Galaxy

(比較)iPhone XRとGalaxy S9はどっちを買うべきか?

【iPhone XR VS Galaxy S9】スペック比較

最近では幅広い価格帯で販売されているスマートフォン。しかし、良い機種を購入しようとするとお値段もそれなりに高いです。高いお金を出したのに自分が求めている機能がついていない、という事態は避けたいです。

ハイスペックスマホで購入を検討する際、世界シェアNo.1を誇るSamsungと人気No.1を誇るApple、どちらのスマホを購入しようかと迷われている方も多いです。

今回はGalaxy S9とiPhoneXRの比較をして紹介したいと思います。単純なカタログスペックの比較やデザイン、重さ、OSの違いによる向き不向きを比較しながら紹介していきます。出来ることの違いを明確にして、自分にピッタリのスマホを見つけましょう。

iPhoneXR VS Galaxy S9 スペック比較表

iPhoneXR Galaxy S9 
発売日 2018年10月26日2018年5月
CPU A12 Snapdragon 845 
OS(発売時) iOS12 Android 8.0(Oreo) 
RAM容量 3GB 4GB 
ストレージ(ROM容量) 64GB/128GB/256GB 64GB 
ディスプレイ解像度 1792 x 828 2960×1440 
ディスプレイサイズ 6.1インチ 5.8インチ 
バッテリー容量 2942mAh 3000mAh 
アウトカメラ 12メガピクセル 12.2メガピクセル 
インカメラ 7メガピクセル 8メガピクセル 
カラーバリエーション (Product)RED™ ミッドナイトブラック 
イエロー チタニムグレー 
ホワイト ライラックパープル 
コーラル 
ブラック 
ブルー 
本体サイズ(縦×横×高さ) 150.9×75.7×8.3 147.7×68.7×8.5 
本体重量 194g 163g 

一覧表で確認してみると違いが明確です。以下では各項目の違いについて詳細に比較していきます。 

OSの違い

根本的な違いとして、搭載しているOSが違います。筆者はAndroind OSの独特のもっさり感が好きではなくiOS端末をよく使います。もちろん個人差が大きい部分なので、ここは家電量販店や携帯ショップに行って店頭で触ることを強くオススメします。

スマホのヘビーユーザーであれば、普段の動作が安定しているかどうかは大きなポイントになります。ハードとソフトを共に開発しているAppleの方が使い心地は良いですが、最近ではAndroidもiPhoneと変わらない安定性になってきました。

機能面で見ると、自分でカスタマイズしやすいAndroidに対して、iOSの場合には基本的にApp Storeからのダウンロードしか出来ません。

自分の好きなようにカスタマイズしたい、知識のある人にとってAndroidは魅力的です。反面、iOSはカスタマイズ性こそAndroidに劣りますがその分セキュリティが高く、ウイルス対策ソフトは基本的に必要ありません。

カメラの違い

上記のまとめた表を見ると、スペックはGalaxy S9の方が高いです。より鮮明な写真を取りたい方はGalaxyを選びましょう。

一方のiPhoneXRはスペックは劣るものの、「ポートレートモード」という機能があります。これは写真の背景を撮影後に自由にぼかすことが出来る機能です。インスタ映えなどを狙っている人はもしかしたらiPhoneの方が合っているかもしれません。

ストレージの違い

 

ストレージはGalaxy S9が64GBのみに対し、iPhoneXRは更に128GBと256GBまで選ぶことが出来ます。一見するとiPhoneXRに軍配が上がりそうですが、Galaxy S9はSDカード最大400GBまで対応しています。

iPhoneにはSDカードに対応しておらず、専用のリーダーを別途購入した上でしかSDカードは使えません。それも使い勝手は決して良くないので、iPhoneでSDカードの使用は基本的に想定されていません。

400GBも使う人は多くないので、クラウドで全て済ませる人であればiPhoneXRでOKです。しかしSDカードを使用してパソコンに動画などを移す時はGalaxy S9の方が便利です。

ディスプレイの違い

Galaxy S9は5.8インチのOLEDディスプレイ、対するiPhoneXRは6.1インチですがLiquid Retina HDディスプレイを搭載しています。解像度で見てもGalaxy S9の方が高く画面サイズが小さい為、解像度対決ではGalaxy S9に軍配が上がります。

注意点として、OLEDディスプレイは焼け付きが発生するリスクがあります。通常使用では問題ないかと思いますが、使用しない時は自動でスリープするように設定しておきましょう。

カラー・デザインの違い

3色のみのGalaxy S9に対し6色のカラーバリエーションに対応しているiPhoneXR。ダブルスコアでiPhoneに軍配が上がります。特にiPhone7やiPhone8で人気の高かった(Product)RED™が最初から選択肢に入っているのは魅力だと思います。

サイズと重量の違い

 

iPhoneXRはGalaxy S9よりも一回り大きいですが本体重量は30gも増加しています。たかが30gの差ですが普段常に持ち歩くモノである事を考えると大きな差です。

画面が大きい方が見やすいですが、この2機種の間にそこまで大きなサイズの差はありません。携帯性を考慮するとここはGalaxy S9に軍配が上がります。

【iPhone XR VS Galaxy S9】価格を比較

購入する際に一番気になる点が価格です。求めている機能を満たしているなら少しでも安いほうが良いですよね。iPhoneXRとGalaxy S9の価格をチェックしていきましょう。残念ながらGalaxy S9はdocomoかauで契約しなければ購入できないため、単純な比較は難しいです。

ここでは条件を揃えるため、本体ストレージは64GBで統一。ドコモオンラインショップで他社からのMNPで契約。複雑な割引適用前の本体金額のみで比較します。2018年12月18日現時点での本体価格は下記の通りです。

  • iPhoneXR:98,496円
  • Galaxy S9:99,792円

この他に端末購入サポートとして各種割引が適用される可能性がありますが、通信料を抑えたい人にとっては魅力的なプランが少ないのが現状です。プランも複雑なので、選択するだけでもかなりのストレスを感じます。

価格勝負では純粋な本体価格も安く、メーカーからSIMフリー機を直接購入できるiPhoneXRに軍配が上がります。

iPhoneXRの優れている点、イマイチな点

【iPhone XRの優れている点】

・カラーバリエーションが豊富

やはりiPhoneXRは豊富なカラーバリエーションが魅力です。以前から人気のあった(Product)RED™を含めて6種類の色から好きなものを選べます。

更にiPhoneシリーズは豊富なスマホケースで有名です。家電量販店から小さなお店まで置いてあるスマホケースはiPhoneケースが大多数なので、自分の気に入るデザインも見つけやすいです。

・直営店でSIMフリー機を購入できる

意外とスマホ本体のみ新品で購入する事は難しいです。スマホメーカーがキャリア向けのみ販売しており、消費者に直接販売していないケースが多いです。そうなると格安SIMでの運用にこだわる場合は、格安SIM会社が販売している端末を買うか、中古品を買うしか選択肢がありません。

Appleの場合、よく話題になりますがAppleStoreという直営店が日本の主要都市部にあります。ここではキャリア対応品からSIMフリーモデルまで新品で販売しており、保証もオプションでつける事が出来るため、安心感は非常にあると言えます。

・ゲームアプリに最適化されている

昔のマッキントッシュのパソコンを知っている人にとっては意外かもしれませんが、スマホゲームをする場合はiPhone一択と言われるほど、iPhoneでのゲーム体験は洗練されています。

Appleが端末とOSを開発しているだけあり、遅延の無い滑らかな動きが期待できます。特にリズムゲームなどのシビアな操作が求められるゲームではiPhoneユーザーが非常に多いです。

【iPhone XRのイマイチな点】

・有機ELディスプレイじゃない

最近のハイエンドスマホに搭載されている有機ELディスプレイですが、iPhoneXRではHDディスプレイです。実際に肉眼で使用した際に「画質が荒い」と感じることは少ないと思いますが、気になる人もいます。

また有機ELの場合、黒色の表現が従来のHDディスプレイよりも自然に見えます。暗所での写真を撮ることが多い人はiPhoneXRはオススメしにくいです。

・廉価版の割には高い

よく話題になる点として、iPhoneXRは他の最新iPhoneの廉価版という位置づけです。しかし、価格帯は完全にハイエンドスマホの領域で、廉価とは感じにくいのが実際の消費者の感想です。

ハイスペックなiPhoneに拘る人は、もう少しお金を出して上位機種のiPhoneにします。もしくは同じ価格でスペックの高いAndroidを選択する人が多そうです。

・カタログスペックだけ見ると意外と良くない

日本ではiPhoneを所有する人が多く、ついついiPhoneイコール良いスマホといったイメージがあります。しかし、端末のスペックを比較してみると意外とAndroidに負けている点が多いです。

細かいな点では使い勝手の良いiPhoneですが、スペックにこだわった場合は必ずしもベストな選択だとは言い切れません。

Galaxy S9の優れている点、イマイチな点

【Galaxy S9の優れている点】

・SDカードが利用できる

ここが大きな違いです。Galaxy S9は本体にSDカード挿入口が標準搭載されている為、最大400GBまで本体容量を拡張することが出来ます。特に映像関係のお仕事をされている方は動画撮影したデータをSDカードに保存、パソコンに取り込む時はSDカード経由でデータを送ればスムーズです。

・画質が良い

正直な所、現在のハイエンドスマホの画質はとてもキレイで甲乙つけがたいです。しかし、カタログスペックが高い所とOLEDディスプレイを採用している点を考慮するとiPhoneXRよりもGalaxy S9の方が画質は良いという結論になります。

iPhoneも画質は良いですが、iPhoneXRのみ有機ELではなくHDディスプレイなので、画質を気にされている方は気をつけて下さい。

・マルチタスクに向いている

RAM容量が大きいことはマルチタスクに向いていることを意味します。複数のタブを開いてブラウジングしながらの音楽再生、といったような使い方をする場合、RAM容量が低いと動作遅延が発生する可能性があります。要するに動きがもっさりとしてしまいます。

【‪Galaxy S9のイマイチな点】

・カラーバリエーションが少ない

機能的にはあまり差がつきにくいハイスペックスマホ、なのでデザインでは他の人と違っていたいです。本体のカラーバリエーションやスマホケースの種類を考慮しても圧倒的にiPhoneXRの方が多いです。

・AR絵文字が微妙?

人によるかもしれませんが、Appleでいう所の「アニ文字」にあたる「AR絵文字」のデザインが微妙だという意見を見かけました。デザインの優劣については人によって評価が分かれますし、そもそも使うのかといった疑問がありますが、後悔しないためにも一度調べておきましょう。

・購入する時はキャリア契約か中古で買うしか無い

格安SIMで運用したい人にとってはここが一番のネックになるかもしれません。キャリアは本体のみの販売はしていない為、必然的にキャリア回線の契約が必要になります。

どうしても格安SIMでの運用にこだわる場合、中古品をGEO等の店頭やネット通販で購入するしか方法がありません。そうなった場合、保証などは薄いですし、中古品という響きが気になる人もいます。購入する際は十分注意しましょう。

【iPhone XR VS Galaxy S9】どちらが本当に買うべきなのか

結局のところ、iPhoneXRとGalaxy S9のどちらを本当に買うべきなのでしょうか。もちろん目的や用途、OSの好みなど検討要素は多数あり、一概には言い切れません。しかし、あえて筆者の目線でこの勝負に白黒をつけてみたいと思います。

ずばり、Galaxy S9の勝ちです!

何故かと言うと、Galaxy S9は本体スペックが非常に高く、動作遅延などが発生する可能性は低いです。基本的なスマホとしての機能を完備している点で使い勝手が良く、総合点が非常に高いです。

もちろんハイエンドのスマホゲームを遊ぶ人にとってはiPhoneXRの方が良いかもしれません。しかし、そこにこだわる購入者層の人は上位のiPhone機種の購入を検討するべきです。iPhoneXRが決して劣っている訳ではありませんが、どうしても上位モデルのiPhoneの影がチラついてしまいます。

非常に拮抗した勝負でした。購入を検討している皆さんは店頭に足を運んで実機を触って下さい。数字上のスペックにとらわれず触り心地や操作感を確かめて、最後は自分が気に入るかどうかで選ぶのが幸せなスマホ選びだと筆者は思います。

Galaxy S9を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天。

Samsung Galaxy S9 Unlocked Smartphone SIM フリー (Midnight Black)
Samsung

ケースもお忘れではないですか?

ACTIVATE|スマホのワクワクをあなたに。

ようやく世界のフラッグシップスマートフォン、SAMSUNG Galaxy S9が発売されました。 今回も日本ではdoco…

iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Maxを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ACTIVATE|スマホのワクワクをあなたに。

世界のアップルが今年もリリースしてくれたiPhone 11シリーズ。 iPhoneはドコモ、au、ソフトバンクの大手キャ…

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ACTIVATE|スマホのワクワクをあなたに。

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

ケースもお忘れではないですか?

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ACTIVATE|スマホのワクワクをあなたに。

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE|スマホのワクワクをあなたに。

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE|スマホのワクワクをあなたに。

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

Galaxy
最新情報をチェックしよう!
>海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

海外・中古・白ロムスマホを安く安心に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMロック解除済みモデルや日本未発売モデルも揃っています。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

CTR IMG