iPhone X

iPhone Xと10年前のiPhoneのサイズ感を並べて比較(iPhone 3G、iPhone 4、iPhone SE)

iPhone X iPhone 3G

iPhone XはiPhone10周年モデルと言われます。

しかし比較するとなると最近のiPhone 8やiPhone 8 Plusとばかりで、昔のiPhoneと比較しているのはあまり見かけません。

ということで、今回私わだかつ(@123royalblue)秘蔵のiPhone達と比較していきます!

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

iPhone XとiPhone 3Gのサイズ感の違い

まずは隣同士(あ~たしさくらんぼ)に並べてみましょう。

iPhone X iPhone 3G

この10年でiPhone Xがいかに巨大化したか見てわかりますね。縦幅が全然違います。

続いて底面からのアングルです。

厚みはかなり薄くなりましたね。iPhone 3Gは相当ずんぐりむっくりです。

私わだかつはむしろiPhone 3Gのようなずんぐりむっくりで良いと思っています。女性についてもそうです。

iPhone X iPhone 3G

最後は横幅の比較です。

iPhone X iPhone 3G

横幅もiPhone Xは広がっていますね。

どうりで片手操作できない訳ですよ。

iPhone XとiPhone 4のサイズ感の違い

お次はiPhone 3Gから2年後の機種、iPhone 4と比較してみましょう。

ちなみに私わだかつはiPhone 4こそ至高と考えています。

iPhone X iPhone 4

iPhone Xはやはりでかいですね。

この2つが並んでいたらどちらを選ぶかというとわだかつはiPhone 4を選びます。

合コンだとどちらをお持ち帰りするかというシチュエーションですね。発想が童貞です。

iPhone 4の筐体で中身を現代版にリメイクして出して頂きたい。

iPhone X iPhone 4

お次は底面ですが、iPhone 4ではまだ充電端子がライトニングコネクタじゃないんですね。

iPhone 5では端子がライトニングコネクタになり縦長になる訳ですから、いかにiPhone 4s→iPhone 5の変化が大きかったかということがわかります。

むしろiPhoneは2012年発売のiPhone 5以降ほとんど進化が見られないといったほうが正しいです。

まだラインナップされているiPhone SEなんてまんまiPhone 5sですからね。

Androidでこんな体たらくだったら相当叩かれるでしょうね。

その時期のAndroidといえばGalaxy S3α、Galaxy Note 2、Xperia AXとかですよ。

iPhone X iPhone 4

横幅はiPhone 3Gの時とほとんど変わりません。

iPhone 4はiPhone 3Gの横幅をキープしているという感じですね。ここまでですよね、老若男女問わず片手操作できるiPhoneは。

やはりiPhone 4は至高。

iPhone X iPhone SEのサイズ感の違い

それでは現在のラインナップで最もコンパクトなiPhone SEと比較してみましょう。

iPhone X iPhone SE

やはりiPhone SEはiPhone 4と比べると縦に伸びていますね。

それでもiPhone Xよりははるかに小さいです。

iPhone 4までは男性(童貞)ならぎりぎり片手操作できるというところですね。

iPhone X iPhone SE

続いて底面です。

厚みはほぼ同じです。

ここからライトニングコネクタに変わりましたね。しかしiPhone SEはイヤホンジャックがあります。

これがあるのは大きいですよ~。

iPhone X iPhone SE

横幅もiPhone Xはかなり大きいですね。

まとめ

  • iPhone Xは大きすぎる
  • iPhone 4こそ至高
  • AppleはiPhone 5以降サボりすぎ

あなたに読んでほしいiPhone XSの記事

(外観レビュー)iPhone XS/iPhone XS Maxのゴールドは実に上品!

iPhone XSはSIMフリー・docomo・au・ソフトバンク版のどのモデルを買うべきか?

(外観レビュー)iPhone XS/iPhone XS Maxのゴールドは実に上品!

iPhone XSの購入方法まとめ

安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

iPhone XSをイオシスで購入する。:97,800円〜

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップでiPhone XSを購入する。
ソフトバンクオンラインショップでiPhone XSを購入する。
auオンラインショップでiPhone XSを購入する。

ソフトバンクに乗り換え(MNP)で購入するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトクです。

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。ソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comでiPhone XSに乗り換える。

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

About the author

ワダカツヤ

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。
詳しいプロフィールはこちら

Add Comment

Click here to post a comment