iPhone SE 2020 Rakuten mini

iPhone SE 2020とRakuten miniはどっちを買うべき?(比較)

iPhone SE

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのワダカツヤ(@citywadakatsu)です。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
ワシやで。スマホの機種とかプラン選びとか対応バンドの悩みとかの相談も受け付けてるで。記事のコメント欄とかお問い合わせフォームとかTwitterのDMとか好きな方法で相談してきたらええんやで。もちろん無料や。

ついに発売されたiPhone SE(2020)。

コンパクトなボディサイズで日本でも人気が出ることは間違いなし。さらにコスパも抜群。

コンパクトでコスパ抜群ですが、コンパクトさでいうとさらに小さいRakuten miniも負けていません。どちらを買えば良いか迷いますよね。ということで両方購入した私がどちらを買うべきか見ていきましょう。

iPhone SE 2020を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

created by Rinker
Apple(アップル)
¥6,380 (2020/08/08 03:32:48時点 Amazon調べ-詳細)


iPhone SE(2020)のスペックや特徴

まずはiPhone SE(2020)のスペックや特徴を見ていきましょう。

iPhone SE(2020)のスペック

まずはスペックを見ていきましょう。

iPhone SE(2020)
ストレージ容量(ROM) 64GB/128GB/256GB
価格 85,000円〜
CPU A13 Bionicチップ
メモリ(RAM) 3GB
ディスプレイサイズ 4.7インチ
解像度 1334×750 326ppi
本体サイズ 138.4×67.3×7.3mm
重量 148g
メインカメラ 12MP(F1.8 広角)(シングルカメラ)
インカメラ 7MP(F2.2)
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵 IP67
SDカード 非対応
認証方法 Touch ID(指紋認証)
おサイフケータイ 対応
イヤホンジャック 非搭載
バッテリー容量 1,821mAh
カラーバリエーション ブラック
ホワイト
(PRODUCT)RED™

iPhone 8のボディに中身は最新のiPhone 11を搭載してきました。

iPhone SE(2020)のスペックの特徴

iPhone SE

iPhone SEは次のような特徴があります。

  • ボディは人気のiPhone 8と同じでコンパクト
  • iPhone 11 Proと同じスマホ史上最速のCPUであるA13 Bionicチップを搭載
  • iPhoneで最も安くコスパ抜群

Rakuten miniのスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

Rakuten miniのスペック表

Rakuten mini
ストレージ容量(ROM) 32GB
価格 21,800円〜
CPU Snapdragon 439
メモリ(RAM) 3GB
ディスプレイサイズ 3.6インチ
解像度 1280×720
本体サイズ 106.2×53.4×8.6mm
重量 79g
メインカメラ 16MP(シングルカメラ)
インカメラ 5MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 IP52
SDカード 非対応
認証方法 顔認証
おサイフケータイ 対応
イヤホンジャック 非搭載
バッテリー容量 1,250mAh
カラーバリエーション ブラック
ホワイト
クリムゾンレッド

Rakuten miniの特徴

  • FeliCa搭載で世界最小サイズ
  • eSIMのみ対応
  • 楽天モバイルのオリジナル端末

Rakuten miniのレビューはこちら。

iPhone SE 2020とRakuten miniのスペックを比較

それではスペックを比較してみましょう。

iPhone SE(2020) Rakuten mini
ストレージ容量(ROM) 64GB/128GB/256GB 32GB
価格 49,000円〜 21,800円〜
CPU A13 Bionicチップ Snapdragon 439
メモリ(RAM) 3GB 3GB
ディスプレイサイズ 4.7インチ 3.6インチ
解像度 1334×750 326ppi 1280×720
本体サイズ 138.4×67.3×7.3mm 106.2×53.4×8.6mm
重量 148g 79g
メインカメラ 12MP(F1.8 広角)(シングルカメラ) 16MP(シングルカメラ)
インカメラ 7MP(F2.2) 5MP
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応 ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵 IP67 IP52
SDカード 非対応 非対応
認証方法 Touch ID(指紋認証) 顔認証
おサイフケータイ 対応 対応
イヤホンジャック 非搭載 搭載
バッテリー容量 1,821mAh 1,250mAh
カラーバリエーション ブラック ブラック
ホワイト ホワイト
(PRODUCT)RED™ クリムゾンレッド

iPhone SE 2020とRakuten miniの違い

それぞれの性能を比較していきましょう。

CPUや処理性能を比較

CPUはiPhone SEは最新のA13 Bionicチップ、Rakuten miniはエントリークラスのSnapdragon 439を搭載しています。

性能的には雲泥の差があり、iPhone SEはかなりサクサク動きますが、Rakuten miniはハードな作業はできません。とはいえゲームや画像処理などはきついですが、TwitterやInstagramを見たりするぐらいなら全然問題ありません。

RAM・ストレージ容量を比較

RAMはiPhone SEもRakuten miniも3GB積んでいます。

どちらも最近のスマートフォンでは少なそうですが、iPhoneはソフトの制御が素晴らしいので特に重たく感じることはないです。Rakuten miniも通常の使用では問題ありません。けどあんまりムチャさせないでね。

ディスプレイサイズ・本体サイズ・重量を比較

iPhone SE

こちらはiPhone SE。

こちらはRakuten mini。

iPhone SEの画面サイズは4.7インチ、Rakuten miniは3.6インチでどちらもコンパクトで扱いやすいサイズですが、Rakuten miniはさらに一回り小さくポケットに入れているのを忘れるレベルです。

ワダカツヤ
ワダカツヤ
小さいほうがええこともあるんや

ディスプレイ画質を比較

解像度はiPhone SEは1,334×750、Rakuten miniは1,280×720です。Rakuten miniもこの小ささでHD解像度というのが素晴らしいです。

iPhone SEはどんなアプリでも全然問題ない、Rakuten miniはこのサイズの割には普通に使えるやんという感じです。

いろんなアプリを表示させたときの様子はこちらに記事にしています。

生体認証を比較

iPhone SE

iPhone SEはTouch ID(指紋認証)を搭載しており、精度も抜群です。

Rakuten miniは顔認証のみです。読み取り精度は全然問題ないですが、処理能力が抑えめなので、解除がワンテンポ遅れる感じはあります。

バッテリー容量を比較

バッテリー容量はiPhone SEは1,821mAh、Rakuten miniは1,251mAhです。コンパクトな分、容量も小さめですが、どちらも普通に丸1日持ちます。

カメラ性能を比較

iPhone SE

どちらもシングルカメラです。

iPhone SE

これはiPhone SEの写真ですが、写りは悪くないです。

こちらはRakuten miniの写真です。かなり頑張っています。

どちらもずば抜けて写りが良いというわけではないですが、普通にSNSに投稿できるレベルで問題ないです。

iPhone SE

iPhone SEは人を撮るときにAIで背景をぼかしていい感じに処理してくれるポートレートモードがあります。

防水性能を比較

iPhone SEはIP67相当なので塵の舞う場所で使ったり水深4メートルで30分間置いても大丈夫という防水防塵性能、Rakuten miniもIP52で防滴相当の性能を持っています。

防水防塵性能についてはこちらの記事をどうぞ。

価格を比較

iPhone SEはオンラインストアだと約49,000円〜となっています。

Rakuten miniは、25,100円〜となっています。

Rakuten miniを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

Rakuten miniはeSIM専用です。IIJ mioは楽天モバイル以外で唯一eSIMを取り扱っています。データ通信専用ですが1GBで450円~とかなりお得です。

ケースもお忘れではないですか?

iPhone SEはiPhone史上最安の圧倒的コスパモデル、Rakuten miniはこれだけ小さいボディにぎゅっと性能を詰め込んで2万円台という格安になっています。

iPhone SE 2020とRakuten miniのどちらを選ぶべきか?

iPhone SE

これらを踏まえて、どちらもコスパ抜群でコンパクトなのは間違いないのですが、メイン端末として使うのであればiPhone SEが圧倒的におすすめです。

最新のiPhone 11と同じ性能を持ちつつ、カメラもポートレートを使えて4万円台でiPhoneが買える時代が来るとは思っていませんでした。

逆にサブ端末として2台目以降で使用するのであれば、Rakuten miniが非常におすすめです。

大きなメイン端末をカバンに入れてしまって、ポケットにRakuten miniを忍ばせておき、ちょっとしたSNSのやり取りやおサイフケータイをRakuten miniに任せるという使い方がとても快適です。

iPhone史上最高コスパのiPhone SEか、おサイフケータイが使えて世界最小のRakuten miniか、用途を考えお好きなほうをどうぞ。

iPhone SE 2020を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

created by Rinker
Apple(アップル)
¥6,380 (2020/08/08 03:32:48時点 Amazon調べ-詳細)


Rakuten miniを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。

使わなくなったスマホはぜひ売ってしまって新しいスマホの資金にしましょう。

楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

Rakuten miniはeSIM専用です。IIJ mioは楽天モバイル以外で唯一eSIMを取り扱っています。データ通信専用ですが1GBで450円~とかなりお得です。

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

About the author

ワダカツヤ

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。
詳しいプロフィールはこちら

Add Comment

Click here to post a comment