旅行・生活情報

九州人が紹介!「君の膵臓をたべたい」で2人がお泊り旅行をした福岡の4スポット!

さて、先週金曜日(7月28日)から話題の映画キミスイこと「君の膵臓をたべたい」が公開されました。

 

 

みなさまはもうご覧になられましたか?

 

主役の山内咲良(浜辺美波さん)の天真爛漫な性格に虜になったのではないでしょうか。

 

そんな中でも当サイトとして注目したいのは、山内咲良が”僕(北村匠海さん)”を連れて旅行に行くシーンです!

 

なんとその旅行先が我らが九州・福岡なんです!

 

ということで2人が訪れた観光地を紹介していきましょう!

 

山内咲良と僕のお泊り旅行先は福岡!

 

山内咲良に突然お泊り旅行であることを告げられ、2人が向かった先は福岡でした!

 

2人が巡った場所は観光デートプランとしては非常に良いスポットからかなりマニアックなところまで回っていましたのでご紹介しましょう!

 

 

太宰府天満宮でお参り

 

 

2人が幸せや健康をお祈りしていたのはこちらです。

 

菅原道真公がお祀りされているため「学問・至誠・厄除けの神様」として有名な太宰府天満宮。

 

初詣や受験シーズンは全国から人が集まりますのでめちゃくちゃ混みます。

 

福岡でも一二を争う人気の神社で定番のデートスポットでもあります。

 

太宰府天満宮自体はサクッと見終わってしまうのですが、近隣にも見どころは豊富です。

 

 

太宰府天満宮の近くのスターバックスは非常に独特な鳥の巣のようなデザインで有名です。

 

 

また近くのお土産屋さんが並ぶ通りでは太宰府名物の梅ヶ枝餅も有名です。パリッとした生地で中にはあんこが詰まっていて非常に美味しいです。

 

他には梅の実ひじきも有名です。ご飯のお供ですね。お土産にどうぞ。

 

また、九州国立博物館やだざいふ遊園地も隣接しています。お時間があれば是非ご覧になってください。

 

だざいふ遊園地はほぼ子供向けといったところですが。

 

 

筥崎宮の屋台でラーメン

 

 

個人的に驚いたのはここですね!

 

山内咲良がラーメンが食べたいと言って向かった先が筥崎宮の屋台「花山」でした。

 

筥崎宮という神社がありその周りに屋台が出店します。

 

普通屋台といえば天神・中洲近辺、特にラーメンなら長浜近辺に行きそうなもんですが、筥崎宮とはかなり渋い選択です。

 

こちらに住んでいる人からすれば太宰府からわざわざラーメンのために筥崎宮まで行こうとはなかなか思いません。電車で行くと1時間以上かかるからです。

 

その他の屋台はだいたい夕方からしか開店しませんが、筥崎宮には珍しく昼から営業する屋台もあります。なので筥崎宮の屋台を選ぶ人というのは昼から飲みたいおじさんなのかなという感じです。

 

 

福岡で有名なラーメンといえば「Shin-Shin」「元祖博多だるま」「長浜ナンバーワン」「博多一幸舎」「一風堂」「一蘭」などがあり、繁華街である天神や博多駅周辺で十分こと足ります。

 

しかしわざわざ筥崎宮を選んだのは昼から屋台に行きたいというどうしても強い思いがあったのでしょうね。

 

 

ちなみに筥崎宮では毎年9月に放生会(ほうじょうや)というお祭りが開催されます。

博多どんたく、博多祇園山笠と並び博多三大祭りとして有名です。

特に九州最多級のすごい数の露店が出店し大賑わいとなりますので、そちらも楽しいですよ。

 

 

2人が泊まったホテルはヒルトン福岡シーホーク

 

 

 

そして山内咲良が宿泊先として選んだホテルは「ヒルトン福岡シーホーク」でした。

 

隣にヤフオクドームがあり、向かいには福岡タワーが臨めるという超高級ホテルです。

 

しかも2人が泊まったのは「エグゼクティブデラックススイートキング」という一泊15万円以上するお部屋です!

 

ホテル側の手違いでアップグレードされたとありましたが、高校生の2人旅行(しかも付き合っていない)でそんなお部屋に泊まるとはすごいですね!

 

2人が話しながら歩いたのは福博であい橋

 

 

2人が橋の上で話していたシーンがありましたが、その橋は中洲にある福博であい橋です。

 

そこから川沿いに中洲をずっと下っていき清流公園まで歩いています。

 

 

近くにキャナルシティという大きなショッピングモールがありショッピングや映画デートも楽しめます。

 

 

またこの川沿いは2人が歩いた側には夕方頃から屋台が多数出店し、川を挟んだ向かい側はオシャレなバーのようなお店がたくさんあり夜は非常に賑わいます。大人のデート向きという感じです。

 

まとめ

 

これだけ回ればかなり楽しい福岡旅行だったのではないでしょうか?

 

福岡の中でもなかなかあちこちの場所を巡っていましたね。これだけ回ろうと思うと相当大変です。

 

そのあたりにも山内咲良の天真爛漫さと”僕”がそれに振り回されている感じが出ていて面白いですね。

 

福岡には楽しいデートスポットや観光スポットがたくさんあります!

 

今回映画で2人が巡りきれなかったところや、美味しいご飯などもまだまだありますので是非みなさまも訪れてみてください!

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

Add Comment

Click here to post a comment