HUAWEI P30 Pro/P30

HUAWEI P30 Proのスペックや日本発売日をスマホオタクが徹底解説!

HUAWEI

昨日(2019年3月26日)、ファーウェイの新作スマートフォンP30 Proが発表されました!

アップル、サムスンを猛追するファーウェイ。

そのカメラ性能は今回も圧倒的!

ということでP30 Proのスペックを解説していきましょう!

Huawei P30 Pro (VOG-L29) 8GB/256GB Dual SIM (Aurora/オーロラ) SIMフリー [並行輸入品]
HUAWEI(ファーウェイ)
P30シリーズを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

簡単に購入するならAmazonや楽天がおすすめ。

created by Rinker
ファーウェイ
¥60,290 (2020/08/04 10:38:19時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

P30 Proのスペック

P30 Proのスペックは下記の通りです。

P30 Pro
容量:価格 128/256/512GB:約13万円から
CPU Kirin 980
メモリ(RAM) 6/8GB
ディスプレイサイズ(解像度) 6.47インチ 有機EL(2340 x 1080 19.5:9)
本体サイズ(重量) 73.4 x 158.0 x 8.41mm(192g)
背面カメラ メイン40MP f1.6+広角20MP f2.2+望遠8MP f3.4+ToFカメラ(クアッドカメラ)
フロントカメラ 32MP f2.0
ビデオ 4K対応
充電方法 ワイヤレス充電対応
防水防塵 IP68
SDカード 非対応
認証方法 顔認証、画面内指紋認証
おサイフケータイ 未確認
イヤホンジャック 非対応
バッテリー容量 4,200mAh
カラーバリエーション Amber Sunrise/Breathing Crystal/Pearl White/Aurora/Black

P30 Proの日本発売日や価格

Buy the Huawei P30 Pro SIM Free

P30 Proの発売日は海外では4月5日です。

日本での取り扱いキャリアはまだ発表がありませんがP20 Proはドコモが取り扱いました。

今回もドコモで取り扱いがあるとすれば2019年夏モデルとして5月か6月頃に発売されるのではないかと思われます。

価格は海外では約13万円で発売されています。

P30 Proのスペックの特徴

P30 Proの特徴は

  • 超広角から光学5倍の超望遠までカバーする4眼カメラ
  • 天の川や星空も撮影できる暗所撮影
  • 新しくなった画面内指紋認証

とにかくカメラがすごいんです!!!

P30 ProのCPUはKirin980搭載

P30 ProのCPUは​Kirin980というオクタコアプロセッサーを搭載しています。

P20 ProのKirin970から一世代進化です。とはいえP20 Proでも全然困らなかったんですが、、、

P30 Proのストレージ容量は512GBまである

P30 Proのストレージ容量は128〜512GBまであります。

DropboxやGoogleフォトなどのクラウドを使っていれば128GBで全然問題ないです。

ただSDカードには非対応なので不安なら512GBをどうぞって感じです。

P30 Proのディスプレイサイズは6.47インチ

P30 Proは6.47インチとかなり大画面のディスプレイです。ほぼiPhone XS Maxと同じです。

発表会ではそれでいてノッチが小さいのでiPhone XS Maxよりコンパクトと煽っていましたね。

P30 Proのバッテリー容量は4,200mAh!今回もバッテリー持ちに期待

P30 Proのバッテリー容量は4,200mAhです。

ファーウェイのフラッグシップモデルはとにかくバッテリー持ちが良いので今回も期待できます!

おまけにMate 20 Proと同じくワイヤレス充電や逆充電も搭載!

ひげ剃り充電してるの笑いますよね。

P30 Proのカメラはついに4眼に!最強カメラ健在!

P30 Proはついに4眼カメラを搭載しました!

レンズ構成はメイン4000万画素 f1.6+広角2000万画素 f2.2+望遠800万画素 f3.4+ToFカメラ。

Mate 20 Proで最強だった超広角は今回も同様に、新たに光学5倍からの10倍ハイブリッドズームに対応!

Mate 20 Proの超広角で、自分の想像を超える写真が撮れることが楽しくてしょうがなかったんですが、さらに超望遠まで加わってどうなっちゃうんでしょう!

P30 Proの防水防塵性能はしっかりIP68に対応

P30 Proはもちろん最高クラスの防水防塵性能IP68に対応しています。

安心していろんなところに持ち出せます!

P30 Proはおサイフケータイ・ワンセグに対応するのか

現時点でP30 Proがおサイフケータイ・ワンセグに対応しているかの情報はありません。

ドコモから発売されたP20 Proはおサイフケータイに対応していたので、今回もドコモからの発売があれば搭載される可能性はあります。

ただしP20 Proでもワンセグは非対応だったのでP30 Proもワンセグは対応しないでしょう。

P30 ProはデュアルSIM(DSDS、DSDV)に対応しているか?

海外版のP30 ProはデュアルSIMに対応しています。

しかしドコモ版のP20 ProはシングルSIMだったのでP30 ProもシングルSIM仕様にされる可能性はあります。

P30 Proのカラーバリエーションは5種類で超カラフル

P30 Proのカラーバリエーションは5種類です。

https://twitter.com/tommy_khy/status/1110538733319798784?s=12

  • Amber Sunrise
  • Breathing Crystal
  • Pearl White
  • Aurora
  • Black

今回追加された赤のようなAmber Sunriseも綺麗ですし、Galaxy S10のプリズムホワイトのようなBreathing Crystalもめちゃくちゃ綺麗です!

どれも高級感もあって迷いますな!

まとめ

P30 Proはとにかく超広角から超望遠までカメラ性能が圧倒的!

P30 Proを持ち歩けばきっとあなたの想像を超える写真が撮れますよ!

P30シリーズを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

簡単に購入するならAmazonや楽天がおすすめ。

created by Rinker
ファーウェイ
¥60,290 (2020/08/04 10:38:19時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。
詳しいプロフィールはこちら

Add Comment

Click here to post a comment