Apple スマートフォン

iPhone7でのApple payの設定方法

こんばんおやき!
誰かです!

さて、せっかくiPhone7(発音良くいうとワイフンセベン)がやってきましたので、今回はApple pay(林檎支払い)を設定した時の方法についてご紹介いたします。
 

Androidでは設定や申し込みは割と面倒でしたが、iPhone7では非常に簡単に設定することができます。
 

また、モバイルSuicaについてはAndroidからiPhone7への機種変更の方法をご説明したいと思います。

それでは、WANIMAでいうところのやってみよう!

スマホを安くおトクに購入するなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入です。保証も受けられるのでおすすめです。

イオシスで購入

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

ソフトバンクに乗り換え(MNP)するなら

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCから自宅でも簡単に乗り換えできるのでおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

まずはモバイルSuicaを登録!

 

モバイルSuica(通称モバスイ、ビタスイではない)はAndroidから機種変更できましたので、その方法(Hoh-Hoh)です。

 

Android側で下準備

 

まず、Androidのほうで機種変更の準備をしておく必要があります。
Android端末(機種変更前の端末。たぶんisai Beatかな)で、モバイルSuicaのアプリを開きます。

 

その後、アプリで
『会員メニュー』→
『モバイルSuicaログイン』→
『携帯情報端末の機種変更』→
『機種変更する』を選択し、準備完了です。

 

さあ、この泥船(Androidだけに)から抜け出そう!

ごめん、いいすぎた!

 

 

iPhone7で引き継ぎ設定

 

ここからはiPhone7での引き継ぎ設定の方法(Hoh-Hoh)です!

 

 

『Suica』のアプリをダウンロードします。

『Suicaチャージ』というアプリもありますが、そちらは違います。
断じて選んではならないのです。それがこの村の掟です。

 

 

『Suica』アプリを起動します。

 

新規と機種変更で方法が異なってきます。

(新規の人は、右下のSuica発行とかいうところからいけばいいんじゃない?In the night )

 

まず、左下の機種変更をクリックします。

 

 

するとログイン画面が現れますので、ログインします。
メールアドレスとパスワード覚えてますか?愛、覚えてますか?

 

 

終わりです!

 

エクスプレスカードに設定しておけば、登録したモバイルSuicaをかざすだけで電車に乗れます。

 

もちろんモバイルSuicaにお金をチャージした上で、自分で改札を通らないといけませんが。

 

次からSuicaアプリを開くとこのようなペンギンが現れます。

 

 

Apple payのアプリにも現れます。

 

 

ペンギンですよ~かわいいですね~(畑正憲で)

 

 

続いてQUICPayもしくはiDの登録!

 

モバイルSuicaの説明ばっかりつまんないよ~という方!

 

お待たせしました!お待ちかねのポストペイですよ~

 

ということで、QUICPayもしくはiDの登録にまいりましょう!

ここでいうiDは講談社主催のミスコン、ミスiDは関係ないです。

 

QUICPayとiDはなんと登録方法が同じなんですね。

 

クレジットカードによってQUICPayが使えるものとiDが使えるものに分かれるため、登録方法は同じなんですね~。(畑正憲で)

 

Apple payに登録できるクレジットカードはおとうさんやおかあさんにきいてみてね!

 

それではまいりましょう。

 

まずはApple payのアプリを開きます。

 

 

 

次にカードの種類を選びます。

 

 

 

ここで、クレジット/プリペイドカードを選択します。

そしたら、カードを追加という画面が出てきます。

 

 

 

カメラが起動していますので、枠内にお持ちのクレジットカードを読み込ませます。

 

ポケモンカードやパチンコ屋の会員証では認識しません。

すると、自動で文字を読み取りカードが登録されます。

 

 

 

 

Apple payで利用できるカードであれば、このようにQUICPayもしくはiDで登録されます。

 

 

 

 

 

最後はアクティベート完了でございます。

 

以上!

まとめ

 

・モバイルSuicaの機種変更はAndroid側で機種変更の準備をした後、iPhone7で登録する。

 

・QUICPayもしくはiDの登録はクレジットカードを読み取るだけ。

 

Androidと違い、かなり簡単でしたね。
これがiPhoneたるゆえんでしょう。

スマホを安くおトクに買うなら

スマホを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップからの購入です。

おすすめはイオシス。とにかく安いですしネット通販だけでなく全国にお店も構えるショップなのでしっかり保証もついていて安心です。

イオシスで購入

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップで購入
ソフトバンクオンラインショップで購入
auオンラインショップで購入

乗り換え(MNP)するなら

ソフトバンクに乗り換える(MNP)ならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトク!

キャッシュバック5万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができちゃいます。機種はもちろんソフトバンクのXperia 1やiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えているあなたにおすすめです。

スマホ乗り換え.comで乗り換え

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

UQモバイルワイモバイルは価格もおさえつつ圧倒的にスピードが速いです。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。この2社の違いはUQ mobileはau系回線、ワイモバイルはソフトバンクということ。どちらも混雑せず速いです。

UQモバイルはなんと当サイトからの申し込み限定で初期費用3,800円が無料になるキャンペーン最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

Web申し込みだと待ち時間がないうえに不要なオプション加入も必要ありません。

UQモバイル新規申込みはこちら!

LINEモバイルはワイモバイル・UQ mobileとくらべると少し遅くなりますが、ほかの格安SIMの中ではかなり安定して速いほうです。なによりTwitterやInstagramなどのSNSが無料で非常におトク。圧倒的コスパが特徴です。

おすすめの格安SIMを比較したのはこちら

About the author

ワダカツヤ

このメディアの編集長。メンバーカラーはロイヤルブルー。スマートフォンの魅力に取り憑かれたキモヲタ。このメディアの運営をしながら、企業のWebサイト作ったり運営のアドバイスしたりしています。自分の中で「好きなこと」か「おもしろそう」かが全ての判断基準です。

Add Comment

Click here to post a comment