スポンサーリンク

iPhone 8をレビュー。売れている理由を探ってみる

4.0
Apple
スポンサーリンク

こんにちは。VOVM編集長でスマホアドバイザーのわだかつや(@citywadakatsu)です。

わだかつや
わだかつや
ワシやで。ほな解説するで。

2017年に発売されたiPhone 8。

今思えば2年も前の機種ですが、その薄さと軽さはいまだ根強い人気があり、アップルストアでも現役として販売されています。

その間に同期のiPhone Xやその次のiPhone XSは続々と後任に道を譲り販売中止になる中、今なお現役のiPhone 8の人気の理由を探っていきたいと思います。

iPhone 8シリーズを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら当サイトからの申し込みだと特別に他社からの乗り換え(MNP)や新規契約でキャッシュバック2万円、機種変更でも現金5,000円(12月30日まで!)などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「9015」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

あなたに読んでほしいiPhone 8の記事

iPhone 8をレビュー。売れている理由を探ってみる
2017年に発売されたiPhone 8。 今思えば2年も前の機種ですが、その薄さと軽さはいまだ根強い人気があり、アップルストアでも現役として販売されています。 その間に同期のiPhone Xやその次のiPhone XSは続々...
スポンサーリンク

iPhone 8のスペックや特徴

まずはiPhone 8のスペックや特徴を見ていきましょう。

iPhone 8のスペック表

iPhone 8
ストレージ容量(ROM) 64GB/128GB
価格 85,000円〜
CPU A11 Bionicチップ
メモリ(RAM) 2GB
ディスプレイサイズ 4.7インチ
解像度 1334×750 326ppi
本体サイズ 138.4×67.3×7.3mm
重量 148g
メインカメラ 12MP(F1.8 広角)(シングルカメラ)
インカメラ 7MP(F2.2)
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵 IPX7
SDカード 非対応
認証方法 Touch ID
おサイフケータイ 対応
イヤホンジャック 非搭載
バッテリー容量 1,821mAh
カラーバリエーション シルバー
スペースグレイ
ゴールド

iPhone 8の特徴

特徴をまとめると

  • 薄くて軽く扱いやすい本体サイズ
  • 現行iPhoneで最も安い
  • 必要な機能はほぼ揃っている
  • 安定した動作
  • ギリギリ片手で操作できるサイズ感
  • iPhone入門機として最適
  • 日本で現在一番売れているiPhone

という点があげられます。

iPhone 8のCPU性能

処理性能に影響するCPUは現在iPhone 11が搭載している最新のものから2世代前のものになりますが、それでも当時最高スペックだったiPhone Xと同じものを積んでおり、今でもInstagramやTwitterなどのSNSやウェブを見たりするぐらいであれば必要十分のものとなっています。

iPhone 8のメモリ・ストレージ容量

動作の快適性に影響するiPhone 8は2GBのメモリを搭載しています。これもよっぽど重いゲームや動画編集をバリバリやるつもりでなければ十分です。

写真やアプリを保存するストレージ容量は64GBか128GBから選べます。容量を消費する原因のほとんどは写真か動画なので、iCloudやGoogleフォトに写真を保存するのであれば64GBで十分です。本体にガンガン保存するのであれば128GBを選びたいところです。

iPhone 8のディスプレイサイズ・重量

iPhone 8のディスプレイサイズは4.7インチ、重量は148gです。

この4.7インチというサイズは片手で親指が端までギリギリつくサイズ感です。これを超えると両手操作を余儀なくされるので、通勤や通学電車でつり革片手に操作する場合、iPhone 8はとてもおすすめです。

重量もすごく軽いので片手で持っていても苦ではありません。

iPhone 8のバッテリー容量

iPhone 8のバッテリー容量は1,821mAhです。

ディスプレイサイズも小さくそれほどバッテリーを食わないので、バッテリー持ちも悪くなく十分1日持つレベルです。

iPhone 8のカメラ性能

今のモデルの中では可もなくといったところです。普通に撮るには十分綺麗に写すことができます。しかしボケを味わったり、超広角で広々撮ったりしたい場合は少し物足りなく感じるかもしれません。

iPhone 8の防水性能

iPhone 8の防水性能はIPX7に対応しています。アップルは防水ではなく耐水と呼んでいますが、JIS規格からするとこのIPX7というのは30分間水深1メートルの条件に水没しても内部に浸水しないというレベルなのでかなり安心できます。

iPhone 8はおサイフケータイに対応している?

おサイフケータイに対応していますので、iPhone 8だけで電車に乗ったり買い物したりというのが可能です。とても便利。

iPhone 8はDSDS、DSDVに対応している?

iPhone 8はシングルSIMのみでデュアルSIMには対応していません。

iPhone 8のカラーバリエーション

iPhone 8はシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色のカラーバリエーションです。シルバーはホワイトっぽい感じ、ゴールドはピンクゴールドっぽい感じ、スペースグレイはブラックっぽい感じです。

iPhone 8シリーズを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら当サイトからの申し込みだと特別に他社からの乗り換え(MNP)や新規契約でキャッシュバック2万円、機種変更でも現金5,000円(12月30日まで!)などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「9015」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

あなたに読んでほしいiPhone 8の記事

iPhone 8をレビュー。売れている理由を探ってみる
2017年に発売されたiPhone 8。 今思えば2年も前の機種ですが、その薄さと軽さはいまだ根強い人気があり、アップルストアでも現役として販売されています。 その間に同期のiPhone Xやその次のiPhone XSは続々...

iPhone 8の実機レビュー

それでは実際のiPhone 8をレビューしていきましょう。

とにかく薄くて軽い扱いやすい本体サイズ

iPhone 8の売りはなんといっても今のiPhoneのラインナップの中で最も薄くて軽いところです。

たとえばiPhone XSと比べてみるとこんな感じです。右がiPhone 8です。iPhone 8薄いでしょ?

画面サイズもこのとおり。iPhone XSと比べると、iPhone 8は片手で操作できるし、小さくてちょうど良いんです。

背面ガラスが美しい本体

iPhone 8から背面の素材がガラスに変わりました。そのおかげでさらに高級感が増しています。

とても美しいです。

背面の美しさはiPhone XSにもひけをとりません。

カメラは撮り方を工夫すればボケも可能

iPhone 8のカメラはiPhone 11などと違ってシングルカメラですが、うまく工夫すればしっかりボケの効いた写真を撮ることも可能です。

iPhone XSで撮影

iPhone XSで撮影。

まずはこちらはiPhone XSのカメラで撮ったものです。しっかり背景がボケていていい感じですね。

iPhone 8で撮影。

続いてiPhone 8で撮ったのがこちら。どうです?しっかりボケているでしょう?コツは被写体との距離は近く、背景は遠く撮ることです。

iPhone 8で撮影。

iPhone 8のカメラも悪くないでしょ?

iPhone 8を写真でレビュー

iPhone 8のデザインをたくさんの写真で見てもらいましょう。

色はゴールドがおすすめ

カラーはiPhone 7までになかったゴールドがおすすめです。ピンクがかったゴールドはとても可愛いので女性でも使いやすいです。

美しいです。

扱いやすいサイズ感

左がiPhone XS、右がiPhone 8。

iPhone XSよりも少し小さく、このサイズ感がすごく扱いやすいです。

これぐらいがちょうどいいんですよね。

ホームボタンがあるのが嬉しい

iPhone X以降はホームボタンがなくなってしまいましたが、iPhone 8ではまだ皆から愛されているホームボタンが健在です。

ホームボタンの安心感。

イヤホンジャックは非搭載

iPhone 7以降イヤホンジャックがなくなってしまいました。残念ですがもう誰にも止められません。

iPhone 8はドコモやauやソフトバンクから購入できる?

iPhone 8は国内ではドコモとauとソフトバンクから発売されており、さらにアップルストアでもSIMフリー版を購入できます。

iPhone 8の国内発売日はいつ?

国内発売日はグローバルと同じく2017年9月22日でした。

まとめ

iPhone 8はiPhone入門にうってつけのモデルです。またとても薄くて軽いので女性でも扱いやすいサイズ感。そしてお得な価格設定。2年経ってもなお現役で販売され、国内で最も売れているiPhoneにはそれだけの理由があるわけです。

そんなゴリゴリのハイスペックでなくて良いから、安定していて扱いやすいiPhoneが良いというあなたにおすすめです。

iPhone 8シリーズを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら当サイトからの申し込みだと特別に他社からの乗り換え(MNP)や新規契約でキャッシュバック2万円、機種変更でも現金5,000円(12月30日まで!)などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「9015」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。

ケースもお忘れではないですか?

あなたに読んでほしいiPhone 8の記事

iPhone 8をレビュー。売れている理由を探ってみる
2017年に発売されたiPhone 8。 今思えば2年も前の機種ですが、その薄さと軽さはいまだ根強い人気があり、アップルストアでも現役として販売されています。 その間に同期のiPhone Xやその次のiPhone XSは続々...

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

Apple iPhone 8 スマートフォン
スポンサーリンク
わだかつやをフォローする
スポンサーリンク
VOVM|スマホ・スニーカー・ハロプロのオタクメディア

コメント