:33時点 Amazon調べ-詳細)

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

ひと目で分かる!スペック一覧表

Pixel3iPhone XS
発売日2018年11月1日2018年9月21日
CPU オクタコア A12 Biotic
OSAndroid 9iOS12
RAM容量4GB4GB(非公式)
ROM容量:価格64GB :95,000円64GB:112,800円
128GB:107,000円 256GB:129,800円
※SDカード非対応 512GB:152,800円
ディスプレイ解像度1080 x 2160(有機ELディスプレイ搭載 443ppi)2436 × 1125(有機ELディスプレイ搭載 458ppi)
ディスプレイサイズ5.5インチ5.8インチ
本体サイズ(縦×横×高さ)145.6×68.2×7.9mm143.6×70.9×7.7mm
本体重量148g177g
NFC対応対応
充電方法ワイヤレス充電対応ワイヤレス充電対応
防水防塵IP68対応IP68対応
認証方法指紋認証Face ID
バッテリー容量2915mAh3174mAh(非公式)
アウトカメラシングルカメラデュアルカメラ
・12.2MP ・12MP
フロントカメラデュアルカメラシングルカメラ
・8MP ・7MP
カラーバリエーション・クリアリーブルー・ゴールド
・ノットピンク・スペースグレイ
・ジャストブラック・シルバー

※iPhoneは税抜き価格で表記。

※Pixelはドコモ、ソフトバンク、GooglePlayストアで販売。GooglePlayストアでの購入価格を表記。

PixelとiPhone、類似点まとめ!【いい勝負】

比較する前にまずはスペックが同じ部分を確認していきたいと思います。OS の性能はどちらも同じと言っていいでしょう。どちらも有機 EL ディスプレイを採用しており、大画面で綺麗な映像を楽しむことができます。ワイヤレス充電やおサイフケータイに対応している点も同じですし防水防塵機能も同じレベルです。バッテリー持ちもほぼ同じでしょう。

同じ部分ばかり見ていてもつまらないので、早速違う部分に注目していきたいと思います。

PixelとiPhoneでカメラの力の入れどころが違う!

Pixelの大きな特徴として、フロントディスプレイの上下にカメラが2個搭載されている点が挙げられます。一方の iPhone は背面にデュアルカメラを搭載しております。

これは、想定されている使い方の違いです。Apple は写真を「撮るもの」だと考えているのに対し、Google は写真を「共有する」ものだと考えていると思います。フロントにデュアルカメラを搭載することによって広角撮影が可能になります。これは自撮りをする時に仲間の誰か一人が見切れることなく手軽に撮影することができます。これに対して iPhone は綺麗な景色や場面を撮る時に便利だと思います。

4K撮影するならiPhoneXSを買うべし!

現在のハイスペックスマホではほとんど搭載されている4Kでのビデオ撮影がPixel3ではできません。高画質のビデオの撮影にこだわるのであれば iPhone 一択でしょう。

しかし現在、4K動画が世間一般に普及しているとは言い難く、対応していないからと言って困るというような人は少ないと思います。

【カメラで翻訳】Pixelは「Googleレンズ」を使うべし!

Pixelの一番の差別化ポイントは「Googleレンズ」です。これは、カメラで被写体を写した時に、その情報を瞬時に検索して表示するというシステムです。例えば外国語の文字が書かれた文章をカメラで写すと自動で翻訳してくれます。文字だけでなく、電話番号であればその番号に発信するかどうか提案してくれますし、一般に流通している商品であればその情報もあわせて表示してくれます。

iPhone にはそのような にはそのような機能はありません。どれほど実用性もあるかはわかりませんが、画像認証は今後伸びていく分野だと思うので興味のある人はPixel3を買うべきです。

ロック解除方法はiPhoneXSが便利です!

Pixel3は指紋認証とパスワードによるロック解除にしか対応しておりません。一方の iPhone XSはFace IDという 顔認証システムを採用しており、ロック解除の利便性では iPhone XSが 有利だと思います。

しかし、マスクをつけると顔認証が正常に反応しなくなったりするので一長一短です。

Pixelのスピーカーは2個ついている!

iPhone XSは底面の充電ポートの両隣にスピーカーがありますが、Pixel3はフロントディスプレイの上下にひとつずつスピーカーが配置されています。どちらもステレオスピーカーですが、臨場感のあるサウンドを楽しみたいならPixel3を買いましょう。

もちろんイヤホンをしていればスピーカーの違いは関係ありません。注意点としては、どちらもイヤホンジャックが搭載されていません。ワイヤレスイヤホンか専用のアダプターを買いましょう。

Pixelの強みはロック解除せずに音楽検索が出来る点

Pixel3の面白い機能として、今現在の店内で流れている音楽を自動で検索することができます。普段の音楽検索であれば、ロック解除してアプリを起動する必要がありますが、Pixel3であればロックを解除することなく今流れている音楽を通知してくれます。

もちろん、使わない人にとっては全く使わない機能なので、本当に自分に必要か見極めましょう。

iPhoneはストレージ容量の選択肢が多い!

Pixelのいまいちな点としては、選択できるストレージの容量が少ないです。最大でも128 GB 搭載のモデル購入することができません。また SD カードにも対応していないので後から容量を追加することも不可能です。 Googleドライブなどのクラウドを使って容量を節約しましょう。

Pixelの製造メーカーは非公開【意外と秘密主義?】

自由で開放的なイメージのある Google ですが、Pixel3がどこで生産しているのかについては非公開です。実際に問い合わせをしてみた人もいるようですが、 Google から回答は得られませんでした。噂では iPhone を製造している工場と同じらしいですが真理は不明です。

製造しているメーカーがどこかを気にする人は少ないと思いますが、製造を担当しているメーカーを非公開にするのは Google らしくないですね。

iPhoneのノッチは隠せる?

紛らわしい点ですが、Pixel3にはノッチがありません。ノッチがあるのは上位モデルのPixel3 XLのみです。ノッチが好きな人は iPhone XSを 買うべきですね。嫌いな人はPixel3をお勧めします。Android であればノッチを隠すアプリなどもありますが、IPhone ではどうなのでしょうか。

結論から言うと、ノッチを隠すアプリはあるそうです。ただし、Apple のデベロッパーサイトの設計ガイドラインに「ノッチを隠さないで」という記述があるそうです。しかし、実際にノッチを隠すアプリがダウンロード可能のようです。今後、このアプリは削除されてしまうのかどうかはわかりませんが、ガイドラインを遵守するということであれば、削除される可能性が高いです。

Pixel3の購入者像

旅行な好きな人であればPixel3はベストなスマートフォンだと思います。カメラをかざすだけで翻訳ができたり、知らない土地で出会った音楽を即座に知ることができるからです。

逆に、毎日家と職場の往復といったルーティンな生活を送っている人にとってはあまり魅力的とは言えません。

iPhoneXSの購入者像

IPhone は好きな人で、かつ失敗したくない人向けです。

iPhone XSには 上位モデルと下位モデルがありますが、一番無難な選択肢と言えるのはこの iPhone XSです。 機能的にはハイエンドのスマホであり、お値段も高いですが、最新の iPhone の中では一番購入の選択肢に入ると思います。

【結論】どっちを買うべき?

IPhone XSの 256 GB を買いましょう。

お値段は高いですが、現在の最新 iPhone で買った後に後悔することが無いモデルです。64 GB は容量が少なすぎるので、せっかくのハイエンド機能が活かしづらいです。

Pixel3も面白い機能がたくさんありますが、 Google が購入を想定しているユーザーの数は多くはないと思います。汎用的に使える iPhone XSが 私はお勧めです。

Pixel 5を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

SIMフリー版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ACTIVATE

ついに発売されたGoogleの最終兵器、Pixel 5。もちろん速攻で購入しました。 Pixel 5は今年はGoogle…

au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い実質負担額
au79,935円1,905円/月〜(24回払い)43,815円(かえトクプログラム適用時)
ソフトバンク87,840円1,830円/月〜(24回払い)43,920円(トクするサポート適用時)

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
Google
¥54,800(2020/12/03 19:28:13時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

iPhone 12を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ACTIVATE

ついに発売されたiPhoneの最新作、iPhone 12。 ついに5Gに対応し、さらに今回も各通信会社とSIMフリー版が…

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い実質負担額
ドコモ87,912円2,442円/月〜58,608円(スマホおかえしプログラム適用時)
au103,430円2,410円/月〜55,430円(かえトクプログラム適用時)
ソフトバンク110,880円2,310円/月〜55,440円(トクするサポート適用時)

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

ケースもお忘れではないですか?

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

スマホ
最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG