スポンサーリンク

HUAWEI P20 liteとnova lite3を比較!スペック違いや買うべき人は?【格安huaweiスマホ対決】

HUAWEIAndroid
スポンサーリンク

今回は Huawei 製品スマホ対決です。どちらも格安スマホと呼ばれるモノですが、ハイエンドスマホに勝るとも劣らない性能を一部で持っています。でも、p20 liteとnova lite3の違いを明確に理解している人は少ないのではないでしょうか。

今回はp20 liteとnova lite3を各項目ごとに比較していこうと思います。

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

スポンサーリンク

huawei p20 liteとは?【スペック確認】

huawei p20 liteは2018年6月15日に発売された格安スマホです。お値段は家電量販店だと3万1980円、5.84インチのノッチ型ディスプレイを搭載しています。背面カメラは16MP+2MPのデュアルカメラ、フロントカメラは16MPと格安スマホなのにハイエンドスマホ越えの画素数を誇ります。

メモリもRAM4GB、ストレージ32GBと良いです。マイクロSDカードにも対応しています。

p20 liteは「カメラが凄いし、本体スペックもそこそこ良いよ」ってイメージのスマホです。

huawei nova lite3とは?【スペック確認】

nova lite3は2019年2月に発売されたばかりです。6.2インチのしずく型ノッチディスプレイを搭載しながらもお値段は驚きの26,880円!そして背面にデュアルカメラ(約13MP+2MP)、フロントカメラ(16MP)を搭載しています。また、本体ボディのデザインも美しいです。

nova lite3は「お値段をメチャ抑えたけど、カメラ性能も妥協しないぞ」っていうイメージです。

【価格比較】p20 lite V.S. nova lite3【安いのはどっち?】

huawei p20 liteは3万1980円、nova lite3は26,880円です。安さにこだわるならnova lite3がおすすめですが、その差は5,000円。機能次第ではp20 liteの購入も選択肢に入ります!

【RAM・ストレージ・SDカード容量比較】p20 lite V.S. nova lite3【大容量はどっち?】

p20 liteはRAM 4GB/ストレージ 32GB、一方のnova lite3はRAM 3GB/ストレージ 32GBです。どちらもマイクロSDカードに対応していますが、RAMは追加できません。

RAMはアプリ動作のサクサク感に大きく影響してきます。3Dゲームや動画編集などはRAM3GBだとかなり使いにくいと思います。

スマホアプリをよく使う人はp20 liteを選択した方が良さそうです。

【ディスプレイ比較】p20 lite V.S. nova lite3【美しいのはどっち?】

p20 liteは5.8インチのノッチ型ディスプレイ(解像度 2280×1080)に対して nova lite3は6.21インチのしずく型ノッチディスプレイ(解像度 2340×1080)です。

結論としては、解像度はほぼ同じなので、サイズとノッチ形状の好みで選びましょう。

【カメラ比較】p20 lite V.S. nova lite3【写真がキレイなのはどっち?】

p20 liteは背面カメラ(16MP+2MP)のデュアルカメラ、フロントカメラ(16MP)、対する nova lite3は背面にデュアルカメラ(約13MP+2MP)、フロントカメラ(16MP)です。背面カメラはp20 liteの方が優れています。ただし、nova lite3はAIカメラを搭載しているので、撮影シーンに応じてAIが最適な撮影モードに切り替えてくれます。

AIによる撮影モードの切り替えはとても便利なので、カメラ性能に絞って両者の優劣を判断するのは出来そうにありません。

【参考】Mate20Xで写真を撮ってみた!これもAIが自動でフードモードに切り替えてくれます。

【利便性比較】p20 lite V.S. nova lite3【おサイフケータイ・防水・ワンセグは?】

大変残念ですが、どちらもおサイフケータイ・防水・ワンセグに対応していません!

格安スマホで日本的な機能と言われるおサイフケータイ・防水・ワンセグに対応しているモノはなかなか見当たりません。

調べてみると、ArrowsやHTC、AQUOSのスマホは5万円以下のお値段で防水性能がついています。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。(リンク先:SIMCHANGE様)

ただ、筆者的にはお気に入りのメーカーや機種があるのに防水性能がついていないから購入を断念するのはもったいないかと思います。防水防塵は完ぺきではなく、経年劣化で性能は低下します。実際にAppleはiPhoneの水濡れトラブルを保証の対象外としています。

そこで代案として、スマホ用防水ケースを使ってみましょう。海水浴場やプールサイドに持ち込む時はこのケースに入れておけば安心です。おまけに6.5インチ以下のスマホはすべて収納可能!指紋認証や顔認証も利用可能で、これ一つあれば機種変更してもまず安心です。

注意点として、水中や指が濡れている時など、認証が上手くいかない状況はあります。また、音楽や動画を流す時は音がこもってしまうので注意です(音は聞こえますが、音質は諦めましょう)。

p20 lite と nova lite3はどちらを買うべき?【結論】

nova lite3を買いましょう!背面カメラの画素数で劣っていますが、ハイエンドスマホと比較してもカタログスペックでは勝っています。

また、しずく型ノッチディスプレイですが、あまり主張しすぎない可愛らしいデザインなので、これも筆者的にポイント高いです。また、最近のスマホは6インチ越えが当たり前で、それ以下だと小さく感じるようになってしまいます。

ただ、注意点としてnova lite3はWi-Fiのac規格に対応していません。また、RAM3GBなのでゲームや動画編集は諦めましょう。

nova lite 3のお得な購入方法

一番おすすめはイオシスなどの白ロム通販ショップからの購入です!

理由はなんといっても専門の通販ショップなので一番安心できることです。

ヤフオクやメルカリでは相手が個人なので揉めることもしばしばありますが、白ロム通販ショップなら相手はお店ということでその心配はありません。

個人輸入は購入時もそうですし、トラブった時に英語の問題が立ちはだかります。

ということで特に初心者の方には下記の白ロム通販サイトがおすすめです!

イオシスから購入

早くもイオシスでは在庫が入荷しています!



HUAWEI nova lite 3 : 24,800円~

てかこの価格安すぎませんか!もっと安くなってるかもしれないからクリックして最新情報を見てみて!

ゲオから購入

ご存知ゲオはスマートフォンの取扱いがとにかく豊富!そして実店舗もたくさんありますし安心できます!

ゲオマート【GEO-MART】

ムスビーから購入

ムスビーは国内No.1の中古スマホ取扱い専門店ですのでこちらも安心です!



国内SIMフリー版の正規取り扱い店

次のストアが国内SIMフリー版の正規取り扱い店です!

Amazonから購入

Amazonでも正規品を取り扱っています!

楽天モバイルで購入



LINEモバイルで購入

nova lite 3と一緒に買い忘れはありませんか?

下記のリンクからケースやフィルムを直接探せます!

nova lite 3のケースを探すならこちらから!

nova lite 3のフィルムを探すならこちらから!

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

この記事を書いたのは

hirok_プロフィール

ひろ.K
ITや家電にめっぽう強く、うちでは「スマホオタクが考える快適なスマホライフ」をモットーに執筆していますが、実は自身の経験を元にした就職・転職関係の記事や恋愛まとめやキュレーション全般などなんでも書けるオールマイティー。まとめるだけでなく私見もしっかり述べちゃうのよ。
ブログ「ひろ・K・トムの部屋」はこちら

コメント