Logicool MX Master 3を購入レビュー。手から離れない感覚

つい先日ロジクールのMX Masterシリーズマウスの最新作、MX Master 3が発売されました。

私はかねてからマウスはLogicoolのMXシリーズを愛用しております。しかしながら、MX Master 2Sを購入したのはつい3ヶ月前。それでもう新作でちゃうなんてひどいと思いつつ購入してしまいました。

ということで最強マウスMX Master 3についてレビューしていきます。

MX Master 3とは?

世界一のシェアを誇るLogicoolの最強ラインナップであるMasterシリーズ。そのMasterシリーズの最新のマウスがMX Master 3です。

MX Master 3の特徴

  • 1秒間に1,000行のスクロールが可能なMagSpeed電磁気スクロール。
  • 自動で認識しフリースピンになり回転し続けるホイール。
  • ホイールの素材がスチールに。
  • 手のひらに合わせて完璧に作られた形状。
  • サイドにもボタンとホイールを配置。
  • さまざまな動作を割り当て可能なジェスチャーボタン。
  • 充電端子がUSB Cに。
  • 1分の充電で3時間使用可能、フル充電だと最長70日使用可能なバッテリー。

これまでも使いやすかったのですが、ホイールやサイドのボタン配置などがさらに進化しています。

カラーはグラファイト コントラストとグレイとミッドナイトブルーの3色

カラーは黒に近いグラファイトと白に近いミッドグレイとブラックの3種類です。

今回私はグレイを購入しました。選んだ理由は個人的にアップル製品はシルバーで統一しているからです。

MX Master 3の付属品

  • マウス本体
  • USBレシーバー
  • USB Cケーブル

ケーブルがUSB Cに変わりました。

使い方

それでは実際の使い方をみていきましょう。

接続はBluetoothまたはUSBによるUnifyingレシーバー

Bluetoothで接続するだけで完了します。もしくはUSBドングルのUnifyingレシーバーがあるのでこれをUSBポートに挿入してもOKです。どちらにせよ超簡単。

WindowsでもMacでも使える?

WindowsでもMacでも問題なく使えます。

疲れにくい最高の形状

MX Master 3はこれまでの手に馴染む形状をさらに進化させてきました。長時間操作しようとも全然苦になりません。

前作MX Master 2Sと比べると親指周りがさらに添えやすく進化しているなと感じました。テクスチャのパターンも2Sは細かなダイヤ状のパターンでしたが、MX Master 3では直線のパターンに変更されています。

この直線に沿って親指が乗るので落ち着きます。

ホイールの操作がさらに進化しずっと回していたい感覚に

MX Master 3はホイールの材質がスチールとなり適度な重量でより回しやすくなりつつ、感触も高級感と指への馴染み度合いがアップしています。

このホイールがすごく気持ち良く、少しだけスクロールしたい時はカリカリと軽く動かすとしっかり追従してくれて、勢いよく回すと自動的にフリースピンに切り替わり高速スクロールしてくれます。

この自動で切り替わる感覚が実にスムーズで長いウェブページでもカリカリ、ギュイン、シューといった感じで楽々読み切ることができます。

サムホイールや進む戻るボタンも進化

親指の位置にあるサムホイールで左右スクロール操作ができます。Excelやスプレッドシートなどの表計算ソフトでは左右スクロールを割り当てたり、SafariなどのWebブラウザではタブ間の移動なども割り当てることができます。

また「進む/戻る」もこの位置にあるので、スムーズな操作が可能です。ちなみに「進む/戻る」ボタンは2Sでは互いに重なりあう位置にあり、どちらが進むでどちらが戻るか慣れるまでわかりにくかったのですが、MX Master 3ではしっかり改善され一発でわかるようになりました。

ジェスチャーボタンも多様な動作を割り当てできる

親指の位置にあるジェスチャーボタンは押しながら上下左右にマウスを動かす動作にそれぞれ機能を割り当てることができます。この動作はマウスパッドを3本指でジェスチャーしているような感覚です。

しかし実際のところ上下の動きがけっこうコツが必要で難しいです。自分は上下は使っていません。左右はデスクトップ切り替えを割り当てて、バリバリ活用しています。

充電時間とバッテリー持ち

MX Master 3はついにUSB Cに対応したのでUSB Cで高速充電できます。ようやくMacBookの充電ケーブルと同じものが使えるようになりました。

バッテリー持ちは素晴らしく、3分の充電で8時間もつという驚きの高速充電に対応しています。フル充電ではなんと最大70日間使用可能です。

MX Master 3を買ってよかったところ

MX Master 3を買ってよかったところは以下の点です。

  • 手に吸い付くような握り心地
  • 長時間握っていても疲れにくい形状
  • 少し重めの安定したホイールと自動認識によるスクロール動作切り替えでスクロールが超快適
  • サムホイールがあるので横スクロールも楽々
  • ジェスチャー機能がMacのトラックパッドで操作しているような感覚
  • MacBookと同じUSB Cで充電できる

まとめ

MX Master 3はさらに最強マウスを更新してきました。

手が吸い付くこの感覚、そして心地良すぎる形状でマウスを持っていることすら忘れさせます。ホイールはカリカリからシューまで直感のとおりに自在に操作可能で、スマホのスワイプによるスクロールのような感覚を味わえます。一度使うともう手離せません。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG