HUAWEI Mate 20 Pro

Mate 20 Proの白ロムや中古品の買い方を徹底解説!

HUAWEI

mate20Proはソフトバンクのみ取り扱い開始!

Huawei製品であるモンスターハイエンドスマホのMate20Proさんですが、国内で取り扱うキャリアはソフトバンクのみです。ドコモ、auは取り扱い予定がありません。やはり米中貿易摩擦の影響でしょう、日本もHuawei製品の売買は今後規制されていく動きのようです。

Mate 20 Proのスペックはこちら!他のスマホと比べてカメラ性能がモンスターだと分かります。

こうなるとMate20Proの入手方法は「アマゾンで新品を買う」「ソフトバンクで買う」「中国から取り寄せる」「中古品で買う」しかありません。せっかくのモンスタースマホが規制されて入手しにくくなるのは残念ですよね。しかし、需要が大きいという事は中古市場が賑わうという事です。今回はそもそも白ロムとは何か?Mate20Proの中古市場が今後どうなるか?についてまとめていきます。

Mate20Proの「白ロム」って何?

あまり聞きなれない言葉ですが、スマホには「白ロム」と呼ばれているモノがあります。これはSIMカードが入っていない状態のスマホの事を指します。決して本体カラーがホワイトという意味ではありませんのでご注意ください。

SIMカードって何?と思う人もいるかもしれません。スマホが無線通信できる機械のチップ、それがSIMカードです。つまり「白ロム」のスマホだと無線通信が出来ないという事ですね。ただし、WiFiやBluetoothは使用できます。このあたり難しいですが、白ロムスマホだと外出先で使えない、使いにくいという認識でOKです。

Mate20Proの「SIMフリー」と何が違うの?

「SIMフリー」って言葉を最近よく聞きます。スマホ関連雑誌に限らず、なぜか節約系の雑誌や特集でもSIMフリーやMVNOという言葉が並んでて疲れますよね。もっと発音しやすい言葉に改名して欲しいです。

白ロムとSIMフリーは概念が似ており混乱しやすいので、しっかり整理しておきましょう。

【同じ部分】白ロムスマホもSIMフリースマホも本体にSIMカードが無い(無線通信できない)スマホです。もちろんWi-FiやBluetoothは使用できますが、外出先での利用がメチャ不便です。

【異なる部分】白ロムスマホは「特定のキャリア回線しか使えない」、SIMフリースマホは「どのキャリア回線でも使用可能」という点です。SIMカードにはドコモ製、au製、ソフトバンク製の3種類があります。白ロムでSIMフリースマホでない場合は特定の回線しか使えないのに対し、白ロムでSIMフリースマホはどの回線でも使用出来ます。SIMフリースマホは白ロムスマホの種類の一つ、というイメージです。

Mate20Proの「赤ロム」って何?

あなたが白ロムスマホを買う時に注意すべき点として、「赤ロムでないか、赤ロムであった場合の保証があるか」があります。赤ロムとは端末代金を払わずにキャリアから通信制限を受けているスマホの事です。どういうことなの….???

例えばあなたがキャリアでスマホを購入し、気に入らなかったので中古品として売ろうとします。その時に「まだ分割支払金が残ってるけど、どうせ売っちゃうし俺知らねー。お金が引き落とされないように銀行口座のお金移しておこう。」という事をしたとします(※迷惑なので絶対やめましょう)。

するとキャリアが「この人お金払ってくれない…せや、通信できないようにしたろ!」という対抗手段を取ってきます。しかし、スマホを通信制限したところで損をするのは、その中古スマホを買った人です。なので白ロムスマホを購入するときは支払いが終わっているか、万が一赤ロムだったら補償があるかという点を必ず確認しましょう。大手白ロム取扱店であれば返金保証などあります。

Mate20Proは格安SIMが使えるの?

SIMフリーであればどの格安スマホも使えます。ソフトバンクからの購入であればSIMロック解除しなければソフトバンク系の回線しか使えません。

Mate20Proの中古市場で出回っている白ロムスマホがほとんどSIMフリーモデルなので、ほぼ格安SIMは使えると言って間違いないでしょう。

Mate20Proの白ロム中古市場が賑わっている!?

冒頭でもお話ししたように、政治的な問題でHuawei製品は今後規制される流れにあります。どこまで規制されるかは分かりませんが、少なくとも日本国内で積極的にHuawei製品が販売されることはありません。しかし、Mate20Proにしろ他のHuawei製品にしろスペックはかなり高いです。なのである程度の根強いファンは存在します。

つまり、利益を目的とした転売が中古市場で積極的に取引をしています。今回はソフトバンクが販売したので大幅な値上がりはありませんでしたが、もし全キャリアで販売されなかったら中古品がかなり高くなったでしょう。

Mate20Proは「白ロム」「SIMフリー」どちらを買うべき?【結論】

SIMフリーのMate20Proを買うべきです。

ソフトバンク回線の格安SIM業者は選択肢がかなり少ないので、自由に回線を選択できるSIMフリーはかなり魅力的です。中古市場でも9~10万円代で購入できます。(※ソフトバンク契約だと税込み12万960円)

今後のHuawei製品の規制の流れは要チェックですが、もし大幅な規制が実施されたときにはMate20Proの中古価格が大幅に上がるかもしれません。

あなたに読んでほしいMate 20 Proの記事

HUAWEI Mate 20 Proを購入!徹底レビュー!超広角に最強AI搭載でカメラ好きならこれしか無いでしょ!

HUAWEI Mate 20 Proのカメラを徹底レビュー!超広角も素晴らしくカメラモンスターと呼びたい

Mate 20 ProはSIMフリー・ソフトバンク版のどちらのモデルを買うべきか?

Mate 20 Proの購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Mate 20 Proをイオシスで購入する。:65,800円〜

ソフトバンクで購入するなら

ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ソフトバンクオンラインショップでMate 20 Proを購入する。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で購入するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトクです。

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。ソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comでMate 20 Proに乗り換える。

国内SIMフリー版の正規取り扱い店

NTT X StoreとOCN モバイルが国内SIMフリー版の正規取り扱い店です!

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

About the author

ひろ.K

ITや家電に強く「スマホオタクが考える快適なスマホライフ」をモットーに執筆。自身の経験を元にした就職・転職関係の記事やキュレーション全般も書けるオールマイティー。まとめるだけでなく私見もしっかり述べます。

Add Comment

Click here to post a comment