モバイルバッテリー

大容量モバイルバッテリーを安い順に比較してみた【2020年版】

モバイルバッテリーって便利ですよね。スマートフォンは従来のガラケーよりも電池がすぐに無くなってしまうので、外出先で充電が出来るというのは本当に便利です。

今回はモバイルバッテリー特集!選ぶ基準を「容量10,000mAh以上」「価格」「出力」でまとめた上で比較します。理由は後述しますが、比較対象のメーカーはアマゾンで購入できる「Anker」「cheero」「RAVPower」製のモバイルバッテリーです。

ひと目で分かる!スペック一覧表

製品名価格容量出力メーカー
RP-PB0052,099円10,000mAh2.4ARAVPower
Power Plus32,380円10,050mAh2Acheero
Power Core100002,799円10,000mAh2.4Aanker
Power Plus32,980円13,400mAh2.4Acheero
RAVPower 20000mAh3,199円20,000mAh2.4ARAVPower
Power Core201004,990円20,100mAh2Aanker

※価格は変動する可能性があります。最新情報は下記リンクからご確認ください。

RAVPower 20000mAh モバイルバッテリー ポータブル充電器 急速充電 iSmart2.0機能(2A入力、 2ポート 、2.4A出力) iPhone X/Xs / Xs Max/XR/ iPhone 8 / iPad/Android 等対応 RP-PB006 黒
RAVPOWER

意外と「安くて大容量」のモバイルバッテリーって多いんですね。ただし気を付けてほしい点があります。充電にエネルギーが必要なので実際にはスペック値の3~4割程度しか充電できません。

iPhoneXSのバッテリーは約3,000mAh程度なので、10,000mAhだとiPhoneXSを2回程度しかフル充電出来ません。意外と少ないですよね。

容量の少ないバッテリーだと最悪iPhoneXSを一回フル充電出来るかどうか分かりません。ですので今回は「容量10,000mAh以上」で区切らせて頂きました。

信頼できるメーカーじゃないと火災リスクがあるよってハナシ

少し前にですが、カバンの中に入れていたモバイルバッテリーが発火して電車が止まるといった事故がありましたよね。聞いたこともないメーカーだと安いかもしれませんが、万が一の時の保証という点では心細いです。なので今回は一定以上の規模のある会社に絞って商品を紹介しております。

自分一人がケガするのであれば良いですが、充電中に発火して家が燃えてしまったら大変な事態です。そういったリスクを考えると販売しているメーカーの規模というのは大切だと思います。

「出力」の値ってそんなに大事なの?選び方を解説!

モバイルバッテリーを買う時は多くの人は容量とお値段に真っ先に目が行くと思います。しかし、モバイルバッテリーを買うのであれば「出力」の値にも注意しましょう。

出力が低いとスマホの充電に時間がかかってしまいます。せっかく急速充電に対応しているスマホも多く出ているのに、モバイルバッテリーの対応していないともったいないですよね。出力の値が大きければ充電速度も速くなります。参考にしましょう。

コスパ最強の大容量モバイルバッテリーはこれだ!

RAVPower 20000mAhを買いましょう。

RAVPower 20000mAh モバイルバッテリー ポータブル充電器 急速充電 iSmart2.0機能(2A入力、 2ポート 、2.4A出力) iPhone X/Xs / Xs Max/XR/ iPhone 8 / iPad/Android 等対応 RP-PB006 黒
RAVPOWER

容量が20,000mAhと相場の2倍大容量かつお値段も抑えめ、出力も高いです。iPhoneXSも約4回フル充電可能なので、充電を忘れたときでも安心ですね。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

モバイルバッテリー
最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG