スポンサーリンク

(比較)iPhone XRとiPhone XSとiPhone XS Maxはどれを買うべき?

スポンサーリンク
Apple
スポンサーリンク

この記事を書いたのは

hirok_プロフィール

ひろ.K
ITや家電にめっぽう強く、うちでは「スマホオタクが考える快適なスマホライフ」をモットーに執筆していますが、実は自身の経験を元にした就職・転職関係の記事や恋愛まとめやキュレーション全般などなんでも書けるオールマイティー。まとめるだけでなく私見もしっかり述べちゃうのよ。
ブログ「ひろ・K・トムの部屋」はこちら

スポンサーリンク

【何が違うの?】iPhoneXR iPhoneXS iPhoneXSMaxを一覧表で徹底比較!

2018年秋、遂に新しいiPhoneシリーズが発表されました。iPhoneXの系統を受け継いだホームボタンが無いデザインは賛否両論ありました。今後スマートフォンは物理ボタンが無いベゼルレスタイプが主流になってくることを予感させますね。

iPhone XR

今回は新発売されたiPhoneXR、iPhoneXS、iPhoneXSMaxの3機種について徹底比較!大きな変更点から細かいスペックの違いまで網羅的にまとめました。どの機種も決して安くはない値段です。購入する際は自分の求めるスペックを十分検討し、悔いのないスマホ選びをしましょう。

【スペック比較表】

※価格は税別表示

iPhoneXSMax iPhoneXS iPhoneXR
容量
(価格)

64GB:124,800円
256GB:141,800円
512GB:164,800円

64GB:112,800円
256GB:129,800円
512GB:152,800円
64GB:84,800円
128GB:90,800円
256GB:101,800円
CPU A12 Bioticチップ
ディスプレイサイズ
(解像度)

6.5インチ
(2688×1242 458ppi)

5.8インチ
(2436×1125 458ppi)
6.1インチ
(1792×828 326ppi)
本体サイズ
(重量)

157.5×77.4×7.7mm
(208g)

143.6×70.9×7.7mm
(177g)
150.9×75.7×8.3mm
(194g)
背面カメラ ・12メガピクセル(デュアルカメラ)
・広角:f/1.8
・望遠:f/2.4
・スマートHDR
・デュアル光学式手ぶれ補正
・5つのエフェクトを備えたポートレートモード
・12メガピクセル
・f/1.8
・スマートHDR
・光学式手ぶれ補正
・3つのエフェクトを備えたポートレートモード
フロントカメラ 7メガピクセル f/2.2
True Depth
ビデオ 4K(24,30,60fps)
充電方法 ワイヤレス充電※充電器は付属せず
防水防塵 IP68 IP67
認証方法 Face ID
バッテリー容量 通話:最大25時間
ビデオ:最大15時間
通話:最大20時間
ビデオ:最大14時間
通話:最大25時間
ビデオ:最大16時間
カラーバリエーション ゴールド
スペースグレイ
シルバー
(PRODUCT)RED™
イエロー
ホワイト
コーラル
ブラック
ブルー
発売日 2018/9/21 2018/10/26

実際に比較してみるとややこしいですね。ここで気を付けて頂きたい点は、iPhoneXRは必ずしもすべてのスペックがiPhoneXSに劣っているわけではないという事です。画面サイズはiPhoneXSよりも大きいですし、ビデオの再生時間はiPhoneXSMAXを上回っている点に注目です。

目を通して頂きましたら、さっそく各項目について詳細に見ていきましょう。

容量と価格

容量で気をつけるべき点としては、iPhoneXRは最大GBが256GBまでしかない事です。

iPhoneXRは廉価版という位置付けなので、大容量のiPhoneが必要な方にはiPhoneXRはおススメできません。

映像クリエイターの方やインスタグラマーなど写真にこだわる方は本体容量や後述するカメラ性能の観点からもiPhoneXRは避けた方が無難です。しかし、カメラの性能にこだわらない方で最新のiPhoneを試したい方はiPhoneXRの64GBが税込みでも10万円を切るのでおススメです。

非公式情報なので比較表には掲載していませんが、スマホの動作の滑らかさに関与するRAM容量はiPhoneXRは3GB、iPhoneXSとiPhoneXSMaxは4GBみたいです。やはりiPhoneXRのターゲット層は、頻繁な動画撮影や編集などをしない人のようです。

ディスプレイサイズと解像度

iPhoneXRはHDディスプレイなのに対し、iPhoneXSとiPhoneXSMaxは有機ELディスプレイを採用しています。一見するとiPhoneXRが劣っているように見えますが、肉眼でその違いが分かるかというと、ほとんどの人が違いは分かりません。綺麗な解像度です。

iPhone XR

では違いが全く分からないのかというと、そうでもありません。黒色の表現に差が歴然と出てきます。液晶ディスプレイの場合、バックライトをパネルに当てる事で映像が映る仕組みなのに対し、有機ELはバックライトが無く、「素子」と呼ばれるそれ自体が光ります。

結果的に、引き締まった黒色が表現されます。ゲームなどで暗いステージを移動する時に見にくかったりしましたが、有機ELではそれが緩和されるイメージです。

結論として、スマホの解像度にこだわる人やゲームをよくする人はiPhoneXSまたはiPhoneXSMaxを選ぶ方が良いです。

本体サイズと重量

意外ですが、iPhoneXSがサイズと本体重量は一番小さいです。iPhoneXSMaxはその名の通り大きさも重量も一番大きく、一方でiPhoneXRはその中間という中途半端な印象を受けます。

気を付けるべき点としては、一番小さいサイズのiPhoneXSは5.8インチですが、これでもかなり大きいという点です。最近のiPhoneは4.7インチ、大画面のPlusでも5.5インチです。実際に自分の手に馴染みそうか店頭でのチェックは必須です。

カメラ機能の違い

特筆すべき点として、iPhoneXRはデュアルレンズではなく、望遠モードが使えず、ポートレートモードでのエフェクト数が少ないという点です。

iPhone XR

要するにどういう事なのか?カメラ性能にこだわる人はiPhoneXRは選択の対象外です。実際に機能をフルで使いこなす方は多くはないかもしれません。しかし、少しでもカメラを使ってSNSに投稿する可能性がある人はiPhoneXRは避けた方が無難です。

もちろんiPhoneXRでも美しい写真を撮ることは十分可能です。しかし、人間とは選択した後に後悔する生き物です。より良い選択肢があったのに少しの金額を抑えるために選ばなかった事を後悔するかもしれません。

その他重要な機能

3機種ともFaceID認証、ApplePayに対応していますが防水防塵に関してはIP67とIP68という違いがあります。これは、IP68の方がより耐水・防塵性能を高めていることを意味します。

 

これを見るとIP68に適合しているiPhoneXSとiPhoneXSMaxに目が行きがちですが、実はAppleは耐水・防塵性能について全く保証をしていません。

よく有名YouTuberの方が開封と共にお風呂にiPhoneを沈めていますが、真似をしないようにしましょう。通常使用を重ねるうちに耐水・防塵性能は劣化し続けますので、実はIP68かIP67に大きな違いはありません。

バッテリー容量

意外なことに、バッテリーの持ちが良いのはiPhoneXRです。もちろんiPhoneXSでも通常使用であれば十分ですが、バッテリー消費が激しいスマートフォンで電池持ちが良いという点は十分評価できる項目です。

 

非公式情報なので比較表には掲載しませんでしたが、iPhoneXRは2942mAh、iPhoneXSのバッテリー容量は2658mAh、iPhoneXSMaxは3174mAh、これは歴代iPhone史上で過去最大容量だそうです。

カラーバリエーションと発売日

やはりカラーバリエーションが豊富な点がiPhoneXRを選ぶ一番の理由ではないでしょうか。発売日は1か月遅れですが、6つの色から選べるのは魅力的です。

iPhone XR

特に注目すべきはiPhone7とiPhone8で人気の高かった(Product)RED™です。筆者も現在iPhone7の(Product)RED™を使用していますが上品な赤色で、目立つ赤色にも関わらず大人の落ち着きや上品さが伝わってきます(印象には個人差があります)。

iPhoneXRの良い点、イマイチな点

良いところは「比較的安く手に入る」「カラーバリエーションが豊富」「バッテリーが一番長持ちする」。この3点です。

逆にイマイチな点としては「安いといっても10万円程度は必要」「機能的に見劣りする」「将来サポートの打ち切りが早く来る可能性がある」の3点です。

皆さんはiPhone5cという端末をご存知でしょうか。何を隠そう筆者の初iPhoneデビューはiPhone5cの白色でした。安くiPhoneを買えてとても満足でしたが、近年iOS11のサポートは5sは対応しているのに対し5cは対象外になってしまいました。

何が言いたいかというと、今後iPhoneXRが古くなった際にOSのサポートがXSよりも早く打ち切られるリスクがあるかもしれない、という事です。スマホは基本2~3年で買い替えるモノですが、それ以上に長く使う予定の方は覚えておきましょう。

iPhoneXSの良い点、イマイチな点

良い点は「サイズが小さい」「本体重量が軽い」「最先端のハイスペック機能が搭載されている」点です。これに対してイマイチな点は「バッテリー持ちが一番悪い」という点です。

筆者の予想ですが、一番売れるのはiPhoneXSだと思います。機能面で見劣りせず、本体サイズが小さく、高い値段を払うならこれになります。スマホケースもこのサイズが一番多く流通するのではないでしょうか。

iPhoneXS Maxの良い点、イマイチな点

良い点は「画面が大きい」「スマホでは最高峰のスペック」「電池の持ちが良い」という点です。

これに対してイマイチな点は「画面が大きくて持ちにくい」「お値段が高すぎる」といったところでしょうか。

 

64GBであればiPhoneXSの中容量モデルと値段は同じくらいですが、使用用途を考えると64GBは少なすぎるので避けた方が良いです。

iPhoneXSにも言えますが、15万円を超えてくると高性能なパソコンが購入できてしまいます。果たしてその作業はスマートフォンじゃないといけないのか。購入しても予算的に大丈夫なのか、よく検討しましょう。

【これを買うべき!】本当に買うべきiPhoneはズバリこれだ!

これははっきり断言しましょう。iPhoneXSの256GBモデルを買うべきです!

iPhoneXRはOSのサポートリスクや購入後に機能面で不満を持つ可能性があるのでおススメしずらいです。バッテリー持ちの良さなど良い点もありますが、そもそも機能面で我慢が出来るなら古いiPhoneかandroidスマホでも良いじゃん、という結論になります。

iPhoneXSMaxはお金に糸目をつけない富裕層のご年配の方か、もしくはお金を稼ぎまくっているビジネスマンの方ならおススメできます。画面が大きければ操作もしやすいですし、何より持っているだけでステータスになります。しかし、一般向けではないです。

結局iPhoneXSがおススメという話になりますが、なぜ256GBなのか?一番最適な容量だからです。

iPhoneXSの購入を検討する層が64GBの容量ではおそらく入らないアプリが出てきてストレスが溜まります。

一方の512GBは容量が大きすぎです。スマホで映像編集をガンガンする人でない限りローカルに512GBのデータを置く意味がありません。クラウドで共有してパソコンで編集すれば良い話です。

どうでしたでしょうか。正直新しいiPhoneは高すぎますよね。ティム・クックCEOもプレゼンの場で発言していましたが、常に新しいiPhoneを買い続けるよりも良いですが、今所有しているiPhoneを大事にすることも大事です。

決して小さな金額ではないので、店頭で実機を触り、予算と相談し、後悔しないようにしましょう。

あなたに読んでほしいiPhone XRの記事

iPhone XRを購入!徹底レビュー!スペックは見劣りせずサイズもちょうど良い圧倒的コスパiPhoneじゃん!
数あるiPhoneのラインナップの中で最高にちょうど良いiPhone、それがiPhone XR! iPhone XRの売りは大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズ感、そして圧倒的コスパ! しかしその反面価格が抑えられている分、iPhon...
iPhone XRは何版を買うべきか?(SIMフリー、docomo、au、ソフトバンク)
世界のAppleが繰り出した今年のiPhoneラインナップの最終兵器iPhone XR! 小さすぎず、大きすぎず、そしてコスパ最高のこの機種、欲しくなるのが人間の性! iPhone XRは日本ではドコモ、au、ソフト...
iPhone XRとは?カメラやディスプレイなどのスペックまとめ!
2018年10月に発売となったiPhoneXR。XSやXSMaxよりも発売日が遅く、廉価版のイメージが強い同端末ですが、本当でしょうか?XS,XSMaxともにお値段が高すぎるので、せめてiPhoneXR程度の値段にして欲しいですよね。 ...

iPhone XRの購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

iPhone XRをイオシスで購入する。:52,800円〜

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップでiPhone XRを購入する。
ソフトバンクオンラインショップでiPhone XRを購入する。
auオンラインショップでiPhone XRを購入する。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で購入するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトクです。

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。ソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comでiPhone XRに乗り換える。

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら


あなたに読んでほしいiPhone XSの記事

(外観レビュー)iPhone XS/iPhone XS Maxのゴールドは実に上品!
Appleがついに繰り出した2018年のiPhoneのフラッグシップモデルiPhone XSとiPhone XS Max! 今回私ももちろん買いましたよ!両方! しかもどちらもゴールドをね! ということでそんな頼まれてもいないのに...
iPhone XSは何版(docomo、au、ソフトバンク、アップルストア国内SIMフリー、海外版)を買うべきか?
世界のAppleが繰り出した今年のフラッグシップiPhoneといえばiPhone XS! iPhone Xから直実に進化した今回のモデル、欲しくなるのは人間の性! iPhone XSはもちろん超売れ筋なので日本ではドコモ、a...
(外観レビュー)iPhone XS/iPhone XS Maxのゴールドは実に上品!
Appleがついに繰り出した2018年のiPhoneのフラッグシップモデルiPhone XSとiPhone XS Max! 今回私ももちろん買いましたよ!両方! しかもどちらもゴールドをね! ということでそんな頼まれてもいないのに...

iPhone XSの購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

iPhone XSをイオシスで購入する。:97,800円〜

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップでiPhone XSを購入する。
ソフトバンクオンラインショップでiPhone XSを購入する。
auオンラインショップでiPhone XSを購入する。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で購入するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトクです。

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。ソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comでiPhone XSに乗り換える。

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら


スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

コメント