UMPC

超小型8.9インチUMPC OneMix3を購入レビュー

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。もちろん無料や。

普段の持ち物をなるべく軽くしたい私ですが、このたび超小型PCであるOneMix3を購入しました。

正直こんなに使えると思いませんでした。今ではMacBook Airを手放しても良いのではと思っているほどです。ということでさっそくレビューしていきたいと思います。

OneMix3のスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

OneMix3のスペック表

OneMix3
ストレージ容量(ROM) 256GB SSD
価格 89,800円〜
CPU Core m3-8100Y
メモリ(RAM) 8GB
ディスプレイサイズ 8.4インチ IPS
解像度 2560×1600 358ppi
本体サイズ 294×129×14.9mm
重量 650g
メインカメラ
インカメラ
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 非対応
SDカード 対応
認証方法 指紋認証
おサイフケータイ 非対応
イヤホンジャック 搭載
バッテリー容量 8600mAh
カラーバリエーション シルバー

OneMix3の特徴

  • 持ち運び可能な超小型PC
  • ちょうど良い8.4インチの画面サイズ
  • フルキーボード搭載
  • 小さすぎずキーボードもノートパソコン並のピッチを確保されている
  • 申し分ない性能

OneMix3の付属品


  • 充電器
  • USB Cケーブル
  • 簡易説明書

オーソドックスなセットです。しかしながら箱にも高級感があり気持ちが高まります。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
10万円近くするもんな

OneMix3のデザイン

それでは実際のOneMix3のデザインをみていきましょう。

まるでMacBook Mini。高級感のあるアルミ合金ボディ

ボディ全体はアルミ合金でできており、さながらMacBook Miniといったところです。

かなり剛性も高く、しっかりした造りで所有感があります。

天板のOneMix3のロゴも落ち着いていてカッコいいです。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
これはアップル製品と言われてもわからんぞ

アウターのポケットに入る大きさ

サイズ感は非常に小さく、秋冬に着るようなダウンやコートなどのアウターのポケットに入る大きさです。

ジーパンのポケットとかはきついですね。

外出するときはダウンコートのポケットにさっといれて持ち運んでいます。

iPhone 8と比べてもこんなに小さいです。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
身軽やで

とにかく入力しやすいキーボード

キーボードはピッチもしっかり確保されていて、非常に入力しやすいです。

ほぼフルサイズのキーボードを持っていけるというのがどれほどありがたいか。

私はこの1ヶ月ほどOneMix3でほぼすべての記事を執筆していますが、全然問題ありません。

Keyswapを使えばキー配置も問題なし

もちろん完全にフルサイズのキーボードとはいかないので、一部特殊な配置もあります。

具体的にいうと

句読点が小さい
Tabキーが数字の上
  • 句読点キーが小さく押しにくい
  • Tabの位置が数字キーの上

あれ、これだけといった感じですが。

しかしこの問題点も「Kewswap」というフリーソフトを使うことで解決します。

おすすめのキー設定

私はKeyswapで下記のように変更しています。

  • スペースキー横の「’」キーを「、」に変更
  • 「A」キー横のCapsキーをTabキーに変更

これだけでもうめちゃくちゃ入力しやすくなります。

新幹線や飛行機の机やバスで膝の上でも作業できる

この大きさなので新幹線や飛行機の小さな机の上や膝の上でも快適に作業できます。

ほんとにどこでも作業ができてしまいます。

取り出して入力までのハードルがすごく低いので、スキマ時間をすぐさま作業時間にすることができます。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
費用対効果めっちゃ高いで

カーソルポインターも以外とスムーズ

スペースキーの下に昔のBlackBerryを彷彿とさせるようなポインターが搭載されています。

こんなので操作できるのかと半信半疑でしたが、実際操作してみるとかなりスムーズに操作できます。

たとえばYouTubeで動画の下の視聴時間のスライダーを調整したりするような細かい作業も全然できます。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
不器用そうな見た目でなかなかやるやんけ

OneMix3のカーソルポインターが苦手な作業

逆に苦手な作業はスクロールです。

タッチパッドではないので、2本指でスクロールなどの作業はできません。ドラッグ&ドロップも苦手です。

あとずっとこれで作業すると疲れます。

タッチパネルを使えばなんの問題もない

しかしなんの問題もいりません。そう、OneMix3の画面は普通にタッチパネル対応だからです。

タッチパネルだと上記の問題点がすべて解決してしまいます。技術力に感謝。

ぶっちゃけタッチパネルで作業するほうが早いです。タッチパネルの精度もかなり高く、Windowsの小さいボタンも全然間違うことなくタッチできてしまいます。

なので自分は基本的にはタッチパネルでずっと作業しています。ほんとに細かい箇所を指定する時だけポインターを使うようにしています。

そしてがっつり作業するときはこの超小型マウスを持ち歩いています。これほんとに小さすぎて最高です。超小型のOneMix3とめっちゃ相性いいです。おすすめ。

最小ワイヤレスマウスDigio2 COROTポケットを購入レビュー

Retinaディスプレイの画面の精細さに驚き

画面の精細さにはほんとに驚かされます。

本気を出せば2560×1580の100%表示も可能です。さすがにここまで小さくするとタッチがしにくくなるのですが、マウス作業前提ならアリです。

OneMix2や一般的なUMPCはここまで精細な画面でなく、少し粗も目立っていましたので、これは大きな進化点だと思います。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
美しい

画面サイズも使いやすい8.9インチ

画面サイズがまた絶妙なサイズの8.9インチです。

解像度が高いことも相まって、かなり実用的な作業領域を確保できます。

OneMix2などの7インチ級のUMPCでウインドウを2つ以上表示しながら作業しようとすると、例えるならiPhone 8を2台並べているぐらいの作業領域しか確保できませんでした。

しかしOneMix3では普通にMacBook Proで作業しているのと変わらないレベルの作業領域が確保できます。

2画面以上のウインドウで作業するときの作業効率が全然違います。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ほんまMacBook Air売ってくるわ

指紋認証が爆速

OneMix3はキー右上の電源ボタンの横に独立した指紋認証センサーがあります。

この指紋認証センサーがとてつもなく爆速でノンストレスでログインできます。

MacBookやiPhoneみたいに決済などいろんな認証をこの指紋認証でいけたら……と思ってしまいます。

イヤホンジャック搭載。スピーカーの音質は期待するな

キーボードの左側にしっかりイヤホンジャックを搭載しています。これはありがたいですね。

OneMix3にイヤホンジャックはある?

しかし内蔵スピーカーはなんとモノラル。ディスプレイ左側のほうから音が鳴っているのですが、そんなに良い音質ではありません。

映画や音楽をしっかり楽しむならスピーカーかイヤホンに繋ぐことをおすすめします。

LTEに繋げたらどれだけ幸せなんだろう

持ち運びもしやすく、開くとすぐに作業できるので、LTEにも対応していたらと思うのですが、残念ながらSIMモジュールには対応していません。

OneMix3はLTEやSIMモジュールに対応しているのか?

当初対応するという話があったのですが、結局なにもないままです。

一部の本体では実は搭載されているというものもあったりしたようですが、今の個体は非搭載です。

日本語対応

OSはWindows 10 Homeなので、当然表示は日本語に対応しています。

入力もキーボードはUSキーボードになりますが、記号の位置さえ覚えてしまえば全然問題なく使えます。

インターフェースも充実の装備

こういった小型端末はインターフェースを省かれがちですが、OneMix3はまったく妥協なし。

USB C、USB Aどちらもしっかり搭載しているので拡張性も抜群です。なんでも繋ぐことができます。

ただしUSB Cは1ポートのみで充電も兼ねているので、充電しながらUSB Cポートを使用したい場合はハブが必要です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシに繋げんものはない

画面を回転してタブレットスタイルも可能

画面をひっくり返すとタブレットスタイルにもなります。

でもこのスタイルで使うのって買った初日だけです。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
分厚いからさ……

Kindleとの組み合わせで意外と使えるテントスタイル

それこそ絶対使わないだろうと思っていたテントスタイルですが、これがなんとKindleアプリと相性が良いことがわかり多用しています。

Kindleアプリはめちゃくちゃ読みやすい

画面が8.9インチありますから、絶妙なサイズで非常に読書しやすいです。

このようにして持つといい感じに手に引っかかりますし、画面側なので厚みもそんなにないので持ちやすくおすすめです。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
めっちゃ読書がはかどる

OneMix3の電池持ち

OneMix3の電池持ちはかなり良いです。

実稼働で5~6時間は持ちます。これだけ持てば十分でしょう。

詳しくはこちらに記事にしています。

OneMix3のバッテリーの電池持ちをチェック

ちなみに充電時間は4時間ほどで100%まで回復します。

OneMix3の充電時間はどれぐらいかかる?

まとめ

OneMix3は最近流行りのUMPCというカテゴリに8.9インチという画面サイズと高級感で一つの答えを提示したモデルだと思います。

これ1台でメインPCとしても使え、もちろんカフェなどでの作業もでき、飛行機や新幹線やバスですら仕事場になってしまうという素晴らしさ。

これ1台でどこでも作業ができるこの快適さ、ぜひ味わってみてください。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。
詳しいプロフィールはこちら

Add Comment

Click here to post a comment