スポンサーリンク

huawei nova lite3は防水防塵(IP○○)に対応しているのか?

HUAWEIAndroid
スポンサーリンク

2019年2月1日より発売されたHuaweiの最新格安スマホ「nova lite3」!一部の格安SIM(MVNO専売)で発売されています。

あまり馴染みのない端末ですので簡単にスペックを紹介すると、「圧倒的な安さ(26,880円!)」「6.21インチのしずく型ディスプレイ」「2340×1080の画面解像度」「背面カメラ13MP、フロントカメラ16MPの高性能AIカメラ搭載」という点です。一言で表現すると「カメラに特化した格安スマホ」というイメージです。詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください。(リンク先:ベストシム様)

【おまけ】家電量販店で上位機種のnova3をレビューする筆者

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

スポンサーリンク

huawei nova lite3は防水防塵に非対応

公式サイトを拝見すると、防水防塵に関する記述は見当たりません。つまり防水防塵には対応していないという事です。まぁ3万円程度の格安スマホであれば仕方ありません。濡れないように気を付けましょう。

huawei novaシリーズは防水防塵に対応しているのか?

上位機種のnova3も防水防塵には対応していません。こちらもやはり、公式サイトに記述は見当たりません。6万円程度するスマホなので、ある程度は対応していて欲しかったですね…

他のhuaweiスマホは防水防塵に対応しているのか?

モデルをチェンジし、Mate20シリーズを見ていきましょう。

Mate20liteは4万円代の格安スマホですが、こちらも防水防塵に対する記述はありません。よって対応していません。

ハイエンドスマホのMate20Pro(IP68)とミドルエンドスマホのP20Pro(IP67)は防水防塵に対応しています。IP○○の詳しい見方は下の記事を参考にしてください。

格安スマホは防水防塵に対応しているのか?

調べてみると、ArrowsやHTC、AQUOSのスマホは5万円以下のお値段で防水性能がついています。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。(リンク先:SIMCHANGE様)

huawei nova lite3を使うなら防水ケース使用もアリ!

ただ、筆者的にはお気に入りのメーカーや機種があるのに防水性能がついていないから購入を断念するのはもったいないかと思います。防水防塵は完ぺきではなく、経年劣化で性能は低下します。実際にAppleはiPhoneの水濡れトラブルを保証の対象外としています。

そこで代案として、スマホ用防水ケースを使ってみましょう。海水浴場やプールサイドに持ち込む時はこのケースに入れておけば安心です。おまけに6.5インチ以下のスマホはすべて収納可能!指紋認証や顔認証も利用可能で、これ一つあれば機種変更してもまず安心です。


注意点として、水中や指が濡れている時など、認証が上手くいかない状況はあります。また、音楽や動画を流す時は音がこもってしまうので注意です(音は聞こえますが、音質は諦めましょう)。

nova lite 3のお得な購入方法

一番おすすめはイオシスなどの白ロム通販ショップからの購入です!

理由はなんといっても専門の通販ショップなので一番安心できることです。

ヤフオクやメルカリでは相手が個人なので揉めることもしばしばありますが、白ロム通販ショップなら相手はお店ということでその心配はありません。

個人輸入は購入時もそうですし、トラブった時に英語の問題が立ちはだかります。

ということで特に初心者の方には下記の白ロム通販サイトがおすすめです!

イオシスから購入

早くもイオシスでは在庫が入荷しています!



HUAWEI nova lite 3 : 24,800円~

てかこの価格安すぎませんか!もっと安くなってるかもしれないからクリックして最新情報を見てみて!

ゲオから購入

ご存知ゲオはスマートフォンの取扱いがとにかく豊富!そして実店舗もたくさんありますし安心できます!

ゲオマート【GEO-MART】

ムスビーから購入

ムスビーは国内No.1の中古スマホ取扱い専門店ですのでこちらも安心です!



国内SIMフリー版の正規取り扱い店

次のストアが国内SIMフリー版の正規取り扱い店です!

Amazonから購入

Amazonでも正規品を取り扱っています!

楽天モバイルで購入



LINEモバイルで購入

nova lite 3と一緒に買い忘れはありませんか?

下記のリンクからケースやフィルムを直接探せます!

nova lite 3のケースを探すならこちらから!

nova lite 3のフィルムを探すならこちらから!

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

この記事を書いたのは

hirok_プロフィール

ひろ.K
ITや家電にめっぽう強く、うちでは「スマホオタクが考える快適なスマホライフ」をモットーに執筆していますが、実は自身の経験を元にした就職・転職関係の記事や恋愛まとめやキュレーション全般などなんでも書けるオールマイティー。まとめるだけでなく私見もしっかり述べちゃうのよ。
ブログ「ひろ・K・トムの部屋」はこちら

AndroidHUAWEInova lite 3スマートフォン
スポンサーリンク
わだかつやをフォローする
スポンサーリンク
VOVM|スマホ・スニーカー・ハロプロのオタクメディア

コメント