スポンサーリンク

HUAWEI Mate 20 Proの海外版と国内SIMフリー版はDSDSどころかDSDVに対応!ということで徹底解説します

HUAWEIAndroid
スポンサーリンク

HUAWEIが送り出したカメラモンスターMate 20 Pro!

IMG 2058

Mate 20 ProにはDSDSと呼ばれるデュアルSIMに対応しているモデルもあるんです!

しかもDSDSだけでなくDSDVにも対応!

うまい組み合わせで運用すれば電話代とデータ通信料をかなり安く抑えることができます!

DSDSって何?って人だけでなくDSDVについてもちゃんと解説しますからご安心ください!

ということで今回はそんなMate 20 ProのDSDSについてみてみましょう!

スポンサーリンク

DSDSとは?

DSDSというのは「デュアルSIM・デュアルスタンバイ」の略です。

つまり、2枚のSIMを挿すことができて、それぞれのSIMで2回線の着信を同時に受けることができる機能です。

DSDSでどういった使い方ができるか?

例えば1枚目はドコモなど大手キャリアのカケホーダイプランにしておきます。

そしてもう1枚はmineoなどの格安SIMでデータ通信用という感じにすれば、電話代とデータ通信量の良いとこどりができて、めっちゃ電話できてデータ代も安いという風にお得に使える訳です!

データ通信でオススメの格安SIMメーカーはこのページの下にまとめているのでチェーキラ!(ランク王国)

DSDVって何?

DSDVは「デュアルSIM・デュアルVoLTE」の略です。

従来のDSDSが4G+3Gの待ち受けなのに対して、DSDVは4G+4Gの待ち受けに対応したんです!

Mate 20 Proのソフトバンク版はDSDS非対応

残念なことにソフトバンクで売られているMate 20 ProはDSDSに非対応なんです!

なんでかって?知りませんよ!とにかくソフトバンク版は非対応なんです!

海外版Mate 20 Proと国内SIMフリー版はDSDV対応!デュアルSIMで使用可なんです!

海外版のMate 20 Proと国内SIMフリー版Mate 20 ProはDSDV対応!

私が購入した海外版もデュアルSIM対応モデルです!

Screenshot 20181229 220743 com android settings

ほらほらほら〜。普通にデュアルSIMのメニューがあるでしょ?

Screenshot 20181229 220749 com huawei android dsdscardmanager

デュアルSIMによる同時待受も可能です!

NMカードを使用する時はデュアルSIMとの併用は不可

Mate 20 ProからSIMカードトレイを取り出してみましょう!

IMG 2088

底にあります。

SIMカードトレイはこんな感じです!

IMG 2089

2ポート目はNMカードとの排他利用なので注意が必要です!

どういう意味かというと2ポート目はNMカードかSIMカードどちらかしか使用できません!

IMG 2090

裏返すとNMカード兼2枚目のSIMカードをセットできるようになっています。

つまり、1枚目のSIM+2枚目のSIMの組み合わせか1枚目のSIM+NMカードの組み合わせのどちらかになる訳です。

あ、NMカードっていうのはHUAWEIが新たに生み出したmicro SDカードよりもさらにちっさいメモリーカードのことです。

まとめ

海外版もしくは国内SIMフリー版のMate 20 ProはDSDSおよびDSDV対応!通話料とデータ通信料のお得な組み合わせが可能です!

うまく使って電話代を抑えましょう!

あなたに読んでほしいMate 20 Proの記事

HUAWEI Mate 20 Proを購入!徹底レビュー!超広角に最強AI搭載でカメラ好きならこれしか無いでしょ!
HUAWEIからリリースされた世界最強のカメラモンスター、Mate 20 Pro! トリプルレンズカメラの時点でヤバいのに、今回はその1つが超広角レンズになったんです! そして定評のあるHUAWEIの超賢いAIも搭載! もうね...
HUAWEI Mate 20 Proのカメラを徹底レビュー!超広角も素晴らしくカメラモンスターと呼びたい
HUAWEIが繰り出したカメラモンスターMate 20 Pro! Mate 20 Proのウリはもちろんカメラ! レンズは3つあるし、超賢いAI搭載となると否が応でも期待しますよね! うん、しちゃって!! 詳しいスペックはこ...
Mate 20 ProはSIMフリー・ソフトバンク版のどちらのモデルを買うべきか?
HUAWEIが送り出した端末、モンスターカメラスマホMate 20 Pro! 今回日本ではソフトバンク、SIMフリー版と国内だけでもたくさんの供給先があります。 さらにグローバル版も合わせればかなりたくさんの選択肢があり、つ...

Mate 20 Proの購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

Mate 20 Proをイオシスで購入する。:65,800円〜

ソフトバンクで購入するなら

ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ソフトバンクオンラインショップでMate 20 Proを購入する。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で購入するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトクです。

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。ソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comでMate 20 Proに乗り換える。

国内SIMフリー版の正規取り扱い店

NTT X StoreとOCN モバイルが国内SIMフリー版の正規取り扱い店です!

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら


スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

コメント